FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

佐多岬 尾波瀬 灯台下


前回のリベンジと自分の都合の良い解釈で今回も間泊を予定してたが、生憎の東風で風裏となる尾波瀬(佐多岬の東側)で竿を出した。
今回は釣友の大渡氏のほかにフィッシングながともの永井君も参加して、最近釣人が乗っていない灯台下に気合十分で飛び降りた。
と、そこまではいいのだが本命のポイントには魚1匹おらず、北側の黄金の瀬の間にハタンポがいるぐらいで1日クロの姿は全く見られなかったと言うお粗末な釣りとなった。そうそうマグレでアラの子が釣れました。刺身で食べたら最高でしたよ。
スポンサーサイト



間泊 スズメ⇒奥ワレ


船長の話ではやや上向いて来たとの事で気合十分で出かけたが、釣人の多さに閉口した。希望していたスベリ、かけ上がりは既に釣人が乗っており、最北端のスズメに飛び乗る。ポイントと思われる正面は大きなサラシが広がっているので私は裏側の船付けで竿を出す。ところが流せど流せどエサ盗り1匹おらず、サラシで竿を出していた大渡氏も何も釣れんと言いながら先端に移動する。
スズメでは期待薄と判断した我々は、朝から釣っていた釣人が瀬替りすると言うので入れ替わりに奥ワレに渡礁する。
右よりの突風が吹いてくるが背中で風を受けるように竿をだす。
前の釣人が瀬替りするくらいなのでここもエサ盗り1匹いなく、昼食を食べながら大渡氏と昼からの作戦を協議。結果、夕方に食ってくる可能性が高いので辛抱して竿を出そうと言う事になり、襲ってくる睡魔を我慢しながら竿を出していると納竿1時間前(間泊は納竿は3時。早すぎるよね)に本日初めてのアタリがあり、1kgジャストのクロ(めじな)をゲットできた。さー、チャンス到来か!と盛り上がったがそれ以降はエサも盗られなくなり納竿の時間を向かえた。
同日、佐多岬に釣行した同クラブのベテラン釣友達の話に寄ると佐多岬も全滅だったらしく私としてはトロフィーサイズを釣った気分でいっぱいだった。

間泊 かけあがり


釣り友の大渡氏と宇治群島を予定していたが中止となった。
このままでは収まらない我々は間泊のかけあがりで竿を出す。
以前大渡氏が大漁した瀬で本命のポイントで私が竿をだす。
大渡氏の説明で前回は2時過ぎからアタリが集中したらしく午前中はのんびり竿を出した・・・と言いたいところだが正面から吹き付ける風に参り、風ウラに移動して竿を出すが何も釣れない。弁当を開いて一服していると風が収まりはじめた。
再びポイントに立ち、竿を出すと時々ウキが10cm位沈み再びウキが浮いてくる。
エサ盗りかなと気にもとめずにいると大渡しが今の時期のクロは一気に持っていかないので誘いを掛けてみたらとアドバイスを受けてウキはジワーッと沈んだ時に道糸を張ってみると何と竿に乗って来た。両サイドにはシズミ瀬が点在しており、ひやひやどきどきのやり取りで何とかタモ入れ成功。
パターンが分かったのでアタリがある都度誘いを駆使するが食いが悪いのか中々食ってこない。それではと誘いを掛けず、ウキが横走りするまで待っていると一気に瀬に走られ瀬切れ連発。そんな中、大渡氏はBポイントながら確実に魚を掛けて良型を数枚取り組んでおり、実力の差をまざまざ見せ付けられる釣りとなった。