FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

宇治群島雀島西の本島ワカナ瀬初日


毎年計画はするものの時化の為に中止が多い宇治群島遠征だが、今年は天気に恵まれ準備万端で釣友の大渡氏と都城を出発した。
18時30分:渡船のベット確保の為早めに都城出発
21時15分:阿久根港着。渡船に荷物を積み込みベットを確保。因みにクーラーのイグローは船の後方に積み込み魚が釣れた時に入れる。
1時15分:メンバー(約30名)が揃ったので第三海交は爆音と共に新阿久根港を出港となる。
4時50分:船室でうつらうつらしていると急にエンジン音が小さくなった。宇治に着いたのだ。身支度して外に出てみると険しい離島の岩肌がサーチライトに照らし出され既に瀬上が始まっていた。最初は場所が判らなかったが良く見ると最北のガランのハナレみたいだ。ここは宇治でもA級磯で何時もは他の船が乗せるのだが今日は空いているので5名のグループが乗った。
5時25分:第三海交は次々と釣人を降ろして行き、雀島まで南下して来た。ここは名礁ワカナ瀬が有り、誰もが乗りたがる瀬があるが船はそこを通り過ぎチ○ポコの付け根に2人降ろした。そして私達に声が掛かり船を着けたのは何とワカナ瀬。
「ラッキー」と2人で言いながら午前中のエサと食料を船から降ろして飛び乗る。
6時45分:回りも明るくなり出したので私が水道側、大渡氏が船付けで竿を出す。
足元にマキエを入れると魚の姿は見えない。もう少しマキエを入れれば良いのだがそれが辛抱できなくて第1投。魚が居れば1投目から食ってくるのだがエサが付いたままで仕掛けが上がってくる。その内釣れるだろうとマキエをしつこく打っていると水道の真ん中付近を漂っていたウキがいきなり視界から消え去った。「来たよ」と大渡氏に声を掛けて魚とやり取りをするがどうもクロの引きではないようだ。思い切り竿をあおると白い魚体が瀬際を横切った。「青物か」と一気に魚を振り上げると30cm級のツンブリが磯の上でバタバタ跳ねている。そして次も・・・
7時30分:ツンブリの猛攻に手を焼いていると今度は品のある引きが愛竿を通じて伝わってきた。これは本命と慎重にやり取りすると正しくクロで型も良い。慎重にやり取りしてタモに収まったのは45cmのクロだ。それ以降ボチボチ釣れて10時過ぎには24枚のクロをゲットしていた。
10時30分:船が見回り来たので満杯になったドングロスを引きずるように船に積み込んでイグローに入れ、昼からのエサを船から降ろして再び竿を出すが今度は全く釣れなくなった。
12時15分:昼食を取りながら大渡氏の釣を見ていると下の方に魚が見えると言い出した。その途端、大きく竿が曲がったが次の瞬間竿が元に戻ってしまった。大急ぎで弁当を食べて海中を覗くと大きなワカナ(尾長)が沈み根の際から時々姿を見せているではないか。私も隣に入れさせてもらうが魚の引きが半端では無くウキが入った瞬間にハリスが飛ばされてしまう。悪戦苦闘しながら魚を掛けるものの軍配は全て魚に上がり釣れたのは800gのクロ1枚のみだった。
16時30分:船が弁当を届けに来たので夜と明日のエサを降ろす。
夕マズメ一発を狙って水道で竿を出すがここでもワカナの1発で数回ハリス切られ物に出来たのは1kgの尾長のみだった。
18時30分:いよいよ夜釣りで狙うワカナタイムの到来だ。仕掛けはハリス10号でハリはマダイバリの12号を使用。竿は4号竿でパワーで勝負の釣だ。船頭の話では瀬全体がポイントと聞いていたので私は裏側のワンドで竿を出す。最初2回程ウキが入ったが引き込むまでいかなくそれ以降何もあたらない。余りにも暇なので大渡氏の様子を見に行くと小型のワカナを2枚釣っている。私も釣具を持って横に入れさせてもらい、竿を出すがウキに何の変化も現れなく昼間の疲れからか突然睡魔に襲われた。無理をすると危険なのでここらで一眠りする事とする。
21時00分:平らな岩場にクッションを引いて寝袋入り目を閉じると何時の間にか熟睡していた。