鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

幸島無名瀬


釣り納めは都井岬に行こうと計画したが普段の行いが悪い為か時化で中止となった。その時室丸の話では「大渡さんからも電話があったど」と聞いたので電話すると明日幸島に行こうかと話がまとまった。今回は時間が変則で朝9時に都城のフィッシングながともに集合して幸島の渡船マリンブルーに出港を11時にお願いしたとの事だ。納竿は日が暮れる午後5時半位なので短時間の釣りとなるが睡眠不足も無く元気いっぱい釣りが出来るから楽チンだ。
平日とは言えクロ釣りシーズン真っ盛りなのでA級磯は空いておらず、地磯に近い所に乗せてもらった。大急ぎで準備をして竿を出すがサッパリ釣れなくエサ盗りさえ居ないのだ。海中を覗き込むと海水の色が悪く雰囲気としては×だ。夕方がメインなのでマキエを利かす積りで2人してバンバン打っていると大渡さんの竿が大きく曲がり500gのクロをゲット。ウキ下を聞くと2ヒロ弱との事で私も釣研のT-ACE-G2を2ヒロにして流していると大渡さんの竿が大きく曲がり更に穂先が海面に突き刺さったのだ。そして一気に沖に足り出して「プッツン」正しくキブダイのアタリで切られた道糸がヒラヒラト風に泳いでいた。偏光グラスで覗くと数匹のキブダイが泳いでおりエサを食わない様にと願いながら仕掛けを落とすとウキが「スッ」とアタリを捉えた。これは正しくクロの引きで引きを楽しみながら振り上げたのは400gと言ったところか。
先ずは1匹釣ってさ〜これからだと気合いを入れるが釣れるのはキブダイ、フグ、バリ等で夕闇が迫って来てもクロの気配が無く、更にエサさえ盗られなくなったのだ。
残り30分、潮に揉まれていたウキがゆっくりと沈んで行った。先程までウキが潮に揉まれて何回も入ったが何れも魚のアタリでは無かったのでそのままにしていると微かに斜め横に引っ張られたような気がして軽く穂先を引いてみるとまさかの生体反応が返って来た。ここぞとばかり合わせを入れると竿に乗り足元の「がま」に突っ込んで来た。沖に出ないところを見るとクロと判断して最後のチャンスとばかりに慎重にやり取りして何とか浮かす事に成功してゆっくりとタモを入れて磯上に横たえる事が出来た。型は40前後だが刺身サイズが釣れて思わず自己満足のガッツポーズが飛び出し更なる1匹をと竿を振るが無情にも幸島方面から渡船マリンブルーの船影が見えてこれにて納竿となった。
スポンサーサイト
  1. 2008/12/23(火) 18:12:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

避難港飽きもせずイカ釣り


今回は仕事を終えてからの竿出しなのでアジゴを5匹買い求め避難港へ急ぐ。
最初の避難港には知り合いが竿を出していたが3名が竿を出しているので挨拶だけして次の釣場へ行くと誰も竿を出していない。右端にヤエン用の竿を2本セットしてアジを投げ込み中央付近でアジゴの餌釣りをする。
エギの若者が来て話をしているといきなりヤエン用のリールドラッグが鳴いた。
携帯の時間を確認してそれから10分間待ち、そーっと竿を持ち上げるとイカの「グッグッ」と言う引きが伝わって来た。そーっと道糸を引き寄せてヤエンを道糸に通すが老眼で思うように通らない。そこでポケットからシニアグラスを取り出し何とかセット。イカが掛かりますようにと祈る思いで手を離すとヤエンは海中目がけて入水して行った。竿を高く上げてヤエンが入りやすいようにすると竿を引っ張るような感触が伝わって来た。そこで軽く合わし、リールを慎重に巻くと外灯の明りに墨を逆噴射しながらイカが海面を割って出てきた。隣の若者がタモを用意してくれて一発で掬ってくれた。型からして600gと言うところだが一番美味しいサイズだ。
〆てクーラーに入れ、次を狙うべくアジゴを刺して放り込む。
残りのアジも3匹となったので中央で遠投を繰り返すとボチボチアジが食い出したが型が良すぎてイカのエサにならないのだ。ところがそれ以降イカの方もアタルのは小型のみでヤエンを落としても直ぐに離してしまい結局午後10時、寒さも増して来たので帰る事とした。あ〜楽しかった。
  1. 2008/12/18(木) 18:47:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

真ぐれ会鹿児島忘年釣大会


佐多岬 大平瀬奥
正しく渡りに船とはこう言う事を言うのだろうと宮崎支部の徳満支部長に二つ返事で参加を申し込む。都城からの参加メンバーは8名で、その内底物が2名だ。
大会前日、行きつけの都城市のフィッシングながともでエサ等を買い込むが、スタッフの永井君にレジを頼んで今まで魚が釣れた事が無いので今回は大会でもあり、何とか商品をゲットしないといけないとの思いで他のスタッフにレジを頼む事とした。今回は知り合いに「魚何匹いる?2桁は厳しいかもしれないけどオイの実力からしてそれに近い数字は確実だよ。楽しみに待っていてね」なんて大ハッタリをかましおり、集魚剤もつり万の全層グレ遠投とワンポイントグレさらに遠投パン粉を買い込んだものだから何時もと違う量に「2日分ですか?」と永井君に言われる始末だ。
当日、午前4時前に間泊港に到着すると既に鹿児島勢は集合しており我々も急いで申込をする。会費を払い渡船の順番のくじを引くと何と19番。と言う事は船の定員からして2便となり良い瀬は厳しい状況となった・・・ところがこの19番が後々幸運を呼ぶラッキーナンバーとなったのだ。
今大会の担当者である吉満さんから大会説明があり、一匹長寸で決定する事と大会終了時に抽選で伊勢海老が当たるとの発表があった。魚が釣れないのはしょうが無いにしろ伊勢海老を持って帰りたいなと1便を送りだしながら残った釣人で話していると1時間位して渡船が帰って来た。急いで釣具を積み込み外海に出ると意外と時化ており1便で渡った仲間達は高い瀬に乗っているのがキャップランプの明かりで確認できる。
2便の一番手は私と松田さんで大きな瀬に飛び乗った。常連の松田さんに聞くとここは大平瀬の奥と言うとこらしく沖にある沈み瀬の中間を狙うと良いらしい。早速準備に取り掛かるがお腹も空いて来たので朝食用のパンをかじりながら松田さんの仕掛けをチェックすると半遊動でウキ下は約2ヒロ位取っているみたいだ。それでは私もと最近もっとも気に入っている釣研のT-ACE-s-G2をセットしてウキ下2ヒロ半として遊動部分を30cmで先ずはトライだ。足元に数杯のマキエを入れるが魚の反応が無いので竿1本位先にマキエを集中して先ずは第1投。右からのサラシ両サイドから吹く風に釣りにくいが穂先を海中に沈めるとウキにも影響が出ず、良い具合に潮に乗って流れて行くが・・・。何と潮は左から右、即ち私から松田さんを経由して地磯で竿を出している釣人の方に流れて行くではないか。どうしてかって?その答えは1時間後に出た。地磯の方にマキエが効いて釣人の竿が大きく曲がったのだ。良型なのかタモで掬っているが遠目で見ても良型と分かる。悔しいのでマキエを少なめにしようかとも考えたが「その内潮が変わるよ」と言う松田さんの言葉を信じてジッと我慢の子の私だった。
松田さんの話では潮が正面に出る時がベストらしく、今か今かと待っていると幾分潮が引き始めた頃から正面にある日向瀬方向に流れだしたのだ。足元に多めにマキエを入れて竿2本先に遠投、更にウキの頭にマキエを被すと言う正しく典型的なマキエワークで流しているとT-ACE-s-G2がいきなり視界から消えて行った。軽く合わすと魚は足元に突っ込んで来たが釣技1.25号の敵では無く竿を立てているだけで浮いて来たのでタモで掬い先ずは1匹ゲット。型は30オーバーで何とか検量に出す魚が釣れて嬉しいのだがこのサイズでは優勝どころか入賞も厳しいので更なる大物をと先程のヒットポイントに振り込むと又もやウキが入った。今度の獲物も先程と同型だが1匹釣った余裕からか難なく締め込みをあしらい、岩場に横たえる事が出来た。松田さんにこちらで竿を出すように勧めるが遠慮して来てくれない。それではと遠慮なく竿を出しているとそれ以降3枚クロをゲットする事が出来た。こうなると昼からが面白いかもと早目の昼食を取り、後半戦のマキエを作って竿を出すが先程のポイントでは全く魚の反応が無くなってしまった。松田さんも同様で「さっぱり釣れんごとなったからワンドの方に行くよ」と言って裏側に行ってしまった。そこで私は足元にマキエを集中してウキ下を3ヒロ位に移動して足元ギリギリに落とし仕掛けが沖に出ない様に張り気味にしているといきなりウキが入り竿ごと持って行かれそうになった。体制を立て直し何とか走りを止めたがそれでも半端の引きではない。沖に行くと沈み瀬があるので絞めこみを耐えに耐えていると何とかリールが巻けるようになり主導権を取ったと思った瞬間、「フッ」と穂先が軽くなった。バラシである。ハリスを結び直して再度瀬際に入れると又もや強力なアタリが来た。今度は余裕から焦らずにやり取りして何とか足元まで寄せるとカラフルな魚が浮いて来た。何と魚は大型のキブダイでガックリ。ヒィヒィ言いながらタモで掬い反対側に放流するが引きが半端じゃなかったので暫らく休憩して再度仕掛けを入れると又もや強力な引きが・・・。疲労困憊でやる気を無くしこれにて納竿とする。迎えの船に乗り港に着くと結構良型が釣れており私のクロは全体の10位だったが期待していた伊勢海老の抽選会で19番が一番に呼ばれて大きな伊勢海老を戴く事となった。
終わり良ければ全て良し、ルンルン気分で仲間達と都城向けて帰路に着いた。
  1. 2008/12/14(日) 18:17:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

避難港の赤い糸


バッグから取り出した小型のヤエンを一気に落とした。竿を高く上げて道糸とヤエンの角度を調整しながらヤエンがイカに達して反応があるのを待っていると竿に「グッ」と来たのだ。ヤエンがハリ掛かりしている事を願って慎重にリールを巻くと海面に墨を吐きながらイカが見えて来たのだ。夜なので型は分からないがタモの届くところまでイカを寄せて周りのギャラリー視線を背中に受けてタモを差し出すと何とイカは「ハイさようなら〜」と墨を吐きながら私に別れを告げて海中深く消え去って行ったのだ。天を仰ぐ私と釣れなくてホッとしたギャラリー、だが釣りは始まったばかりなのだ。
さかのぼる事3時間前、午前中の仕事を終えて海潟港に到着した。前回、アジゴが釣れたので今回もここでエサを調達してイカ狙いに行く予定だ。ところが何回仕掛けを打ち返しても釣れるのはキンギョ(念仏ダイ)のみでやっとのことで1匹アジが釣れた頃は夕闇が迫っていた。こうなれば避難港で釣るしかないと近くの釣り具店で半ボイルのエサを買って避難港へ急ぐ。お気に入りの釣場は満員御礼だったので次の港に行くと泳がせ釣りと若者のエギングのみだ。皆さんに挨拶して右角に虎の子のアジゴをセットして投げ込み中央付近でエサの調達に取り掛かる。
明るい内は全く反応が無かったが日が暮れてからは対象外(大きなアジ)が釣れ出したが時々小型のアジゴが釣れるので即座にハリに刺して投げ込む。
その時アタリがあったのだ。
「あばよ!」と逃げて行ったイカだが暫くは離したイカを探すらしいので再度脳天を食われたアジゴを放り込むと「ピンポーン」でイカが食いついて来たのだ。
その様子を見ていたエギングの兄ちゃんに「如何しましょうか?」とオヤジギャグを飛ばしながら再度ヤエンを落とすと今度はガッチリハリ掛かりしたみたいで慎重にリールを巻いてゲット!。型は小さいがイカの習性を読んでの釣果なので嬉しい。〆てクーラーに入れて次を狙うがその後は3回程アタリがあったもののイカさんとの赤い糸は切れてしまい縁無く今回も1杯のイカとなった。
  1. 2008/12/12(金) 10:34:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

