鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

南郷大島テトラからの夜釣り


闇夜の周期を待って今回もシブ釣りを計画するが台風8号の影響でどこの釣場も波が高く渡れる状況では無いらしい。2日間も休みを取っているのでどこか無いものかと考えた挙句、都城市のフィッシングながともの原沢君達が先日イカの取材で行った南郷大島の防波堤でシブを釣った事を思い出し栄松港のかいゆう丸に電話したところ「あそこだったら良いですよ、最近乗せてないので釣果は保証出来ませんが」との嬉しい?返事が帰ってきた。
当日、釣友と栄松港に行くと私同様何とか釣りが出来る用になったと気合い十分の5名の釣人達もおり彼らと午後5時半、栄松港を出港となった。5名のグループはアラ釣りらしく、手前のポイントで降りて我々は大島の港を目指した。港のテトラに近づいてみると結構外側のテトラも波が被り濡れているが北側ならOKと船長が判断して港に降りた。
港に設置してある階段をよじ登ってテトラの処に出ると所々が被っており先端付近の割と足場の良いテトラを釣座と決めて釣具を運ぶが暑い事この上ない。運び終えた頃には2人して肩で息をして暫らくは何も手に付かずクーラーに手を伸ばす我々だった。
汗も引いたので先程から海水に漬けていたオキアミボイルにチヌの舞ホワイトとパン粉を良く混ぜ合わせ、4号竿に道糸はアレス遠投磯8号でハリスは同じくレグロンのエクシードフロロカーボーン8号とした。キンリュウの勝負マダイ12号にオキアミボイルを刺し、下針はスーパー金太郎17号でキビナゴ対応とした。
用心しながらテトラに渡り、平坦な所にバッカンを置いてカゴにマキエを詰めてウキ下竿1本半で竿3本位先に投げる。仕掛けが安定すると遠投カゴナイトが左(下り)に流れだした。船頭の話では右流れの上りが良いとの事だったのだが。
夜の帳も下りて本格的に夜釣りに突入するが潮は依然として下りでツケエサは盗られるもののエサ盗りはハリ掛りしない。何時もならばアカマツカサ、ハタンポ等が嫌に成る程釣れるのだが・・・。午後10時の干潮を向かえて右沖と左沖でウキが傾きだしたのでウキ下をやや浅くするものの一向にアタリはない。そこで明け方の満潮まで左右の沈み瀬の間を中心に狙う作戦を立てて根掛かり覚悟でウキ下を竿2本として一点集中に打ち返しを続けた。その5時間後、睡魔と闘いながら二重に見えるウキの明りを追っていると行き成り視界から消え去った。道糸を足元のテトラに取られない様に張り気味にしていたのでダイレクトに竿に乗って来たのだ。大きく合わし足元のテトラに入り込まない様にガンガンリールを巻くと数回の締め込みの後に待望のシブダイが姿を現した。釣友に頼んでテトラの下に降りて貰いタモで掬ってもらうがウネリが強くて中々タモ入れ出来ない。何とか竿の操作で魚をタモ編みに誘い込み入った瞬間、思わずガッツポーズ。
型としては1.5kgの良型でこれこそ「価値ある一尾」だ。それ以降納竿まで残りのマキエを足元にも入れながらもう一枚と頑張るが栄松港方面から迎えの船がこちらの向かって来るのを確認後納竿とした。
一部釣春秋10月号より
スポンサーサイト
  1. 2008/07/28(月) 09:13:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

