FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

磯初釣り 都井岬


今シーズン絶好調の都井岬に早く出掛けたかったのだがタイミングが悪く、やっとの事で予約を入れる事が出来た。初釣りは一人でゆっくりと思っていたら釣友の大渡さんも予約を入れており、それでは一緒に行こうという事で黒井港に着いたのは午前6時だった。
港には早くも大勢の釣人でごった返しており皆瀬に乗れるのだろうかと心配になってくる。
やがて室永船頭がやって来て私に「松元さん、予約していた2.5番は波を被るかもしれんど。悪いけど大渡さんと一緒に乗ってくれんや」と言う。そう言えば北西の風が吹き出すと言っていたなと大渡さんと相談して風が吹いても安全なキチガタニに渡礁した。
キチガタニの足場は悪くは無いのだがポイントが右側の瀬際なので2人では大変釣りづらい。そこで大渡さんがハナレに行き私は船付けで竿を出す事となった。今回は初釣りなので私なりにマキエも大奮発して生1、アミ1集魚剤はヒロキューのスーパーグレナス2袋そしてパン粉2kgだ。と言ってもこれが1日分です(汗)
足元のサラシにマキエを入れるが小魚さえも見えない。今が干潮なので潮が満ちて来れば何とかなるだろうと竿を振るがエサさえ盗られない状況だ。そこでサラシ場を諦めて竿2本先にある沈み瀬の先を狙っていると釣研の競-RG2が行き成り視界から消えさった。沈み瀬にハリスが触れないようにと祈る様に竿を右に倒してやり取りをすると穂先を叩くような感触を愛竿釣技1.25号が伝えて来た。竿を上げてくれている大渡さんに「ヒツオ(イスズミ)かも」と言うとホッとしたような顔になり早く上げるようにせかす。「久振りに掛けた魚なのだけど・・・」とそこら中を走り回る魚を針外れしないかと乱暴にやり取りしていると足元で反転した時にチヌと確認。そうなると話は別で正月そうそうバラシてなるものかと慎重に浮かして無事タモ入れして43cmのチヌをゲット。本命はクロなのだが冬場のチヌは身がしまって美味しいので〆てクーラーに入れてもう一匹を狙う事とする。ところがその頃から猛烈な北西の風が吹き出して来た。幸いな事に背中から風を受けるので仕掛けは良く飛ぶのだが仕掛けを掴むのが大変だ。必死になって竿を振っていると室丸が見回りにやって来てゴロクのハナレが空いたので変わらないかと瀬替りを勧めに来た。ここでもやれない事無いのだがゴロクのハナレの方が幾分かは風が防げるので大急ぎで荷物をまとめて室丸に飛び乗り瀬替りとなった。ここヤカタのハナレの精通している大渡さんにポイントを聞くと一人の釣座なのでそのポイントは彼に譲って私は正面で竿を出す事とする。潮は右から左の都井方面に流れる潮なので足元にマキエを入れて遠投で狙った数投目、沈み瀬周りを漂っていたウキがゆっくり入って行った。ひょっとして又チヌかも知れないので道糸を張り気味にしているといきなり道糸が走り出したので大合わせ。がっちり針掛かりしたみたいだが足元には大きな沈み根が有り、そこに突っ込まれると一巻の終わりなので先端まで出て竿のパワーを最大限いかして思い切り引き抜くと良い具合に沈み根回りを迂回しながら魚が寄ってきた。反転する魚は良型のクロだ。久し振りのクロなので慎重に慎重にとオーバーアクションでタモ入れ成功。普段から余り釣った事が無いので引きからして良型と思いきや思った以上に小さく36cmの口太だ。それでも嬉しくクーラーに入れてビールで乾杯。う〜寒い・・・。
1匹釣った余裕からクーラーに腰掛けて遠投を繰り返していると大渡さんが何か掛けたみたいで私の後ろでやり取りをしている。竿を見ると大きく曲がり大物の予感だ。流石に手馴れたものんで魚が弱ってきたら先程の釣座に戻りタモを入れた。大渡さんに「魚が浮いた所で掬えばよかっちゃないと?釣座に戻ったら大変じゃろう」と聞くとポイントでタモを出すと魚が散ってしまうのと余り前に出るのも良くないらしい。へーそんなものかなと何も考え無く竿を出していた私が恥ずかしくなった。そこで私も一歩下がって竿を出していると何と足元で食ってきた。短い腕を思い切り伸ばして対応していると30cmジャストのクロが上がってきた。この調子だと入れ食い?と至らん事を考えながら次のアタリを期待していると大渡氏が入れ食いとなった。それも数回大バラシ劇を演じているので彼が仕掛けを作っている間に竿を出させてもらった。足元のワレにマキエを入れて真ん中に仕掛けを入れやや張り気味にしているとウキがシモリだし、視界から消えていった。この時がチャンスらしく仕掛けを張っていれば「ガツン!」と来るらしいが私の技量からして非常に難しく早々と元の釣座に撤退したがその後も彼は釣り続け、クーラーの中には2ケタのクロが収まりまざまざと腕の違いを痛感させられた釣りとなった。
                       釣ファン4月号より