鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

桜島避難港3番


知り合いのYさんからイカのご馳走を頂いたのでどこで釣れたか聞くと桜島の避難港で釣ったとの事だ。早速、詳細を聞くとご主人も行くと言い出した。「行ったばっかしでしょう」となだめると妻に弁当と夜食を作らせるから連れて行けと聞かない。
それではイカのエサとなる生餌を釣って貰うこととして2人で桜島に走る。
先日釣れたのは3番だったので迷わず直行。釣場には誰も居なく、貸切状態だ。直にでも釣りたいところだが昼も過ぎている事なので美味しい弁当に舌鼓を打ちながら大よそのポイントを聞き、早速釣り開始。Yさんはアジゴ狙いでサビキ仕掛けで私は左角で前回同様チヌをフカセで狙う。全遊動で狙っていると数投目でウキに僅かなアタリがあり、少し誘いを掛けるとジワーッとウキが入っていった。軽くあわせるとグーンと竿に乗って来て竿が極限まで曲がったが糸を出さずに竿を立てていると竿は少しずつ元に戻り、同時に銀色したチヌが姿を現した。
同様の釣りかたで2枚同型をゲットしたがそれ以降が何も釣れなくなってしまった。肝心のイカ釣り用のエサはと言うとYさんの竿には何も釣れず夜釣りしないで帰ることになるかも知れないなとやや焦りを覚えていると私の竿にアメ(標準和名は判りません)が釣れアジにはやや劣るが夜釣り用のえさが何とか1匹釣れた。その後もYさんと私で数匹釣りこれで夜釣りは一安心。
太陽も西の空に傾き夜釣り開始だ。ウキの頭に付けているケミホタルが灯りを増した時にYさんのウキが横走りをして行く。正体は太刀魚で難なくゲット。「太刀か」と吐き捨てるように言うYさんだが嬉しそうにクーラーに入れていた。私の方は全くアタリがないのでエギを取り出し、右側の角でエギでも投げる事にする。とは言っても2.3回しか投げた経験しかなく、釣具店で要領を教えて貰い今回が初めての本格的なエギングだ。因みに竿はシーバス用ロッドで確かに振りにくい。
先ずは投げて一端エギを沈めて10秒数えてから2回しゃくる。言葉で言うのは簡単だが中々要領がつかめない。夜釣り用のウキを見ながら適当に投げていたその時、底に落としたエギをしゃくった途端根掛りしたような感触に襲われた。もう一回しゃくると何かモゾモゾと動いている。これがイカかな?と半信半疑でリールを巻くと海面近くで墨を吹き出したのでイカと確認。一気に振り上げ明るいところに持って行くと正しくアオリイカで600gと言ったところか。初めての獲物で思わずガッツポーズが飛び出し、Yさんの祝福を受けてさらに嬉しさが倍増した。
大体要領は分かったので同様の仕掛けで幾度となくキャスチングを繰り返すが現実はそう甘く無く、それ以降エギにイカが乗る事は無かった。
Yさんは太刀魚を数本取り込み更にと気合を入れたが肝心のエサが釣れず時計の針も夜中の12時を過ぎたのでここらで納竿とした。
スポンサーサイト
  1. 2006/10/30(月) 10:34:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜島避難港3号


今日は知り合いのYさん夫婦と牛根麓の岸壁に来ている。狙いはマダイ、イカそしてイカ釣りのエサになるアジゴ釣りだ。ところが昨日はマダイが釣れたのに今日はボラが1匹。たまにY妻さんにアメが釣れるだけだ。午後になって正面から吹く西風の影響で釣りづらくなり風裏の釣場を探したところ桜島避難港3号が風も無く穏やかだ。イカ釣りはここと決めたが肝心のエサが無いのでY夫婦はアジゴ狙いで私は残ったマキエでフカセ釣りを始める。最初は固定の2段仕掛けでやっていたがえさも盗られないのでアタリウキを沈めて全遊動とする。すると何回かエサが盗られた後、ウキが入っていった。軽く合わすと結構引きが伝わってくる。竿の弾力を利用して魚を浮かすと30cmのチヌだ。何時もであれば嬉しいのだが今回はアジ子が釣りたいのでYさんのクーラーに放り込む。必死になって竿を振っているうちに夜の帳が降りて回りは暗くなってしまった。エサが確保できず万事休すかと思っているとY妻さんがサビキ仕掛けで通称キンギョを入れ食いしだした。そこで全員イカ釣り仕掛けに変更。キンギョを生餌にしてイカに食べさせ、イカリみたいな針で引っ掛ける釣り方だ。最初のアタリは私に来たが経験不足の為早合わせをしてしまったのだ。その内隣に釣人が来てイカ釣りを始めた。その方はアジ子の泳がせ釣りで何と立て続けに大型のイカを2ハイゲットされ我々に残ったアジ子を3匹くれてそそくさと引きあげて行った。アジ子があればこちらのものと我々も投入するとアタリはあるものの中々食い込んでくれない。その内、タチウオが回遊してきてY夫がゲット。食べて美味しい魚ので大事にクラーに入れていた。私も1回タチウオのアタリが来たが仕掛けから飛ばされて作り直す羽目となった。
風も無くウキを見つめていると何だか眠たくなってくるがY夫婦は元気一杯で竿を振っている。そして辛抱の甲斐あって私の仕掛けに小さなアオリイカが抱きついてくれ、Yさんにが2本のタチウオを物にする。地合いかと思いきや時計の針は0時30分を過ぎているのでやる気満々の夫婦を説得して帰路に着いた。
夜食べた手作りの弁当凄く美味しかったです。又お願いします。
  1. 2006/10/25(水) 10:39:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

