FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

錦江湾牛根大橋下


今月も釣雑誌の締め切りが迫っているが何一つネタが無い。
時化、雷、南西の風と渡船屋さん泣かせの状態だが我々釣り人も釣りに行けず困っている(生活には困らないのだが・・・)ただ余りにもストレスを溜めるといけないので先日釣友の玉さんがキビレチヌを釣った桜島に行く事にした。
天気は快晴で当然うだるような暑さだ。この暑さでは長時間の釣りは無理と判断して最近完成した牛根大橋の下の様子を見てから判断しようと一路桜島を目指す。
大橋に付くと誰も竿を出して無く既に釣り座は影が出来ているではないか。
根性の無い私は「玉さん、ここで竿を出しましょう、暑くも無く風も吹いているから」で橋の下まで釣り具を運び早速釣り開始だ。
潮の流れは差ほど無く、先ずは全遊動で流してみるが道糸を上潮が引っ張って中々仕掛けが入って行かない。いわゆる2枚潮ってやつだ。
仕方ないので私は1号の棒ウキを取り出してウキした竿2本の移動仕掛けとする(本当は大きなおもりを付けて棚(水深)を測った方が良いのだが私の第6感で決めた→感は外れました)
2枚潮の影響も無く後はアタリを捕らえるだけだが最初のアタリは潮が下げに入った時、玉さんに来た。勢い良くリールのスプールから道糸が出て行き大合わせが入った。「チヌかな?」言う玉さんの後ろでカメラを構えているとピンク色したマダイが海面を割って姿を現した。型は25cmクラスだが最初の1匹だけに玉さんは大事に活かしロープに繋いでいた。
私も必死に竿を振るがマキエの周りにはボラが回遊しておりイケス状態だ。マキエの打ち分けなど出来ず、ややタイミングをずらして仕掛けを入れていると行き成り私のウキが入った。この前にも数回空合わせをしているので暫く様子を見て道糸が走った瞬間合わせを入れようと暫く様子を見るが一向に走る気配は無く今度も逃げられたかなとリールを巻き出すと「グッグ」と生体反応。
ややオーバーアクションで魚をあしらって振り上げた獲物は先程玉さんが釣ったマダイよりかはやや大きめのマダイだった。
それ以降6時の納竿まで必死になって竿を振るがタイムアウト。日陰のお陰で真夏に快適な釣りが出来た橋の下に感謝しながら真夏の1日の釣りは終了した。
ところで雑誌の方は余りにもの貧果なので今月号は遠慮させてもらいました。(当然締め切りが過ぎてからのキャンセルですので編集長から怒られました

内之浦・船間の夜釣り


今回はのんびりと夜釣りを楽しもうと都井岬を予定していたら前日某お店で偶然にも従兄弟の野辺君と会った。彼も釣好きで私が夜釣りを予定している日に知り合いと船間に行くらしい。そうなれば簡単、幸いにも都井岬には予約を入れてなかったので私も船間に行く事となった。前回イサキの入れ食いを体験しているので車中は夏の暑さよりもヒートアップしたが帰りは冷房よりもクールダウン。
結果から言うと3名ともボーズを食らったのだ。そればかりなら良いのだが他の釣り人がシブを爆釣。これには参りました。