FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

志布志湾夏井港防波堤


釣友達と佐多岬尾波瀬の夜釣りに行く予定だったが生憎仕事が入り私だけ中止。
気持ちが収まらない私は釣友の玉さんを誘って時化の時に狙えるチヌ釣に行くことにした。玉さん推薦の本城川の河口に行ってみたが台風の余波なのかウネリが入っており夏井港防波堤に釣り場変更。夏井港は沖に沖防があるのでベタナギ状態で濁りも良い具合だ。
最初はウキ下3ヒロで足元中心に狙っていたがエサばかり盗られるので思い切って20m位沖に遠投する。沖は左から右に良い潮が流れておりエサも時々しか盗られない。バンバンマキエを入れているとウキが一気に入っていた。昔からチヌは遅合わせと聞いているので道糸の糸ふけを取りながらじっくり食わして大きく合わす。
根掛りした様に最初はびくともしなかったが、やがてチヌ特有の首を振る様子が愛竿を通して伝わって来る。ハリスが細いので竿の曲がりを楽しみながら慎重に竿と魚の間隔を詰めてゆく。やがて白い魚体がゆらゆらと水面下で確認でき、更にリールを巻くと海面を割って狙いのチヌが横たわった。
しっかり空気を吸わして右手に持ったタモで一発で掬う。
型としては不満があるが狙っての1匹なので嬉しい。〆てクーラーに入れて次を狙うが最後の最後にモンスター級の魚に襲われて道糸から飛ばされたのを期に納竿とした。