鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

地磯半夜釣り

日曜日の午後から行ってきました。
釣場が見渡せる場所から覗くと・・・釣人がいます。
昼釣りだからそのうち帰るだろうと買い物等をして時間をつぶし、再度確認すると駐車場に車が有りますが、釣場に人影はありません。
急いで仕度して釣場に到着すると、底物師が左側の釣座で竿を出していました。
我々は先端の釣座からの竿出しです。
前回、イサキ等が程々釣れましたので今回も期待大ですが、夕方に釣れたエサ取りが少々冷たく感じました。
その結果・・・午後11時まで全くアタリがありません(潮の流れは最高です)。
「釣れないから最後の1投にしようか」と釣友が言うので「これが最後!」とキャストしますと、何とイサキが食いついて来ました。
「やっと釣れた。そろそろ地合いかもね」と30分頑張りますが、アタリは無く納竿としました。

やっと釣れたイサキ。
たまたま用事で我が家に来た「極貧Iクン」が持って帰りました。
002a_201705231707334d5.jpg
スポンサーサイト
  1. 2017/05/23(火) 17:09:18|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

九州真ぐれ会宮崎

私の所属する「真ぐれ会宮崎」の今年度予定です。
一般の方もオブザーバーで参加できますのでお声掛け下さい。
詳細は下記HPをご覧ください(現時点では夜釣り大会のみ掲示してます)。

2017年度釣大会予定
7月15日   夜釣り大会   船間
12月3日  忘年釣大会   船間
1月14日   新年釣大会   船間
2月11日   鬼瓦カップ    南郷
3月4日   還暦釣大会   南郷
4月14日、15日(予定) 九州真ぐれ会全九州懇親釣大会

他ウナマスターズ、納涼懇親会など予定しております。

真ぐれ会宮崎
http://magurekaimiyazaki.web.fc2.com/

画像 009a
  1. 2017/05/21(日) 08:31:37|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

毛が抜けます・・・恵太

毛が抜ける・・・オヤジではありません。
僕たちは「換毛期」が春と秋にあり、今回は防寒防風のコートを脱ぐ状態になります。

005a_201705201246499ad.jpg

それを見たオヤジが何を考えたか「恵太洗うよ」と言いだしました。
オヤジは適当な性格で、シャンプーでジャブジャブして温水を掛けるだけです。
倉庫にある釣り用のタオルで適当に拭かれます。
そして玄関先に・・・。
008a_201705201246519b7.jpg

乾くまでこの状態です。
010a_20170520124653bb7.jpg

乾きました。
近々狂犬病の注射が有りますので、綺麗な恵太を演出できそうです。
014a_2017052012465186e.jpg
  1. 2017/05/20(土) 12:53:45|
  2. 管理人・恵太
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

先日の魚は・・・

塩焼き、寿司、刺身、ズケで食べました。

ズケはイサキ、クロ、シブダイのミックスです(汗)。
料理酒の量が少なく味が心配でしたが、ビールを飲みますのでお腹の中では同じですね。
005a_20170516162325b01.jpg

001a_2017051616232753d.jpg

007a_20170516162328985.jpg


  1. 2017/05/16(火) 16:27:12|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

激務

今日は花の土曜日(久し振りに聞きましたね)。
ただ私の仕事は土曜日が忙しいのです。
午後4時半過ぎに終わる予定ですので「時間的に半夜釣りは厳しいかな~」て思っています。
そうなると釣りは日曜日、昼間に錦江湾にでも行ってみようかと考えていると釣友から「地磯はどげんすいね?雨が午前中振っているので地磯はぬかるんでいるかもね。手前の岩場で半夜釣りやね」とすっかり行く気になっています。
何とか仕事を4時前に終わらせ、老体にムチ打って出発となります。
釣場が見える所に到着すると、釣場には誰も居ません。
山道も前日の雨の影響は少ないみたいなので、前回の釣場に降りる事になりました。
時計を見ると午後7時前、大急ぎで準備して釣り開始です(私はマキエを作らないといけないので遅出しです)。
一息入れ、ビールを飲みながら釣友のウキを見てますと、上げ潮が流れているみたいで少し早めに流れています。
毎度の会話「今日は釣れるかもね。そんな気がしてきた」と訳の分からない会話をしていると私のウキが暗黒の海に吸い込まれるように入って行きました。
アジの可能性がありますので、ゆっくりリールを巻くと・・・30cmのイサキです。
釣友も私のヒットポイントに仕掛けを入れますが、次が来たのは午後9時過ぎでした。
今度は塩焼きサイズです。
「今度こそ群れが入ってきたど!」と気合が入りますが、次が来たのも1時間後の10時過ぎ。
当初の予定では11時位に納竿としていましたが、この状態では帰る訳行きませんよね。
11過ぎ、置き竿にして高台に置いてある携帯電話を確認していると私のウキが入りました。
念の為、釣友に合わせを入れてもらうと「根に入られた。シブダイかもね」と言うので竿を持つと確り根に張り付いているみたいでビクともしません。
シブダイなら必ず出てくると「緩めず張らず」状態で待っていると、穂先に反応がありました。
ここぞとばかりに大合わせを入れ、有無を言わせずリールを巻くと、紛れもなくシブダイが姿を現しました。
型は38cmですが、今年初物のですので嬉しいですね。
これでスカリの中は食べるだけ有りますので「帰ろうか」と話していると釣友のウキが一気に消し込みました。
「これは大物のかもよ」と釣友に激を飛ばし、魚が浮いて来るのを待っていると海面下に斑点があるような感じの魚です。
急いでタモを取りに行き、浮かした魚を救うと何と良型のクロです(49cm)。
俄然やる気を出した釣友。
日付も変わって0時過ぎ、釣友が大物のアタリに竿をのされながら対応しましたが、痛恨のハリス切れでギブアップ。
帰りの事もあるので私も納竿としました。


開聞岳の夕暮れ
011a_20170514093009956.jpg

釣りたかったアジは不発でした。
イサキの型は25~38cmでした。
028a_201705140930107e2.jpg
  1. 2017/05/14(日) 09:37:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

鬼瓦松元

Author:鬼瓦松元
南九州を中心に縦横無尽に釣りを楽しんでます。
メインは磯釣りですがサーフ、ショアジギング、渚、堤防,イカ、ウナギ等旬の魚を追っかけてます。
年間釣行回数60回

当ブログは、独断と偏見で適当にUPしております。
誤字、濁点の間違い、文章の幼稚さ等プロのブロガーではありませんのでご了承下さい。
またトーナメントでの釣り等そのような内容を期待している方は申し訳ありません。
旬の魚を釣って食す・・・これが基本テーマとなっております。


都城シブ研
都城サーフ
九州真ぐれ会宮崎
宮崎飛翔会
都城メイタ会
都城ヤエン会
都城背負子アングラーズ
都城オイカワの会

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ご訪問有難う御座います

7.8オンライン

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
930位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
121位
アクセスランキングを見る>>

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア