FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

佐多岬尾波瀬


前回に続いて都井岬の夜釣りを計画したが太平洋側にある台風の影響で中止になり、大隈半島西岸にある尾波瀬に行く。
5時半に尾波瀬港を出港した渡船は立目崎灯台を回って知り合いの上西さん達を水溜りに乗せて我々は沖の瀬に渡礁する。私が西側で大渡氏は東側で竿を出すが夕方にイサキが3枚私に来たので大渡氏も私の横で竿を出すことになった。ところが日が暮れた瞬間大型のアジが食いだした。それも最大40cm弱ある良型で次から次へと食ってくるからたまらない。各自10数本ったところで潮がパタリと止まり、おまけに磯の近くに漁船がやって来て集魚灯を点けたので何にも釣れなくなってしまった。暫らく横になり目が覚めると何時の間にか漁船がいなくなり回りは闇に包まれている。さー釣り再開、と仕掛けを流すと今度は激流が走っておりウキがあっと言う間に流されてしまう。これまた仕掛けの回収でリールを巻くのが疲れるので釣場を東側に移動する。大渡氏に釣況を聞くとボチボチイサキが釣れるよとの事だ。私もバッカンを持って移動。大渡氏の横で竿を出すと何と一投目からアタリが来た。
適度の締め込みを楽しみながらリールを巻くと600g程度のイサキが上がってきた。
棚さえ分かればこっちのもの。ウキ下2本半で飽きない程度にウキが入る。大渡氏も同様でお互いに顔を見渡してニンマリ。だが?オーバーが釣れない。やがて夜が明けて石鯛の釣人が他船でやって来たところで今回の釣りは終了となった。
上西さん達もイサキを釣っていたが全体的に小型で良型が釣れるまでもう少しかなと話しながら帰路についた。