FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

桜島避難港3番


知り合いのYさんからイカのご馳走を頂いたのでどこで釣れたか聞くと桜島の避難港で釣ったとの事だ。早速、詳細を聞くとご主人も行くと言い出した。「行ったばっかしでしょう」となだめると妻に弁当と夜食を作らせるから連れて行けと聞かない。
それではイカのエサとなる生餌を釣って貰うこととして2人で桜島に走る。
先日釣れたのは3番だったので迷わず直行。釣場には誰も居なく、貸切状態だ。直にでも釣りたいところだが昼も過ぎている事なので美味しい弁当に舌鼓を打ちながら大よそのポイントを聞き、早速釣り開始。Yさんはアジゴ狙いでサビキ仕掛けで私は左角で前回同様チヌをフカセで狙う。全遊動で狙っていると数投目でウキに僅かなアタリがあり、少し誘いを掛けるとジワーッとウキが入っていった。軽くあわせるとグーンと竿に乗って来て竿が極限まで曲がったが糸を出さずに竿を立てていると竿は少しずつ元に戻り、同時に銀色したチヌが姿を現した。
同様の釣りかたで2枚同型をゲットしたがそれ以降が何も釣れなくなってしまった。肝心のイカ釣り用のエサはと言うとYさんの竿には何も釣れず夜釣りしないで帰ることになるかも知れないなとやや焦りを覚えていると私の竿にアメ(標準和名は判りません)が釣れアジにはやや劣るが夜釣り用のえさが何とか1匹釣れた。その後もYさんと私で数匹釣りこれで夜釣りは一安心。
太陽も西の空に傾き夜釣り開始だ。ウキの頭に付けているケミホタルが灯りを増した時にYさんのウキが横走りをして行く。正体は太刀魚で難なくゲット。「太刀か」と吐き捨てるように言うYさんだが嬉しそうにクーラーに入れていた。私の方は全くアタリがないのでエギを取り出し、右側の角でエギでも投げる事にする。とは言っても2.3回しか投げた経験しかなく、釣具店で要領を教えて貰い今回が初めての本格的なエギングだ。因みに竿はシーバス用ロッドで確かに振りにくい。
先ずは投げて一端エギを沈めて10秒数えてから2回しゃくる。言葉で言うのは簡単だが中々要領がつかめない。夜釣り用のウキを見ながら適当に投げていたその時、底に落としたエギをしゃくった途端根掛りしたような感触に襲われた。もう一回しゃくると何かモゾモゾと動いている。これがイカかな?と半信半疑でリールを巻くと海面近くで墨を吹き出したのでイカと確認。一気に振り上げ明るいところに持って行くと正しくアオリイカで600gと言ったところか。初めての獲物で思わずガッツポーズが飛び出し、Yさんの祝福を受けてさらに嬉しさが倍増した。
大体要領は分かったので同様の仕掛けで幾度となくキャスチングを繰り返すが現実はそう甘く無く、それ以降エギにイカが乗る事は無かった。
Yさんは太刀魚を数本取り込み更にと気合を入れたが肝心のエサが釣れず時計の針も夜中の12時を過ぎたのでここらで納竿とした。