FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

鹿児島県佐多岬 間泊 小高瀬


久し振りの釣行である。今回は大渡氏、岸田さんの3名で大隈半島東岸の間泊を計画した。時化開け⇒誰も行ってない⇒魚がお腹を空かしている⇒入れ食い⇒自慢出来ると読んだ我々は船頭の「ベタ凪どこでも乗れますよ」の言葉を信じて意気揚々と乗り込んだが外海は東の風が入りやや波が高い。西側の尾波瀬はベタ凪だったので釣り場を変わろうかと相談もしたが、結局誰も船頭に言い切れずそのまま船上の人となった。
我々が希望していた釣り場は全て波が被りアウト。そこで大渡氏達は日向瀬、私は港横の小高瀬へと飛び乗った。さすがに湾内とあって波は静かだ。足場も良いし、海も濁ってない(海が濁っているとシブダイは釣れない)。これは期待できるぞと早速竿を出すがエサがあっという間に無くなる。そこでボイルのオキアミをアミ巻き糸でグルグル巻き、下のハリにはキビナゴを付けてみた。これは効果覿面と釣雑誌みたいに言いたい所だがこれも駄目。そのうち釣れるだろうと夜戦に突入する。
1投ごとにアタリが来るがウキが海中に入り又浮いてくる。ウキが沈むたびに力が入るので非常に疲れる。夜中の2時までにウキが沈んで心臓の鼓動が早まったのが100回以上でその中にはハリ掛りしたのがハタンポ、ハマフエフキ、ハリセンボン、ウツボ、マツカサ等多数だ。
その中で瀬際を流してたウキが一気に海中深く入りそれ以上上がってこない。これは本命とリールをガンガン巻き、締め込みも何のその、そのまま海面を割って出た魚は中を舞って磯に激突して行った。私の迫力に負けたのか魚はピクリともしない。この1匹で睡魔もやや軽減したので更に瀬際を攻めていると又もや暗黒の海にケミホタルが入って行った。これもシブダイと確信した私は先程の高速巻きを魚に披露したが今度は型が良いのか中々浮いてこない。そこで磯際まで降りて行ってポンピングで寄せると何とか海面を割り一気にブリ上げる。近寄ってキャップランプの光を当てると紛れもなくシブダイで1kg弱と言ったところか。型は不満だが本命が2枚釣れたので万々歳だ。夜明けも近いがもう1枚と頑張るが結局それ以降はエサ盗りにほんろうされ納竿の時間を迎えた。
日向瀬に乗っていた大渡氏はシブを7枚、イサキ1枚と大漁で腕の差をまざまざと見せ付けられた。

佐多岬尾波瀬まがり瀬


台風の影響で太平洋側が時化の中、自然の要塞、大隈半島に守られている尾波瀬は東の風に滅法強い。今回は今シーズン誰も乗っていないまがり瀬と言う瀬に玉さんと飛び乗った。東からの心地よい風に渡礁時の汗も吹き飛び期待の第1投。ところが潮は右に行ったり左に行ったりで安定しない。おまけに潮が止まると根掛りが多発。そんな中、玉さんに大当り。数回の締め込みに耐えて上がってきたのはシブ?
いや残念一の字でした。何にも釣れないので船頭が勧めてくれたワンドを諦め沖目で竿を出すと先ずは私にシブモドキのクロテン。玉さんにイトフエフキと南方系の魚のオンパレードだ。そして中央の沈み瀬で私に竿引きのアタリが襲った。イサキかなと思って余裕をかましていると足元にグングン締めこんで来た。これではまずいと思った私は磯の先端に出て何とかあしらい、波のタイミングを見計らって一気に振り上げた。型からしてマダイかなとキャップランプを当てると残念ながらタマミ(フエフキダイ)だ。ただこの状況で釣れただけでも良しとしてしっかり〆てクーラーにビールと入れ替わりに放り込む。さーもう一本!と次を狙うが魚らしい魚はそれまでで、今日も暑い夏の太陽が照り始めた。

都井岬荒崎平瀬


本日は無風ベタ凪。都井岬の磯はどこでも上礁出来る状態だ。予約していたヤカタのハナレを楽しみにしていたがここ2.3日釣れてなく昨夜は都井岬の磯全体で3.4匹の釣果だったらしい。そこで船頭の勧めで今シーズン誰も乗っていない平瀬に玉さんと飛び乗った。一昨年乗ったときはフエフキの大漁だったが今回はいかなる事やら。
最初の竿を曲げたのは玉さんだった。左側の沈み瀬周りでヒット。続いて私が右側の沖でアタリ。型としては600g程度だが各自1匹釣れたので嬉しい。その後私がフエフキにハリスを引きちぎられそれ以降潮も止まって何も釣れなくなった。「潮が動くまでなーんも釣れんよ玉さん。寝たがまし。オイは12時過ぎから2時まで寝とくよ。オイの感はあたるから無駄だと思うけど頑張って竿をだしてね」っと言葉を掛けてダンボールのベットで横になる。今夜は薄曇なので星もあまり見えないし流れ星も当然見えない。
2時過ぎに目が覚め玉さんとこに行くと何とシブを3枚釣っておりおまけに数回のバラシがあったとの事だ。「まだ釣れるやろうか?」と急いで竿を出すが結局地合いは過ぎており今日も暑い夏の朝を迎える事となった。