FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

志布志港夏井港


当初の予定ではパリーグのプレーオフ2ステージをテレビ観戦する予定だったがソフトバンクが負けて何もする事無くなってしまった。せっかくの日曜日なので釣りにでも行こうかとオキアミ1角と集魚剤買って夏井港へと車を走らせる。夏井港の沖防は台風の影響なのか波が這い上がり湾内は適度の濁りが入っている。
いいタイミングで着たものだと大急ぎで仕掛けを作りポイントの先端角で竿を出す。ところがウネリが入っているため通常の潮の流れがなく、ウキが押し流されている状態だ。そこでウキをどんぐりウキに変えて、水中ウキをセットする。これだと遠投も効くし風の影響も受けなくてすむ。潮の流れに任せて仕掛けを流していると竿2本先で行き成りのアタリ。すかさず糸ふけを取り軽く合わせるといい感じの引きが愛竿を通じて伝わってきた。これこれ、これがチヌの引きだよと竿を片手で持ち、有名テスターの真似をしていると難なく30cmクラスのメイタが浮いてきた。
波止にいるアングラーの視線が気になるのでブリ上げサイズなのだがタモを使う事にする。そして高々と上げ自分では決まったつもりだが何せ型が小さい。
すごすごとタモから魚を出し、〆てクーラーに放り込む。この調子だと再び竿を出すがこの後竿を曲げたのはボラのみで夕日迫る夏井港を後にした。