FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

桜島避難港

烏賊釣師匠から釣りの誘いを受けたが、当日仕事が一杯だった為に断りを入れたのだったが・・・・。良く良く考えてみると私がエサのアジゴを釣らなくても師匠達が釣ってくれる。私はそれをエサにイカを釣れば良いのだと考え仕事が終った4時過ぎ、大急ぎで桜島へと車を走らせる。私の登場に驚いた師匠だが私の意図が理解したのかニヤリ。お客様より頂いた饅頭を上納してアジゴをオネダリするが今のとこ型の良いアジが2匹との事だ。そうこうしている内に夜の帳が降りて夜釣り突入。それからは小型のアジゴが釣れだしたので私は竿を2本出して皆さんの邪魔にならないところでアジの尻に針を刺してヤエン釣り開始だ。アジの泳ぎで竿先がビンビン揺れるがそれを見たギャラリーが「何かきちょっど」とうるさい。一々説明するのも面倒なので師匠のアジ釣りのお手伝いをしているとリールのドラッグが悲鳴を上げだした。イカが来たかなと直感した私はギャラリーに悟られないように(じゃかーしいから)数分間待ち、ソーッと竿を上げてみると重々しい感触が伝わってきた。
ゆっくりリールを巻いて底を切り、自作のヤエンを落とし込むとヤエンが刺さったのか「グッグッ」イカが暴れだした。ゆっくり尚且つ慎重にリールを巻くとイカが海面に現れた途端、夜目でも分かるくらい水飛沫を上げた。これは大きいかなとキャップライトで照らすと何と100g程度のハナイカでタモを用意するまでも無くそのまま振り揚げる。「お孫さんにどーぞ」と師匠のクーラーに放り込み次を狙うと又もやアタリ。と言っても今度は道糸が緩んでいるアタリで、この場合は確実にイカが捕食している事が多い。底を切ってすばやくヤエンを落とすと先ほどより一回り大きいイカが上がってきた。それ以降イカのアタリは俊敏にあるものの途中でエサを放したり、ヤエンが外れたりで午前0時30分、師匠を説得して帰路に着いた。