FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

都井岬灯台下トビ瀬


どんより曇った梅雨空を見上げる度にこのまま一生天気にならないのではとがらにもなくセンチメンタルな気持ちになる。更に停滞している前線の影響で釣りにも行けずストレスはたまる一方で、おまけに台風まで直撃して全くお手上げ状態となった。
7月22日都井岬飛び瀬
台風が通り過ぎると週間予報は晴れのマークが出だした。やっとの事で梅雨明けかと都井岬の室丸のホームページを覗くと室永船頭のカキコミで明日から出港の内容があった。本当ならば時化後の一番でシブダイを狙いたかったが仕事の都合が付かず毎日の釣果写真に指をくわえながら見て、やっと時化後4日目に行く事ととなった。
今日までは釣れてくれよと祈る思い出で黒井港に着くと何と釣人は我々しかいない。船頭に聞くと昨日、岬の方で釣れたので早めに来てもらったとの事だ。夜釣りには少々早い時間帯だがせっかくの船頭の好意なので室丸に釣具を積み込み出発となった。真夏の海の香りを肌に感じながら午後2時30分には岬の下に位置する飛び瀬に到着。大粒の汗をかきながら高台に釣具を運んで一息入れる。岩陰を探していると同行の玉さんは早速フカセで釣り始めた。様子を見ていると時々竿が曲がるので私も竿を借りて猛暑のハタンポの入れ食いを楽しんだ。そうこうしている内に背後の都井岬の山影に日が入り、南西の風も手伝って涼しく感じてきたので夜釣りの準備を始める。すっかり解凍したボイルにヒロキューのオキアミパン粉を1袋入れて適当に混ぜ合わせて簡単マキエの出来上がり。
仕掛けはダイコーの砕波4号遠投に釣研の遠投羽根SP12号をセットして針はパワーのあるキンリュウのマダイ針13号のカゴ仕掛けとしてハリスはジョイナーボスメント8号だ。
飛び瀬のシブダイポイントは通常先端の船付けだが上り潮が強い時は激流が走るので釣りにならないこともある。今日はそうでない事を期待して先端に玉さんと2人並び軽く竿2本先に投げ入れる。スクッと立ったウキはゆっくりと左に流れ出した。「この潮なら必ずシブが来ますよ」と玉さんに話しかけると玉さんが合わせのタイミングを見計らっており、次の瞬間大合わせが入った。大きく竿が曲がったが魚が近かずくにつれて竿の曲がりが少なくなって来た。何の事は無い20cmクラスのハタンポがぶら下がっていたのだ。それ以降もハタンポの入れ食いとなり、ケミホタルを必要になる時間帯まで釣れ続けたのだ。
本当に昨日は釣れたのだろうかと竿を振り続けれが潮が沖に出だした午後9時過ぎ、玉さんの竿が大きく曲がった。必死の形相でやり取りをする玉さんだが引きが半端では無く、竿は極限まで曲がっている。幸い左の沈み瀬方向に魚が走らないのでゆっくりやり取りをして魚との間隔を詰めて行く。やがてケミホタルが見えてそしてハリスに付けているルミコが確認出来たところでキャップライトを照らしてタモ入れ態勢に入るがどうもシブではない様な気がする。クロか?いやイスズミだ。3kgは優に超えているデカバンだが2人してシブダイと思っていただけにがっくりだ。玉さんにタモを渡して私も竿を振るがその数投目に私のウキが暗黒の海に入った。糸ふけを取って大合わせを入れると衝撃が走ったが締め込みがガクガクと竿を叩くような気がする。でも竿を叩くシブダイもいるかもと期待したが私の気持ちとは裏腹に玉さんのタモに入ったのはこれまた良型のイスズミだった。その後数枚イスズミを釣り、潮が左流れになった途端、今度は都井岬灯台下周辺の税金、マツカサの入れ食いとなった。仕掛けを投げ入れる度にマツカサが針掛かりしてくるので玉さんが横になり私も一眠りする事となった。
携帯の目覚ましで目を覚ますと既に玉さんは竿を振っている。状況を聞くとマツカサのアタリは遠退いたがエサが残ってくるとの事だ。「玉さん、それってシブが寄っているかもよ」と何の根拠も無いのだが景気付けに気合を入れて再び私もカゴにマキエを詰め込み、バッグの中に入れていたボナンジェット・筏で刺餌にスプレーして沖の沈み瀬目がけて遠投する。潮は良い具合に流れており今にもウキが入りそうな雰囲気だ。
その願いが通じたのかエサ盗りのアタリが続いた瞬間、ウキが海底深く入っていった。これは本命と大きく合わすとガツンと竿に乗り一気に走り出した。そうはさせまいと瀬際まで降りて行き強引に竿をあおると何とか底を切ることに成功した。こうなるとこっちのものでシブダイの切れのある引きを楽しみながら瀬際まで寄せて一気に振り上げる。型はまあまあだがプレッシャーを感じながらの1匹なので嬉しい。(1.1kg)
時計の針を見ると午前2時半を刺している。納竿まで後2時間余りなので急いでタナとポイントを玉さんに教えて再び私も竿を振る。それから30分後私のウキが何の前触れも無く消え去った。竿を大きく合わすがリールのオープンベールを戻すのを忘れていて空合わせをすると言う大失態を演じてしまった。急いで糸ふけを取って再び合わすが魚はしっかり根に入ってしまった。シブダイなら必ず出てくるので道糸を張り気味にしているとゴソゴソと魚が動く気配。「今だっ!」と渾身の力を入れて引き抜くと魚が出てきたみたいで強力な締め込みが襲ってきた。だが魚の頭をこちらに向けているのでポンピングとりールのゴリ巻きで寄せて玉さんの差し出すタモに無事ゲット。こちらの型は体高があり中々の型だ。(1.3kg)
〆てクーラーに入れているとそれまで沈黙を守っていた玉さんの「来たー!」の声で振り向くと玉さんの竿が大きく弧を描いており必死になってリールを巻いている。駆け寄って一歩前に出ることを指示してタモを構える。かなりの抵抗をするが玉さんの本日の目標「何とか1匹を捕る」の気迫に負けたのか次第に抵抗も無くなり一発でタモ入れ成功。磯に引き上げ満面の笑みに私も嬉しくなり最後のもう一枚と2人して竿を振るが都井岬灯台下から室丸が姿を表したので今回の夜釣りはこれにて終わりとなった。
今シーズンの都井岬は夜グロ、シブダイと絶好調で今シーズンも晩秋まで都井岬通いが続きそうだ。
釣春秋10月号より