鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

地磯・・・10

暫く釣りには行けそうにないので、仕事を調整して出かけました(汗)。
釣場はいつもの地磯です。
予報では北東の風が吹くみたいですが、1mですので問題無いと思います。
早出か遅出迷いましたが、起きた時に出掛けようと午後10時半に就寝。
トイレタイムで2回ほど目が覚め(年寄ですのでトイレが近いのです)午前4時過ぎに出発です。
駐車場に着くと見た事ある車が駐車しており、すでに降りているみたいです。
私も急いで準備して山道を降り、釣座に着くと無風ベタ凪で高台からの竿出しです。
潮は沖に出る最高の潮で、クロ、イサキが期待出来る思います・・・と思ったのも束の間、北東の風が吹き出しそれも1mどころの風ではありません。
良い潮なので我慢して竿を出しましたが、昼前に心が折れて風裏に移動です。
裏側は後方からの風なので、仕掛け、マキエ共良く飛びます。
潮も良く通していますので期待して仕掛けを流していると、道糸が「ピーン」と張りました。
「アタリ?」と誘いを掛けてみると一気に締め込んで来ました。
「糸を出してたまるか!」と釣座を移動してやり取りしますが、物凄い勢いパワーで沖に出て行き、穂先が海面に突き刺さった瞬間「フッ」と軽くなりました。
バラシです。
クロの引きでは無かったのでアオブーかキブ?またはサンちゃんでしょうかね。
正体を暴くため、ハリスを2号にアップして竿を出していると午後4時過ぎアタリです。
竿の角度を確り保ってやり取りしていると「ドバッ」と魚が海面を割ってジャンプしました。
そうスズキです(ヒラ)。
何とか取りたいので強引にやり取りしますが、魚も負けてはおらずジャンプで反撃してきます。
竿の弾力で交わし、無事タモに収める事が出来ました。
サイズは65cmの良型です。
食べて美味しい魚ですのでスカリに入れて次を狙いますが、満潮で潮が完全に止まってしまいました。
動き出すまでに時間が掛かりそうなのでここで私もギブアップ。
残っていたエサを後方で応援してくれていた鳥達にプレゼントして帰路に着きました。
多分今シーズンのクロ釣りは終了となります(多分)。
4月からは真鯛、アジ、イサキの夜釣りでしょうかね。

011a_20170325181202989.jpg

デカ口
002a_2017032522160267b.jpg
スポンサーサイト
  1. 2017/03/25(土) 18:19:01|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そろそろ・・・

春休みが近づいて来ました。
娘のチェックが厳しいので「見える所だけの掃除」暇を見つけてはボチボチやっています。
孫への対応は・・・これです。

002a_20170321103942445.jpg
新品を購入したかったのですが、在庫が無く(ネット上ではありますが高騰しています)オークションで購入しました。
それでも定価より2000円位高かったです。
孫達になめられないようにこっそり練習しています(汗)。

  1. 2017/03/21(火) 10:43:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

釣ファン17.5月号

201705_hyo1_1600-326x400.jpg
集1は「最新マキエ&練りエサ大公開」。特集2は「深島100%part2」。特集3は「春エギング攻略法」。

その他、各地の実釣取材、豪華執筆陣による釣行記、コラムが満載。
九州・山口各県の有名書店、釣具店、コンビニ、またはYahoo!ショッピングの釣ファンストアでご購入いただけます。
  1. 2017/03/19(日) 16:59:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

山下杯

残念ながら中止となりました。
時化の日が多いですね。

P5240679a.jpg
  1. 2017/03/19(日) 09:10:31|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地磯・・・9

巷の話では「クロはそろそろ終わいやね」とさびしくなるような話が飛び交っています。
私も前回の釣りで、コナガ(尾長の子供)が時々釣れましたので、そう感じていました。
更に地磯に釣行した後輩Sクンも「朝早く行ってコッパ2枚でした。もう終わりですね」とガチクリ来てたみたいです。
今回の釣行は家にまとめ買いで買った集魚剤(V9徳用、グレの道)を処分(V9徳用は後2袋有ります)する為の釣行です。
釣果は余り期待できませんので、出来れば午前中の内に刺身サイズ1匹でもと午前6時現場着となりました。
急いで準備をして山道を降り、お目当ての釣座到着。
マキエを混ぜ、7時から竿を出しますがそこら中に泡が出て、潮が全く動いていません。
8時前の満潮過ぎに最初のアタリが有り、35cmをゲット。
「これで何とかボーズは逃れたかな」と2枚目を狙っていると釣友の極貧Iクンから電話が入りました。
「最近仕事が忙しく釣りどころか魚も食べていません。申し訳ないですが塩焼き用で良いですから恵んで下さい」との事。
「それが釣れないのよね。夕方には塩焼き用が釣れると思うからからオイに任せなさい」といつものハッタリをかましてしまいました。
それから延々竿を出しますが、1匹も釣れません。
竿出しから8時間後の午後3時、そろそろ地合いを迎えるころかなと考えていると岬の先端から船間の某渡船が近づいて来ました。
何をするのかと様子を見ていると、何と私の瀬の前にエビ網を入れ始めました。
それも2箇所ある地磯の前です。
ふと別な渡船の話を思い出しました。
「あの渡船は自分の当番瀬が終わる時、他の渡船が入れないように網を入れるよ」と聞いてましたので納得出来ますが、今回は地磯での竿出しを邪魔するのが狙いかも知れませんね(明日から周辺が当番で自分の客(釣人)が釣れるように)。
幸い?潮の関係で網のブイは近づいては来ませんので支障は有りませんが、遠投カゴは釣りになりませんね。(カゴが届く範囲です)
「これで終わった・・・」と思いながらも竿を出していると潮がゆっくりと左に動き始めました。
エサが残るようになったので、期待していると一瞬ウキの動きが止まった途端、海中目掛けて入って行きました。
久し振り魚の引きなので大物と思いましたが、30cmのオナガです。
魚をスカリに入れ、2投目もアタリ。
これは良く引きますが、朝からのストレスを抱えた私の敵ではありません。
慎重にやり取りをして無事タモに収めたのは43cmのクチブトです。
これで気分良く帰れますが、潮は動いてますので急いで仕掛けを落とすと・・・怒涛の入れ食いとなりました(網は関係無かったみたいです)。
流石に10匹釣れたところで潮が変わり、エサ取りが幅を利かすようになりました。
時計を見ると午後4時50分、これ以上釣っても帰りの荷物が重たくなって大変な思いするだけなので納竿としました。
Iクン宅経由で帰り、有りがたい事にアユ、猪肉と交換です。

小型はリリースしました。
004a_20170316093622e51.jpg



  1. 2017/03/16(木) 09:39:18|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

鬼瓦松元

Author:鬼瓦松元
南九州を中心に縦横無尽に釣りを楽しんでます。
メインは磯釣りですがサーフ、ショアジギング、渚、堤防,イカ、ウナギ等旬の魚を追っかけてます。
年間釣行回数60回

当ブログは、独断と偏見で適当にUPしております。
誤字、濁点の間違い、文章の幼稚さ等プロのブロガーではありませんのでご了承下さい。
またトーナメントでの釣り等そのような内容を期待している方は申し訳ありません。
旬の魚を釣って食す・・・これが基本テーマとなっております。


都城シブ研
都城サーフ
九州真ぐれ会宮崎
宮崎飛翔会
都城メイタ会
都城ヤエン会
都城背負子アングラーズ
都城オイカワの会

最新記事

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ご訪問有難う御座います

7.8オンライン

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
117位
アクセスランキングを見る>>

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア