鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

テッペンハゲ釣大会 鹿児島県福山港


息子の就職が決まった事を真ぐれ会会長徳満さんに話をするとお祝いをしてあげると言ってくれた。これは有り難い事だと計画を聞くと釣りに行って焼肉をしようかとの事。結局は釣りをしたいだけだったみたいだけど・・・(私もそうでした)。
釣場は鹿児島の福山港で、私は皆より一足先に行って夜釣り用のアジを狙ったが1匹しか釣れなく、やがて夜の帳が降りてしまった。その頃から皆が集まりだし、全員揃ったところで焼肉開始だ。会長が揃えてくれた焼肉なのでマジで美味しい。おまけに昼間の猛暑でいじめられたのでビールを飲むピッチも早い。いい加減酔いも回って来たので車で横になっていると何と午前4時まで爆睡してしまった。眠い目を擦りながら車外に出てみると山下さんが1人で竿を出しているではないか。状況を聞いてみると会長たちは既に帰り、山下さんは寝るところが無く仕方なく竿を出しているらしい。そこに久永さんも起きて来たので昼釣りで狙うチヌのポイントに移動。既に防波堤には数名竿を出しているので挨拶をして間に入らせてもらう。
夜が明け、久永さんにポイントを聞いて竿を出すがエサが残ってくる状態が続く。
日もだいぶ高くなって来たがエサ盗りも少ないので私は棒ウキのウキ止め外して全遊動で狙うと何と数投目にウキが入って行った。ところがこれは小さな小鯛でガックリ。何とか1枚と仕掛けを根掛り覚悟でどんどん入れて行くと又もやウキが入った。軽く合わすと結構な引きが愛竿に伝わってくる。コクコクと首を振る感触からしてチヌに間違いないと締め込みを楽しみながら魚との間隔を詰め、魚を浮かしてタモ入れ成功。体長は35cm位でチヌの子供、メイタだ。1匹釣れた余裕から山下、久永両さんの焦りを横目で見ながら釣りを続けるもののそれ以降釣れるのは小鯛のみで気温も上がって来たのでもう少し釣ると言う2人を残して私は福山港を後にした。
スポンサーサイト
  1. 2007/09/22(土) 19:20:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜島避難港七港

予定していた夜釣りが中止になったので末谷さん夫婦と避難港にイカ釣りに行った。今回も海潟港でアジゴ釣りをしたが何と3匹の貧果。早めに避難港に移動して虎の子のアジをエサにイカ釣り開始。だが海水が異常に濁っており中々イカが釣れない。末谷さんは置竿にしてアジゴを狙いだすと結構釣れてエサの心配は無くなった。活きの良いアジをエサにしているので必ず釣れると頑張ったが午後9時過ぎ、とうとう私が根を上げてしまい納竿となった。
晩秋になると必ず釣れだすので又行きましょう。
  1. 2007/09/21(金) 18:48:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

佐多岬尾波瀬沖の瀬


釣友の大渡氏の話では「尾波瀬は釣れとらんど。オイなんか3回ボーズだよ。行くんだったら間泊がよかかもよ」とアドバイスをもらっていたのだが太平洋側が時化気味なので釣友の末谷夫婦と錦江湾の入り口に位置する尾波瀬に行く事となった。天気予報では北西の風から南東に変わると言っていたが沖の瀬に渡って驚いた。何ともろに風の影響を受けているのだ。船頭の「どげんする?」の言葉に折角A級磯に来たのだから満潮の7時まで気を付けるよと答えて3人で飛び乗る。
私が好きな正面は風をもろに被っているので3名で東側の船付けで竿出しとなる。マキエを作っている時に末谷主人が「海水温が高いね。風呂の湯みたいだ」とこぼした。正しくその通りでそれから釣れるのは南方系のハタンポのみとなった。私はウキ下を3本以上と深めにするも結果は同じで夜明けを迎えるまでに末谷奥様がアジを1匹釣ったのみで納竿となった。ただ午後8時過ぎ、私が目を放した隙にウキが入り根に入られてしまった。恐らくシブダイと思われるが折角のチャンスを不意にしてしまい悔やんでも悔やみ切れなく、次回は集中して竿を振らなければとボーズもさる事ながら大いに反省させられた釣りとなった。
  1. 2007/09/09(日) 21:24:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

志布志沖防


又もや今回も志布志沖坊だ。答は簡単、海上が時化ているからだ。日暮れと共に久、太田親子と竿を出すが何故かしら殆んどの釣人から釣果の声は聞かれず、一人又一人と横になって行く。私もご多分に漏れず横になり目が覚めたのが午前3時だった。太田親子が竿を出しているところに行くとまだ何も釣れてない様子だ。
私も横に入れてもらい、キビナゴのエサで遠投する。するとどうだろう1投目から太刀魚が食付いてきた。それもデカイ。右に左に暴れる魚を何とかあしらい、一気にブリ上げた。デカイ、体高指5本はある太刀魚だ。(長さは104cm)
その後太田さんにも同型が来て再度アタリがあったがウキが寝たままになった。仕掛けを上げて見ると何と仕掛けから上を太刀魚に食いちぎられウキから下が無い。急いで仕掛けを取りに行きセットするが何とワイヤーが縺れてしまって仕掛けが出来上がる頃には東の空が明るくなって来た。その頃には釣れる型が小さくなり指3本サイズとなった。地合いに仕掛けのトラブルが発生した事を悔やむが後の祭りだ。完全に夜が明けると内側が調子良くなったがそろそろ迎えの船が来る頃なので常連の釣人に太刀魚の釣り方を指導してもらい次回の釣行に期待して迎えの船に飛び乗った。
  1. 2007/09/01(土) 12:25:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

鬼瓦松元

Author:鬼瓦松元
南九州を中心に縦横無尽に釣りを楽しんでます。
メインは磯釣りですがサーフ、ショアジギング、渚、堤防,イカ、ウナギ等旬の魚を追っかけてます。
年間釣行回数60回

当ブログは、独断と偏見で適当にUPしております。
誤字、濁点の間違い、文章の幼稚さ等プロのブロガーではありませんのでご了承下さい。
またトーナメントでの釣り等そのような内容を期待している方は申し訳ありません。
旬の魚を釣って食す・・・これが基本テーマとなっております。


都城シブ研
都城サーフ
九州真ぐれ会宮崎
宮崎飛翔会
都城メイタ会
都城ヤエン会
都城背負子アングラーズ
都城オイカワの会

最新記事

カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ご訪問有難う御座います

7.8オンライン

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
647位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
105位
アクセスランキングを見る>>

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア