FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

志布志沖防2番


前回の釣りで太刀魚のアタリに翻弄された私はその後岩壁を訪れたが人の多さに閉口して今回は志布志沖防へ向かった。渡船が渡したのは沖防2番で中堤が目の前に見る所だ。適当な所に志布志市の釣人と構え、私は太刀魚で彼はコロダイを狙うとの事だ。
仕掛けを作っている間に日は暮れて志布志湾の明りが増して頃期待の第一投だ。遠近投できるLFサーベル5号がどちらに流れるか興味のあるところだが何とどちらにも動く気配が無く、ただ1点を照らしているだけなのだ。当然太刀魚も回遊などして来なく、時計の針を見ると既に11時を過ぎてしまった。そこでウキ下を深めにして誘いを掛けながら竿を出していると何とか潮が動き出し待望のアタリが来た。前回の反省もあり早合わせは禁物と分かっているのだがついつい合わせてしまって無残に食いちぎられたキビナゴが上がって来た。気を取り直して再度遠投しアタリを待つ事数分、ウキが潜水を始めたのだ。今度は慎重にと構えていると何とウキが浮いて来た。ガックリ来ていると再度ウキが入って行き今度はLFサーベルの明りが海底深く入って私の視界から消え去って行ったのだ。ここぞとばかり大合わせを入れると重重しい引きが愛竿を伝わって来た。バレナイ事を願いながら足元まで寄せて一気に振り上げるとキラキラ光る美しい太刀魚の光がキャップランプの光に照らし出された。何とか一匹釣った安ど感と群れていると思われる太刀魚を釣らなければと慌ててしまい仕掛けをグチャグチャにしてしまった。大急ぎでキンリュウの勝負チヌ3号で作った自作の仕掛けをセットして再び仕掛けを入れると又もやウキがもじもじしてゆっくりと入って行った。今度のアタリは仕掛けにセットしてあるケミホタル太刀魚が横に動いて行くので反対方向に合わすと難なくハリ掛かりした。1匹釣った余裕から難なく振り上げたのは先程と同型で指4本の良型だ。これに調子に乗った私は明け方まで賢い太刀魚に四苦八苦しながら何とか4本ゲットしたが全てのアタリを釣り上げていれば確実に20本以上はクーラーに収まった筈だがそれは次回の楽しみとしてやや肌寒くなった秋の気配を感じながら迎えに来た渡船に飛び乗った。