錦江湾牛根岸壁


国分愛釣会懇親釣大会が佐多岬東岸の間泊で開催予定だったが生憎の時化で中止となった。そこで私と玉さんとで先日、良い思いをした桜島の付け根にある岸壁に行ってみた。朝10時に着くと既にポイントの左角は釣人が2人竿を出していたが我々が竿を出す頃には引き上げるらしいので入れ替わりに釣座に入らせてもらう。ところが潮が殆んど動かず今一つ活性が無い。そこで仕掛けを全遊動にして遠投をしてみた。魚が引いたらウキが入るのでこれほど効率の良い釣はない。暫らくして玉さんがマダイを掛け、ボラも釣り上げた。ポイントは桜島方向らしいので私もお邪魔すると僅かではあるが潮が動くところがある。そこに仕掛けを入れてゆくとスパッとウキが入った。軽くあわすと良い感触で愛竿を曲げる。海面を割って出てきたのは400g程度のマダイだが最初の1枚なので嬉しい。同様の仕掛けでアメと言う魚を釣り上げたので、誰も竿を出していない場所でイカの生きえさ釣りの置竿をしていると物凄いアタリがあり、仕掛けごと持って行かれた。恐らくカンパチと思われるがそれ以降アタリは来なかった。
フカセ釣りも玉さんが好調で5枚のマダイがスカリに入り、私は2枚の釣果だった。
今後秋が深まって来るとイカの大型が釣れるらしいとの事なので今度はイカをメインに狙って見たい。
  1. 2006/10/22(日) 04:07:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

錦江湾


錦江湾の某岸壁でチヌ、マダイが釣れるポイントが有ると聞いた私は、たまたま錦江湾近くで仕事があった当日、釣具を車に積み午前中で仕事を終わらせ岸壁へ急ぐ。なんの変哲も無い湾内の岸壁(作業場)だがイカ墨の後が各所にある。釣友にポイントを聞いて南側の角で竿をだす。
潮は右から左だが地磯の方に流れて行くのである程度流したら根掛りが心配なので早めに回収しなければならない。2時間が過ぎ、潮が大分満ちこんできた。ただ潮の流れは止まったみたいでビクともしない。本当に釣れるのかな?と釣友の情報を疑いだした時にウキがスパッ!と消しこまれた。大きく合わすと強力な締め込みが襲ってきた。先程、手前に突っ込まれてバラシているので魚を左側に回して手前の障害物を交わす。やがてウキが見えてきたが右左に走るのでここらに多いボラかなと思った瞬間、海面を割って出て来たのは40cmのマダイだ。中々のサイズで思わずガッツポーズがでる。スカリに入れて先程のポイントにマキエをドバドバ入れるがそれ以来、マダイのアタリは無く25cmクラスのメイタを1枚追加したのみで納竿となった。もちろん岸壁は水で洗い流しました。
  1. 2006/10/17(火) 08:09:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

志布志港夏井港


当初の予定ではパリーグのプレーオフ2ステージをテレビ観戦する予定だったがソフトバンクが負けて何もする事無くなってしまった。せっかくの日曜日なので釣りにでも行こうかとオキアミ1角と集魚剤買って夏井港へと車を走らせる。夏井港の沖防は台風の影響なのか波が這い上がり湾内は適度の濁りが入っている。
いいタイミングで着たものだと大急ぎで仕掛けを作りポイントの先端角で竿を出す。ところがウネリが入っているため通常の潮の流れがなく、ウキが押し流されている状態だ。そこでウキをどんぐりウキに変えて、水中ウキをセットする。これだと遠投も効くし風の影響も受けなくてすむ。潮の流れに任せて仕掛けを流していると竿2本先で行き成りのアタリ。すかさず糸ふけを取り軽く合わせるといい感じの引きが愛竿を通じて伝わってきた。これこれ、これがチヌの引きだよと竿を片手で持ち、有名テスターの真似をしていると難なく30cmクラスのメイタが浮いてきた。
波止にいるアングラーの視線が気になるのでブリ上げサイズなのだがタモを使う事にする。そして高々と上げ自分では決まったつもりだが何せ型が小さい。
すごすごとタモから魚を出し、〆てクーラーに放り込む。この調子だと再び竿を出すがこの後竿を曲げたのはボラのみで夕日迫る夏井港を後にした。
  1. 2006/10/15(日) 22:19:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

真ぐれ会宮崎 志布志沖防釣大会


何の気なしに私が掲示板に「志布志沖防で釣りをしましょう。」とカキコしたばっかりに今回の釣大会となった。
正しく秋晴れの絵に書いたような快晴。沖防の3番が釣れてるらしいので早め(5.30分)の沖防上がりとなった。くじ引きで釣座を決め手釣り開始。皆それぞれのアイテムで竿を振るが時々竿を曲げるのはヌメリ子(アラの子供)。釣れないよりは良いがターゲットはチヌなので余り嬉しくない。でも食べて美味しい魚なのでしっかりキープする。余りにも何も釣れないので1人2人と脈釣りでアラカブを狙いだした。私も釣りたいのだが道具がない。仕方なくバーベキューの炭熾しを始める。北からの風にも助けられて直に火は熾きた。
肉を焼き始めるとどこからとも無く皆集まり、バーベキューの始まりだ。ビールを飲み、話が弾み場は最高潮に達したが肝心の魚が釣れないので早めにお開きとして釣り開始となる。
昼からは更に潮の動きが悪くなり、ヌメリ子さえ釣れない。やや諦めムードの中、マキエに湧いてきたボラを発見。退屈も手伝って皆ボラを釣り出した。賢いボラだが釣友達の釣技に負けて(ボラが湧いているところに仕掛けを投げて、ボラがエサを食べた瞬間に合わせる釣り方)魚が上がってくる。ただ湾内のボラは臭いと悪評高いので1匹だけキープして後は海に帰ってもらった。
納竿の4時まで何とか1枚とボラ釣りの合間に頑張るが結局全員無安打。結果としてはチヌは1枚も釣れなかったが皆と親交を深めて大変楽しい釣大会となった。
  1. 2006/10/08(日) 09:14:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜島の釣り


知り合いのYさん夫婦と桜島に魚釣りに行こうかと話がまとまり、ベテランのYさんに同行させて頂く事となった。
Yさんによると狙いはアジゴ。そのアジゴを狙ってイカを釣るのだ。ただ、今の時期はイカ自体が小さい為、エギ釣りのほうが釣れるらしいがそこを無理言って誘ったのだ。美人で可愛いなお嬢さんに見送られて桜島に着。先ずは避難港の13番に下りて見る。先客に聞いてみるとそこそこ小さいながら魚は釣れているがアジゴは全く釣れてない。アジゴが釣れない時は他の場所に移動しようとの判断で釣り開始。と言いたいところだが釣りだけでは面白くないので日陰でバーべキュウを始める。腹も満たされたのでやっと釣り開始。Y(夫)さんに聞くと沖は竿5本位の深さがあるらしく、常連は大遠投している。私はチヌ狙いなので右側の地磯よりで竿を出すがここもウキ下竿2本ある。棚をしっかり測って釣りを始めると何とキンギョ(エサ盗り)の大群がじゅうたんを広げたみたいに湧いてきて釣りにならない。Yさん夫婦も同様で4時過ぎには他の場所に移動する事となった。ところがここでアクシデント。車に釣具を積み込みエンジンをかけると何とバッテリーが上がっているではないか。私が車のドアを開けっ放しにしていたのが原因みたいだ。急いでJAFを呼び30分後には車を動かす事ができた。ここでの釣果は私が掬ったタコ1匹(タコの呼び方が分かりません)
次は17番に行ってみるとイカ釣りが数名竿を出している。岸壁を見るとイカ墨があり何とか釣れそうな感じだ。ところがこれまたアジは居なく小型のイカが釣れるのはエギ釣りだけだ。雨も降ってきたことだし暫らく休憩とY(妻)さんが作ってくれた弁当に舌鼓を打っていると雨も止み釣り再開だ。エギにアタリが集中するのでY(妻)さんはエギ釣りを始めた。我々がアジ釣りに苦戦しているとY(妻)さんがニコニコしながらタコをぶら下げてやってきた。何とエギに飛びついたらしい。これでクーラーの中はタコが2匹と私が釣ったアジゴ1匹で何とかお土産は出来たところで納竿。帰りは他の釣り場を見て回ったがどこも釣れてなく時期早々の感のある釣りだった。無理言って連れてくださったYさん、また連れて行って下さいね。今度は釣ります。
  1. 2006/10/01(日) 16:45:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

鬼瓦松元

Author:鬼瓦松元
南九州を中心に縦横無尽に釣りを楽しんでます。
メインは磯釣りですがサーフ、ショアジギング、渚、堤防,イカ、ウナギ等旬の魚を追っかけてます。
年間釣行回数60回

当ブログは、独断と偏見で適当にUPしております。
誤字、濁点の間違い、文章の幼稚さ等プロのブロガーではありませんのでご了承下さい。
またトーナメントでの釣り等そのような内容を期待している方は申し訳ありません。
旬の魚を釣って食す・・・これが基本テーマとなっております。


都城シブ研
都城サーフ
九州真ぐれ会宮崎
宮崎飛翔会
都城メイタ会
都城ヤエン会
都城背負子アングラーズ
都城オイカワの会

最新記事

カレンダー

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ご訪問有難う御座います

7.8オンライン

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
982位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
135位
アクセスランキングを見る>>

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア