鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

志布志沖防


本当は佐多岬周辺へシブダイ釣りに行く予定だったが生憎の台風で大時化状態。そこで昨シーズン好調だった志布志沖坊へ夜釣りの太刀魚釣りに行く事となった。単に小型の太刀魚だった近くの堤防で釣れるのだが沖防の太刀魚は大型で指5本クラスが釣れるので渡船料を払って沖防へ渡るのだ。太刀魚だけでは面白く無いので翌朝は良型のエバ釣りを計画しており、エバのエサは釣友の太多氏に頼む事となった。釣友達より一足先に港に着いた私は渡船に乗り太刀魚の一級ポイントの沖防5番に向かうが海水の濁りにびっくり。先程の台風の影響で濁っているとの事だ。船頭に状況を聞くと首を横に振り「太刀魚は濁りでさっぱりじゃっど。でも釣れん事はないけど」と訳の分からない事を言い出した。今更帰る訳行かず沖防5番に飛び乗って階段を上がり、先客の釣人の挨拶をすると宮崎の清武町から来られた方々で皆さんも太刀魚釣りみたいだ。
近くでは迷惑になると思い持参した台車に釣具を積み3番方面に移動する。
適当な所に釣座を構えて先ずは仕掛け作りだ。遠投用の3号竿に道糸はレグロンのアレス遠投磯5号としてサルカンの下にヤマシタ社のタチ魚仕掛けW針?を結び道糸には抜群の集魚効果があるルミカのパワー太刀魚50をセットする。これで仕掛けはバッチリだが足元の海中は濁りが入りどうも釣れる雰囲気ではない。そこで遠投なら何とかなるかも知れないと都城のフィッシングながともで購入したキビナゴのエサを仕掛けに付けて志布志湾向けて第1投。遠投用の12号ウキなので良く飛び着水してウキ下竿1本強で潮を掴み、勢い良く右に流れだした。本来ならば沖に出る左流れが多いのだが右流れは珍しい。何時もと違う流れなので今夜は期待できるかもと必死に遠投を繰り返すが志布志湾に夜の帳が降りて港の明りが増して来てもウキには何の変化はなかった。
やはり船頭の言っていた事は本当だったんだと感心しているとその船頭が操舵する寿海丸が近づいて来て釣友の久永、山下両氏を連れて来た。2人に状況を話すとどうせ釣れんのなら明日の帰りが楽チンな船着け周辺で竿を出すよと動こうとしない。仕方なく私は自分の釣座に戻り釣りを再開する。
厳しい状況の中、マキエで魚を寄せる事無く濁った海水の中でただキビナゴのエサで通りすがりの太刀魚を釣る事自体が厳しいのではと自己嫌悪に陥っているとウキがピョコピョコと変則的な動きをした。これはアタリかも知れないと仕掛けを上げてみるとキビナゴが確り盗られているではないか。期待できるかもとキビナゴを確り仕掛けに装着して遠投する。ある程度流れたところで又もやウキに変化が現れ、沈みそうで沈まない動きで所謂煮え切らない反応だ。少ない脳ミソで考えた挙句浮力が大きいのでは判断した私は釣研から新発売となったLFサーベル5号をバッグから取り出した。このウキは非自立仕様なので食い上げや横方面へのアタリにも対応するすぐれもので何と1投目から反応が表れた。
一端立ったウキが横に動きだしたのだ。先程の遠投大型ウキには出なかった反応で感心して見ていると今度は静かに暗黒の海に消えて行った。大きく合わすが空合わせでエサの盗られた仕掛けのみが寂しく上がって来た。再度エサを付けて投入。今度は逃がしてなるものかと手持ちで(それまではアタリが無かったので置き竿にしていた)構えていると又もやウキに反応が出て視界から消え去って行った。ドキドキしながら道糸を張り気味にしていると竿先に生体反応が来た。思わず大アワセを入れると今度はバッチリハリ掛かりしたみたいで太刀魚が大きくジャンプした。逃がしてなるものかとリールを必死に巻き足元まで寄せて一気に寄せて「おうりゃ!」と意味不明の気合いと共に振り上げた。
キャップランプで照らしてみると指4本はある良型だ。狙いの良型で思わずガッツポーズ。皆を呼ぼうかとも思ったが今太刀魚が寄っているのでこのチャンスを逃してなるかと震える手でエサを付けて仕掛けを投入すると何と又もやアタリが出た。先程の要領で太刀魚を掛けるが型が指2本以下の赤ちゃん太刀魚でLFサーベルの感度に感謝しながらもリリースを繰り返す事となった。その内アタリも遠退き、釣友達の所に行ってみると何も釣れて無く休憩中だった。私も朝から太多さんが持参する手長エビでエバ釣り予定しているので釣座に戻って暫らく横になる事にした。
どれ位寝ただろうか、周りの騒がしさで目が覚めると他船の釣人が堤防に乗って来た。我々も大急ぎで釣具を片付け、やって来た寿海丸に飛び乗った。太多さんが待っている中堤に乗り状況を聞くと何も釣れて無いとの事だ。暫らく竿を出すが何も釣れず今度は地の波止へと転戦となった。こちらも相変わらず濁っており万事休すかと思っているとテトラの際で竿を出していた山下さんが良型のエバをゲットした。釣り方を聞いてみると遠投して仕掛けを張りながらルアーみたいに引っ張って来るらしい。そこで私も遠投深場LS1号をテトラの先に投げて馴染ませ、ゆっくり引っ張って来ると穂先に衝撃が走った。左側のテトラに走って行くがそうはさせまいと右に一杯引っ張ると意外とすんなり引っ張り出し、白い魚影が見えてきた。久し振りの魚の引きを楽しんでタイミングを見計らって振り上げると勝負チヌ3号がエバにガッチリ掛かりしておりこれで土産が出来た。その後グングン気温が上がりギブアップ。昨夜からの疲れもでて今回はこれにて終了となった。今後志布志沖防はチヌ、太刀魚、エバ等の良型が釣れ出すので次回の釣りも沖防に来ようかと遠ざかる沖防を後にしながら釣友達と会話が弾んだ。
スポンサーサイト
  1. 2008/09/20(土) 22:55:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

志布志沖防


満月の夜のみエビ網が入らないので夜釣りを計画していたが運悪く台風が発生して今回も中止。そこで例年志布志沖防で開催している「真ぐれ会宮崎」の焼き肉会をやろうと徳満支部長の声掛けで会員にメールしたところ釣りに行けずストレスが溜まっていた10数名が参加となった。と言っても釣りがメイン、対象魚は太刀魚、コロダイ、エバ、チヌ、サバと欲張りだが私は太刀魚1本に絞って沖坊に飛び乗った。午後7時過ぎ全員揃ったので焼肉の始まりだ。気の合った仲間なので会話が弾み竿を出したのは9時過ぎだった。
各自色々な魚を狙い、好みの釣場に散って行き、私は志布志港方面で仕掛けを飛ばす。
ところが事前の情報では「濁りが入っており太刀魚は余り釣れて無い」が見事に当たり誰の竿も曲がらない。その上雨まで降り出して一人、又一人と竿を置き私は数時間爆睡するという大失態をおかしてしまったのだ。やがて夜が明けて朝マズメは太刀魚のチャンスらしいが私はO氏からの誘いで中堤にてエバを狙う事とした。1便で帰る船に乗り中堤に降り先端付近に釣座を構える。エバ釣りと言っても馴染みが浅いので簡単に説明するとサビキで狙うエバとは比較にならない位良型で、O氏は先日50オーバーを数枚釣っている。仕掛けは竿が1.5号で道糸は3号、ハリは勝負チヌの3号程度を使用してエサはテナガエビかモエビを使用するらしい。(らしいと言うのはエバ釣りをするのは私初めてなのです)
今回使用したテナガエビとモエビはO氏が近くの川から採って来てくれたもので有り難く使わせて頂く事とにした。私は少しオキアミを持って来ていたのでチヌの舞ホワイト入りのマキエを足元に定期的に入れる事にする。O氏がブクブクで大事に活かしていたテナガエビを1匹取り出し口の横からハリを通すがこの際、頭の黒い所にハリを刺すとエビが死んでしまうので慎重に刺さないといけない。ピチピチ撥ねるエビを手で掴み何とかハリに付けて竿3本先に遠投する。横風が吹いているが釣研の遠投深場LS1号なので良く飛び仕掛けの立ちも早く、確りと潮を捉えて勢い良く堤防の「先端へと流れだした。仕掛けと共に私も移動するが先端を過ぎると潮が複雑に流れているので狙うポイントを決めて足元から先端までを狙う事する。(とO氏から指導されてそれに従うだけなのだ)エサ盗りも居なく殆どエサが残ってくるので堤防の先端まで流しては巻き取りを繰り返しているとO氏の竿が大きく曲がった。強気の攻めでアッと言う間に浮かしたのは40cmクラスのエバだ。「エバが回遊して来ど」と叫ぶO氏にせかされて活きの良いテナガエビをハリに刺して遠投するが私のウキには変化無くリールを巻くだけだった。期待したエバ回遊だったが小さな集団だったのかそれ以降竿を曲げる事無く空しくエサだけが残る状態となってしまった。
この釣りを熟知しているO氏は活き餌釣りを止めてルアー竿を手にして遠投を繰り返すが私は遅めの朝食を取り、再び次の回遊を待つ事として竿を振り続けた。
それから1時間、誘いを掛けながら流していたウキが行き成り海中に入って行った。すかさず合わせを入れるものの空振りに終わったが確りエサは盗られているではないか。この事をO氏に話すとルアーを止めて再び磯竿に持ち替えたのだ。その数投目O氏の竿が大きく弧を描いたのだ。強気の攻めで難なく堤防に横たわったのは50cmのフッコだ。私にも釣れないかなと糸を止めたり出したりして誘いを掛けているとゆっくりとウキが入って行ったのだ。先程の事もあるのでじっくり待って、道糸が走った瞬間に大合わせを入れると今度はバッチリ針掛かりしたみたいでグングン絞めこんで来る。そうわさせまいと引き抜くように竿を上げるとスンナリ獲物は浮いてきた。強力な引きからしてエバと思いきや何と磯の夜釣りで釣れるシブダイ。だが背ビレの下に黒い斑点のある通称クロテンで余り美味しい魚では無いので海に帰ってもらった。
気を取り直して再度振り込むと又もやウキが浸水していった。O氏の「早合わせは駄目よ」の声を背に受けながら糸ふけを取った瞬間、一気に竿に乗って来た。穂先が海面目がけて入って行く寸前で何とか糸を出して締め込みをクリアー。何とか主導権を握らなければと必死になって竿を握っていると少しずつではあるが魚がこちらに寄って来た。でも竿1本ウキ下なのだがウキは見えてこないので可なり道糸が出ている事になる。
ゆっくりと時間をかけて寄せにかかるが敵もさる者そうはさせまいと今度は足元に突っ込んで来た。ラッキーにも足元には障害物が無いらしいので極限状態になった竿を更に引き抜くと魚も観念したのか次第に浮いてきた。ウキが見えてその下に白い魚影が見える。
O氏がタモを構えてくれているのでそちらに移動して一発でタモに入れてくれた。
魚を見てびっくり、何とイトヒキアジではないか。型は1.2kgの良型で道理で良く引くはずだ。絞めてクーラーに入れて次を狙った数等目、今度はフッコが襲いかかって来たが先程のイトヒキアジ程では無く、難なく防波堤の上に横たえる事が出来た。
そうこうしている内にO氏が持って来たエビが底を着いたので今日の釣りは終了。
船頭に迎えの電話を入れて船着けに急ぐ我々だった。

  1. 2008/09/14(日) 17:03:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

志布志沖坊中堤3番


釣友のO氏が志布志沖防でエバを入れ食いしたと聞き、エバ釣りを教えてもらおうと休みを合わせて朝一番の渡船で渡ろうと計画立てた。ところが当日私が帽子を忘れたこ事に途中気づき、家まで引き返した事で1便に乗り遅れて他の釣り客3名で2便に乗り中堤に飛び乗った。O氏は既に竿を出しておりクーラーの横には無造作に3枚のエバが置いてあった。竿を出して1投目からアタリがあったらしく私にも直ぐに竿を出せと急かす。「そんなに釣れてれば何も焦る事は無いよ」竿を振るO氏を尻目に私は朝食のパンを頬張る。ところがO氏の竿がそれ以降曲がらなくなったのだ。
エバは回遊性の魚なのでその内回ってくるだろうとゆっくり仕掛けを作って元気の良いモエビを針に付けて期待の1投。潮は良い具合に沖に流れて行くが一向に釣れる気配が無い。O氏に誘いを入れてみればと指導されて仕掛けを張ったり緩めたりしているとウキがジワーッと入っていった。軽く合わすと強力な〆込みが私の愛竿を襲ってきた。これがエバの引きかと竿の曲がりを楽しんでいるが一向に弱まる気配が無い。
これは良型のエバと確信した私は防波堤の最前列まで行き、やり取りを始めるが青物の割には横に走らず真下に突っ込んで来た。足元だと瀬切れの心配は無いので思い切り竿を引っ張ると最初の抵抗も無くなりすんなりと魚が浮いて来た。
魚が海面を割ってビックリ!、何とシブダイの一種クロテンだ。型は25cm位だがナイスファイトを見せたので丁重に海に帰してやった。
そろそろ地合か!とO氏に声を掛けて再び竿を振るがそれ以降O氏にすスズキが釣れたのみで、暑さのせいで活き餌のモエビが弱り始めたのと我々の気力も弱り始めたのでO氏が渡船に迎えの電話を入れ、大粒の汗をかきながら船着けまで道具を運ぶ我々だった。
  1. 2008/09/07(日) 11:26:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

鬼瓦松元

Author:鬼瓦松元
南九州を中心に縦横無尽に釣りを楽しんでます。
メインは磯釣りですがサーフ、ショアジギング、渚、堤防,イカ、ウナギ等旬の魚を追っかけてます。
年間釣行回数60回

当ブログは、独断と偏見で適当にUPしております。
誤字、濁点の間違い、文章の幼稚さ等プロのブロガーではありませんのでご了承下さい。
またトーナメントでの釣り等そのような内容を期待している方は申し訳ありません。
旬の魚を釣って食す・・・これが基本テーマとなっております。


都城シブ研
都城サーフ
九州真ぐれ会宮崎
宮崎飛翔会
都城メイタ会
都城ヤエン会
都城背負子アングラーズ
都城オイカワの会

最新記事

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ご訪問有難う御座います

7.8オンライン

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1535位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
185位
アクセスランキングを見る>>

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア