鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

南郷大島崖下カメ瀬


久し振りの曇り空なので釣友達と南郷大島に出かけた。出港時間に大幅に遅れて港に着き待っていてくれた釣り人に平謝りしていると何と超有名釣り人道北名人さんがニコニコしているではないか。久し振りに再開に挨拶を交わすが怖い釣人で無くホット胸を撫で下ろす。
釣り具を船に積み込んで海上に出てみると何と海は濁っており下り潮が流れている。船頭も厳しいかもしれないけど頑張って下さいと私と久永君を崖下のカメに降ろして灯台方面へ走り去って行った。
瀬の上から見ても海は濁っており暗雲が立ち込めたが暗くなったら分からんよと久永君に声を掛けて釣り開始だ。
それから9時間・・・・・。釣れるのはマツカサ、ハタンポ、キンメのみで狙いのシブダイが釣れる雰囲気ではないのだ。時計の針を見ると3時半。今日は無理かなと眠い目を擦りながらウキを見ていると行き成り視界から消えて行った。これはシブだと思い切り合わすが魚の感触は無しでエサも付いていない。確かにシブのアタリだったと久永君に声を掛けて流していると久永君の竿が大きく曲がった。沈み瀬の点在する海底を引っ張ってくるので瀬切れしないかとヒヤヒヤドキドキのやり取りだだったが何とか足元に寄せて一発でタモ入れ成功(1.6kg).記念写真をと久永君にカメラを向けていると又もや私のウキが無いのだ。写真撮影を中止して竿を手に取り大きく合わすと「ガツン」と竿に乗った。瀬に入られ無いように一気にリールを巻こうとポンピングを始めた瞬間「フッ」と竿先から生体反応が消えていった。
バラシかと思いきや針は付いており、魚の食いが悪かったのか針が外れていた。
良型だったのにと今度は手持ちで構えていると暗黒の海に又もやウキが消しこまれた。今度はじっくり待って道糸が走った瞬間大合わせを入れると今度はバッチリ針掛かりしたのか魚が〆込んで来た。そうはさせまいとハイスピードでリールを巻き久永君の差し出すタモにゲット。
各自1枚ずつの釣果で俄然磯上は活性が上がったがそれ以降魚は釣れず、午前5時に迎えにきた渡船に飛び乗った。

スポンサーサイト
  1. 2008/06/26(木) 11:31:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

錦江湾チヌ+アジ


釣雑誌投稿のネタ探しと困った時の錦江湾と昼から予定を立てていると釣友の玉さんからも誘いの電話をもらった。
仕事を終えてからの竿出しなので竿を振り始めたのは午後6時を過ぎていた。前日竿を出した釣友達はボーズだったのでやや不安だったが、日が暮れて良型のアジが釣れ出した。だが徐々に型が小さくなって行きイカの餌に丁度良いのが釣れ始めたころ誘いを掛けた直後に私の竿を引っ手繰るアタリが来た。正に体感ショック!
大物と判断した私は直ぐに態勢を整えて魚と勝負に出るが〆こんだのは最初のみで後はすんなりと寄って来て波打ち際から引き摺るように引っ張り上げた。
型は40cmだが待望のチヌで嬉しい。すかさず次を狙うが後はアジゴのみで雨も降って来たので早目の納竿とした。
  1. 2008/06/23(月) 11:03:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

都井岬 トセンべの夜釣り


大渡氏の誘いにのったのは良いけれどどうも西風が強い。船頭がOKと言ったのならば間違い無いと餌を買って自宅待機していると大渡氏がやって来た。
「先程船頭から風が強いから乗れる瀬はトセンべしかないよ」と連絡があったと話しだした。信頼おける室永船頭の風が強いと言う事は「来ない方が良い」を意味するのだ。でも「行きます」と言った以上は行くしかないと午後4時前には黒井港に着いた。
波は大した事は無いのだが海上は突風が吹いている。風に飛ばされない様に道具を岩のくぼみに固定して早速フカセでクロを狙う。私は餌を持って来ていなかったので大渡氏から少し分けてもらい釣研の全遊動仕掛けで深めに仕掛けを入れていると午後7時前にウキがアタリを捕らえて海中深く入っていった。
軽く合わすと竿はつの字に曲がって〆こんで来るが竿の弾力を利用して耐えていると何とか魚の抵抗も弱まって来た。そこで一気に勝負に出てこれでもかと言うぐらい力を入れて引き抜くと良型のイサキが顔を見せた。
タモを組んで無かったので振りあげるとそのまま後方に飛んで行ったがそこで針が外れてしまった。大急ぎで魚を捕まえてタオルで包みこんで無事クーラーに収める事が出来た。その後大渡氏が400gのクロを釣りフカセ釣りは終了して本命のシブ釣りに突入した。遠投カゴで風に乗せて飛ばすものの、なかなかアタリは出ずいい加減飽きてきた頃に目の覚めるようなアタリが来た。とっさに大合わせ入れると「ガツン!」と4号竿に衝撃が走ったが後は簡単に浮いて来て800gのイサキが磯上に横たわった。
「さあ地合いだ」と声を掛け合った群れで移動するイサキを狙ったが、私に2kgオーバーのヒツオが来たのみで肌寒い夜明けを迎える事となった。
  1. 2008/06/05(木) 16:39:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

鬼瓦松元

Author:鬼瓦松元
南九州を中心に縦横無尽に釣りを楽しんでます。
メインは磯釣りですがサーフ、ショアジギング、渚、堤防,イカ、ウナギ等旬の魚を追っかけてます。
年間釣行回数60回

当ブログは、独断と偏見で適当にUPしております。
誤字、濁点の間違い、文章の幼稚さ等プロのブロガーではありませんのでご了承下さい。
またトーナメントでの釣り等そのような内容を期待している方は申し訳ありません。
旬の魚を釣って食す・・・これが基本テーマとなっております。


都城シブ研
都城サーフ
九州真ぐれ会宮崎
宮崎飛翔会
都城メイタ会
都城ヤエン会
都城背負子アングラーズ
都城オイカワの会

最新記事

カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ご訪問有難う御座います

7.8オンライン

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1535位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
185位
アクセスランキングを見る>>

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア