FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

都井岬 双子瀬


今シーズン絶好調の都井岬。何時もの年であれば北西の季節風が吹き荒れるこの時期は都井岬東岸の宮之浦が釣場なのだが南側に位置する荒崎方面が好調なので風さえ我慢すれば釣果間違いなし、との事で今回は従弟の野辺君と荒崎を計画した。
瀬の予約無しで行ったのでどこに乗せてもらえるか多少不安になったが港を出ると風も大したこと無いので昨日釣れた双子瀬に室永船頭の一押しで上礁した。荷物は少なめにした筈だが何と言っても狭い。磯の中央にチャラン棒を立てて荷物をロープで縛って釣り開始だ。マキエを足元に数杯打って様子を見るがエサ盗りの姿は見えない。船頭によると昨日は昼から釣れたとの事だったのでのんびりと竿を振り何も釣れないまま昼を向かえた。ところが潮が一向に動く気配無く、2ヒロ半のウキ下で根掛りしてしまうのだ。そこで左側の深みを野辺君が攻めていると微かに潮が動いた瞬間に600gのクロをゲット。横目で確りポイントを見ていた私は野辺君が魚の処理をしている間にポイントに仕掛けを入れるとまさかの大当たり。「こや太てど」と野辺君に声を掛けて余裕で魚をあしらっているとグングン沈み根に走り出した。何とかあしらい本気モードで一気にリールを巻くと何か引きがおかしく、良く良く見ると尻尾に点が見えるではないか。三の字と確認してからは乱暴に竿を操作するがこういう時にはバレ無く、笑いを堪えている野辺君のタモに収まった。
それ以降は全く潮が止まってしまいお手上げ状態になり、後は室永船頭に釣れなかった言い訳を考えている親戚同士だった。