内之浦町船間


都井岬でシブダイ狙いの夜釣りを計画していたのだが台風の発生であえなく中止となった。
そこで船間の渡船に電話してみると流暢な薩摩弁で「今夜までは大丈夫やっど」と嬉しい返事が返って来た。その足で都城市のフィッシングながともに走りエサを購入、今回同行の大渡氏宅まで急ぐ。船間港に着くと8名の釣人が待っており大急ぎで釣具をトランクから降ろして出港となった。他の釣人はアラ釣りがほとんどで、アラポイントに各自を乗せて我々は一郎瀬に飛び乗った。釣座からの渡礁なら良いだが波があったので裏側からよじ登りクライミング状態で全てを持ち上げた時は2人ともダウン寸前で暫らく休憩していた。
汗も大分引いたので夜釣りの準備をしたいのだが真夏の太陽はまだまだ真上にある。そこで夕マズメまでフカセ釣りをすると言う大渡氏の後に竿を1本持って着いて行き、彼のマキエで時間をもてあそぶ事とする。前回は夕マズメに釣れたらしいが流石に水温が上昇している為に我々が期待していた夕マズメにイサキ5本、クロ2匹の期待はもろくも崩れ去り、後方の山並みに真夏の太陽が隠れた頃には夜釣りのマキエ作りを開始していた。
今回のマキエのメニューはオキアミボイル2角に釣まんのチヌの舞ホワイト1袋と遠投パン粉1袋としてツケエは大粒のボイルとした。瀬の中央付近に釣座を構え自作のカゴにマキエを入れて第1投。ウキ下竿2本取っているので釣研の遠投カゴナイト12号が立つまで暫らく時間を要したが一端潮を掴むと生き物のように動きだした。道糸を張りながら左下にある沈み瀬に注意しながら流して行くがエサは盗られるものの何か釣れる雰囲気は一杯だ。沖で漁をしている漁船の漁火が確認し始めたころ遠投カゴナイトに電池を入れて再び釣り開始。長時間発光LEDを使用している為か可なりの視認性だ。やや時化気味で大きなサラシが出ている先に投げ入れて大きく誘いを掛けると行き成りウキが消し込まれた。大きく合わすが抵抗は殆ど無いのでイサキでは無いのは確かだ。上げてみるとシブ釣りの税金、アカマツカサだ。都井岬の夜釣りで良く釣れるのだがこんな深場にも居るのだねと大渡氏と話をしていると又ウキが入った。今度はウキが見えなくなるまで入っているのでイサキと確認したが又もやアカマツカサでガックリ。これも税金みたいな物と自分自身に言い聞かせて投入を繰り返すとウキが入った。海面下に沈んでおりそれ以上入って行かないのでアカマツカサと判断して暫らく用を済ませてウキを確認すると何処にも無いのだ。合わせも入れずにリールを巻くと可なり重たい。これは2匹喰い付いたなとハイスピードで巻き一気に振り上げた。キャップライトを当てると確かにアカマツカサはハリ掛かりしているがその下のキンリュウの勝負マダイ12号を確りくわえている500g程度のイサキがいた。大渡氏に「アカマツカサが釣れても暫らく置いとけば釣れるよ」と声を掛けて釣れたポイントに投げるとウキが入った。先程の用に暫らく待って上げると又イサキが付いていた。そこで大渡氏のところに行き状況を聞いてみるとウキが入って待っているとアカマツカサが数珠つなぎで釣れるらしい。「おかしいな〜」と苦笑いしながら釣座に戻って竿を上げると私のも2匹アカマツカサが付いていた。それ以降エサ盗りのみで潮が変わる干潮まで休憩としたが一郎瀬のベストと言われる飛び瀬方面に流れだすと良いのだが・・・。
遅めの夕食を取り、ビールで一杯やりながら釣り談義に花を咲かせているとそろそろ干潮の時間となった。「さて、頑張るか」腰を上げて潮が動いている事を期待して竿を振るが当然潮止まりなのでウキがピクリともしない。潮が動き出すまでマキエのつもりで遠投を繰り返すが何と数等目に行き成り視界から消え去って行った。中々の良型でエサ盗りとは違う引きだ。慎重に寄せ、足元の沈み瀬を交わして振り上げる。600gと言ったところか良型のイサキだ。「ひょっとして地合いかも」とひとり言を言いながら先程のところに仕掛けを投げて大きくシャクリやや張り気味に仕掛け流すと又もやウキが入った。これも同型で〆てクーラーに放り込む。釣れて出した事を大渡氏に告げると彼の竿が大きく曲がった。大渡氏が「デカイ、ひょっとしてマダイかも」と必死にリールを巻き、ウキが見えて来て暗黒の海面にバシャバシャと魚が暴れている。タモを持った私は瀬際まで降りて行き、キャップランプを点けて一発でタモ入れして確認するとシブダイでは無いか。道理で良く引くはずだ。大渡氏にタモを渡して釣座に戻ると私のウキが何処にも無い。急いで竿受けから竿を取り合わすと確り根に入られてしまっている。恐らくこれもシブダイと思われるが残念だ。気を取り直して再度仕掛けを振り込むとイサキの入れ食いとなり夜明けまで20数枚のイサキと小型のシブダイがクーラーの中にところ狭しと並んだ。
大渡氏も確り2桁釣っており次回も船間に来ようと早速次回の打ち合わせをする我々だった。
月刊釣ファン10月号より
  1. 2008/07/16(水) 18:44:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

