FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

宮崎県北土々呂白滝


ダイワの愛好者で作る釣り大会に参加した。初めての磯で期待大だったが
前日の釣果はホンマカイナと言うぐらい何も釣れなくてその上天気は外れて雨。目ぼしい釣果はチヌが2枚のみだったが、雨の中のバーベキューも楽しかった。

宇治群島 黒瀬3番


爆睡の夜が明け、船が弁当を届けてくれた。さー10時まで思い切り釣るぞと昨日と同じポイントにマキエを入れるが魚が全く見えない。それではと船頭から教えてもらった2番側で釣ってみるとこちらはえさ盗り1匹居ない。重たいバッカンを持ちながら右側の瀬と瀬の間にマキエを入れて竿を出すと1投目からアタリ。良く引くには引くがどうもクロの引きとは違い竿を叩いてくれる。正しく海面に浮いてきたのはヒツオ()でガックリ。
その後も針外れやら瀬切れ等をやらかし結局、クロは6枚しか釣る事が出来なかったが竿の操作とエサ盗りを釣るのには自信がついた。

宇治群島 スズメ


やっと宇治群島に来れた。
船頭が薦めてくれた磯は雀島の南側にあるハナレ。この瀬は以前乗ったことがあるので大体ポイントは分かってるつもりだが今日はウネリがあり、サラシも強くウキが安定しない。サラシの合間をぬって道糸を張ったり緩めたりしたとこ何とか900gをゲット。
でも時々這い上がってくる波に釣具が流されはしないかと心配で釣りに集中出来ない。
6枚釣ったとこで船が見回りに来て雀島の釣人全員瀬替りとなる(PM1時)
瀬替りしたとこは夜釣りも出来、風裏となる黒瀬3番。回りの釣人は既に竿を出しているが私は寝不足の為に暫らく横になるzzzzzzz。
2時間位寝て船付け(4番との水道)で竿をだすと、本流が沖を走っている。潮の早いとこは苦手なので左側にややワンドになっているとこにマキエを集中して打つと魚がエサを拾っているのが偏光眼鏡を通して見え出した。クロであって欲しいと願い、静かに仕掛けを落とすと1発で食ってきた。型は800gで魚を散らさないようになるべくワンドから離しタモ入れする。それでも水深が無いので2匹目を狙おうとすると魚は散っており再びマキエを入れて集めるパターンとなった。そんなんで夕方まで5枚ゲットし本日の昼釣りは終了。見回りに来た船から弁当を受け取り夜釣りの準備をしょうかとも考えたがこの流れと体力消耗では無理と判断した私は高台に上がり寝袋へと滑り込んだ。zzzzzz。

甑 黒神3番


フィッシングながともの社長と店長、更に従業員の皆さんと船間を予定していたが前線の通過で中止。
半ば諦めていた中、甑が船を出せるとの事で急遽甑の里へと行く事になった。我々3名が乗って瀬は社長の顔で里屈指の釣り場、黒神3番。(他の2人は別な瀬に乗った)
ポイントは全体らしくポイントと思しきところはマキエの後があるので一目瞭然。私は風を避けるために水道側に釣座を構える。
水道の中央に沈み瀬が有り、全体的に水深は浅い。
ウキ下を2ヒロの2段仕掛けとして先ずは足元から流す。道糸を張りながら永里店長の方を見ていると道糸に「コツッ」と何かが引っ張るアタリが来た。視線を海面に移すとアタリウキが海中深く入っている。半信半疑で合わすとグーンと竿に乗ってきた。急激な締め込みに思わず糸を出そうと思ってが、沈み瀬方向に走られているのでそうはさせまいと竿を反対に倒し、耐えに耐える。
そのうち獲物も私の気合に諦めたのか次第に魚体が海水面を横に動き出した。大きい、店長にヘルプを求めタモ入れのアシストをお願いする。肩で息をしながら重量を測ってみると1.7kgあり、体長は48cmの良型だ。タモ入れしてくれた店長に感謝して次を狙うが2投目もとはいかず、その後はボチボチで納竿までに5枚の?級をクーラーに納める事ができた。