FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

宿敵 ヒヨウ鳥


今年も庭のブルーベリーをターゲットにヒョウ鳥達がやって来ました。
一口一口大事そうにに食べてますが最近では人間が近づいても逃げません。
逆に私がソーッと身を引きます。

都井岬ゴロクのハナレ


今回は初シブダイを釣るぞと気合十分の玉さんと都井岬ゴロクのハナレに乗った。
最初予約していた瀬は灯台下の小黒瀬と荒崎側は4番だったが荒崎方面が釣れるだろうとの船長判断と、海上は西の風が強く更に風波もあり安全で足場の良いゴロクのハナレになった。(4番は釣研テスターの内嶋さんが代わりに乗り、良型を3枚ゲットしてた)日が暮れるまで私はビールを飲んだりして時間を過ごしたが玉さんは早速フカセ釣りを始めた。エサ盗りが多いと思いきやなんと足の裏の入れ食い。そして日暮れ直前、600gを引き釣りだした。
夜の帳も降りて夜釣りの開始だ。右からの強力な風に邪魔されながらも竿を振り続けるがエサ盗りさえいない。前回のエサ盗りの猛攻がウソのようだ。仮眠を取りながら釣り続け、諦めかけたAM4時過ぎ待望のアタリが有り数回の締め込みの後1.5kgのシブダイを瀬上の横たえることが出来た。。
一方フカセで頑張っていた玉さんは何と最大1.2kgのクロを筆頭に10枚位のクロがクーラーに入っていた。

都井岬荒崎2番


釣行予定は翌日だったが何とか仕事をかたずけで都井岬まで急ぐ。
事前の予想では波も無く今回は低い瀬に乗れるなとルンルン気分で港に着いたら何と時化ている。
船頭の勧めで知り合いの森山さんが予約していた荒崎2番に同礁させてもらう。
最初はエサ盗りの猛攻で手も足も出なかったが森山さんが誘いを駆使した釣りで何とか1枚良型を上げた。次は私だと気合を入れるが私に竿引きのアタリが来たのは睡魔が襲いかけた2時間後だった。何とか竿を立てリールをガンガン巻くと、私の気迫に負けたのか数回の締め込みの後振り上げられ瀬の上に横たわった。それから更にエサ盗が幅を利かし始めマグレで各自それぞれ1枚づつシブを追加した今回の釣りは納竿となった。にほんブログ村 釣りブログへ
釣りブログランキングに参加してます。上のバナーをクリックして下さい。

都井岬 ゴロクのハナレ


予定では8日の夜釣りに行く予定だったが天気が悪くなる予報なので急遽船長に無理を言って仕事が終わった7日の夕方船を出してもらう。釣り場は港から10分位で行けるゴロクのハナレ。
昨日、6番の浅瀬でシブダイが釣れたらしいので私も浅瀬を選んだ訳だ。と言っても最終便なので他が空いてなかったのも事実ですけど・・・。
仕掛けを作り釣りを始めるが殆ど潮が動かない。夕方から下げ潮なのでPM10時の干潮からは動くだろうと予想して釣り続けるが上げ潮になっても潮は動いてくれず、結局夜が明けてから良い潮が通りだし納竿前に何とか800gのイサキをゲットできた。