都井岬荒崎の夜釣り


長かった梅雨が明けていよいよ夜釣り本番となった。最近まで荒崎周辺では最悪の南西風が吹いていたので「雨なんかへっちゃらさ」なんて言う豪傑釣り人も指をくわえているだけだったが風も収まり室丸のHPも賑いを見せ始めた。
居ても立ってもおられず電話を入れると「今日はヤカタのハナレが空いているよ」と嬉しい返事が返って来た。早速釣友の玉さんに連絡を取り夕方5時過ぎにはハナレに乗っていた。大粒の汗を拭いながら海の状況をみると完全に澄み切っており正しくシブの釣れる確率は100%だ。
半解凍したボイルに釣まんのチヌの舞ホワイトを1袋入れて軽く混ぜ合わせてマキエは出来上がりだ。玉さんに大凡のポイントを説明して釣り開始。
潮は足元からゆっくり出て行き本流へ・・・と思いきや沖に出た途端、物凄い勢いで流れだした。こうなると遠投しかないので思い切り左に投げて仕掛けが海中に入っている時間を作るが何てことは無いアッと言う間にヤカタ本島の沈み瀬まで達してとうとう道糸を引っ掛けてしまい仕掛け一式を無くしてしまった。夜半の満潮を期待するしかないとルアー感覚で遠投を繰り返していると沈み瀬の前で私のウキが入った。
最初はシブダイと期待したが意に反して500gのイサキでガックリ。でもシブガ釣れなければイサキの数釣りでもと同じ所を狙うがそれ以降イサキは釣れず待望の満潮を迎えた。だが・・・一向に潮の流れは変わらず止まったと思ったらウキがびくともしなくなりとうとうその状態が朝まで続いて悲惨な夏の日の1日となってしまった。
  1. 2008/07/10(木) 16:30:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

鬼瓦松元

Author:鬼瓦松元
南九州を中心に縦横無尽に釣りを楽しんでます。
メインは磯釣りですがサーフ、ショアジギング、渚、堤防,イカ、ウナギ等旬の魚を追っかけてます。
年間釣行回数60回

当ブログは、独断と偏見で適当にUPしております。
誤字、濁点の間違い、文章の幼稚さ等プロのブロガーではありませんのでご了承下さい。
またトーナメントでの釣り等そのような内容を期待している方は申し訳ありません。
旬の魚を釣って食す・・・これが基本テーマとなっております。


都城シブ研
都城サーフ
九州真ぐれ会宮崎
宮崎飛翔会
都城メイタ会
都城ヤエン会
都城背負子アングラーズ
都城オイカワの会

最新記事

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ご訪問有難う御座います

7.8オンライン

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
602位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
94位
アクセスランキングを見る>>

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア