FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

飛翔会釣大会甑


待ちに待った甑での釣大会が行なわれた。都城飛翔会からは、柳竿、遊潮、小竿、そして私の4名での参加だ。
皆、気合十分で串木野港に到着すると、早速飲み会へと突入となった。やがて出航の時間となり、私は7番目の渡礁で、運良く甑に詳しい柳竿と同じ瀬に乗る事になった。瀬の名前を聞くとヘタママコと言う瀬で、甑でも特級の瀬らしい。ポイントは先端と船着けの反対側らしいが反対側のポイントは殆んど瀬に切られるとの赤竿さんから指摘があった。先ずは先端で竿を出すが本流がグングン流れていかにも釣れそうだが期待と裏腹に竿を曲げるのは巨大なイスズミ、バリなどで本命のクロは釣れない。四苦八苦して時間だけが過ぎてゆく。やがて潮が変わり、先程と反対流れになってきた。そこで私は船着けの反対側で竿を出す事にする。足元のサラシにマキエを入れて瀬際ギリギリに仕掛けを入れるといきなりウキが消し込み、糸を出す間も無く道糸から飛ばされた。最初はイスズミのデカバンかもとたいして気にも留めなかったが目の良い柳竿がマキエをしだして尾長がいると言い出した。私も安物の偏向グラスで見ると明らかに先程と違う魚が瀬際から出てきてマキエを追ってるではないか。柳竿がソーッと仕掛けをいれ、張り気味にしていると行き成り竿引きのアタリがあり、一発で切られてしまった。どうも左側にがまがあり、そこに走って行くみたいでなので今度はリールのレバーブレーキを握り締めて1ミリたりとも糸を出すかと仕掛けを入れると、やはり魚のほうが一枚上で簡単に仕掛けを切っていってしまった。そんなやり取りを何回もやっているといつの間にか尾長もどっかに行ってしまい、結局私が30cmのクロを1枚釣り、この日の釣は終了した。
港に着くと早速、検量が行なわれ残念ながら私のクロは四位と後一歩及ばず、涙を呑んだ。(懇親会ではお酒もたらふく飲みました)