桜島避難港12月の雨


午前中仕事を終え今日も某港に向った。天気は曇りで北東の風が吹くと予想しての決断だったが錦江湾に入ると北西の強風が雨交じりで猛烈に吹いているではないか。それでも桜島の対岸なので何とかなるのではと先を急いで無事到着。ところが強風の為に誰一人竿を出していないのだ。せっかく来たのだからと先日アジゴを釣った湾内に寒さこらえてサビキ仕掛けを落とすがエサ盗りのキンギョさえ食って来ない。そこで反対側にも行ってみたけどここもダメ。暫く車内で暖をとり再び竿を出すとキンギョの入れ食いとなった。魚の活性が上がったかなと思い、再び先日のポイントで竿を振るとまさかのアジゴが食って来た。それ以降はアジゴ1に対してキンギョ10の割合で食い出し4時までには20匹のアジゴが活かしバッカンに入ったのだ。これだけあれば十分と冷え切った体に鞭打って避難港へ行くと6番は満員御礼で5番にて竿を出す。こんな日に良く釣りをするものだと自分の事は棚に上げて皆さんに関心する。
岸壁の中央で竿を出している中の良さそうな老夫婦に挨拶をして右端で竿を出してイカのアタリを待つが夜の帳が降りるまでは何の反応もなく時間だけが過ぎ去って行った。午後7時過ぎ、リールのドラッグがけたたましく鳴った。本日最初のアタリだ。十分食わすために約10分程待つがその長い事。ようやく時間がきてヤエンを落とすと「グッ」と反応があり、軽い〆こみが来たが小型のイカみたいなので軽く交わして無事タモ入れ成功。さ〜これからが本番よと気合を入れて竿の反応を見るがイカの型が小さいのか食いついて引っ張ってくれず、道糸が緩んだのを調整する為に竿を持った時アタリが分かる程度で結局、イカがアジを食いついたのは10回位あったのだが釣れたのは最初の1杯で午後9時寒さも増して来たので避難港を後にした。12月の雨は何と冷たいのでしょうか。
  1. 2008/12/05(金) 09:20:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜島避難港


今シーズン初のイカ釣りに行こうと仕事を早めに終わらせて午後より桜島に向かった。午後2時、某港について早速イカのエサになるアジゴを釣り始めるが1匹も釣れず30cmオーバーのサバが時々竿を曲げる程度だ。やがて時計の針は5時を過ぎ夕暮れ迫る桜島は夜の準備を始めた。このままでは今日のイカ釣りはエサが無いから厳しいかなと最後の1投を投げようとした時に後ろから「釣れますか?」と声を掛けられた。「イカ釣りのアジゴを釣りに来たのですがサバばかり釣れてアジゴが釣れません。そろそろ帰ろうかと思ってます」と話したら「さっきまで近くの爺さんが港の中でアジゴを20匹位釣って帰って行きましたよ」と驚きの事を言われた。話半分に聞いてサビキ仕掛けを反対側の港の中に落とすとまさかのまさか、アジゴが2匹付いて来たのだ。急いで活かしバッカンをトランクから出してアジゴを活かし次を狙うとキンギョと交互にアジゴが釣れるではないか。結局日が暮れるまで20匹のアジゴを釣りイカの釣場である避難港へと向かう。
以前、釣った避難港へ行くと知り合いの釣り人がいた。釣況を聞くとまだ釣れて無いとの事だ。私は反対側の釣座に竿を2本置き、アジゴの尻尾にハリを刺して竿3本先に投げ入れる。勢い良く泳ぐアジの引きが穂先を通じて断続的に伝わって来るがもう1本を用意している時、リールのドラッグの悲鳴が聞こえた。
ただここで慌ててはならない。気にはなるのだがゆっくりもう一本の竿を用意してアジを付けて投げ込み、ここでアタリのあった竿をゆっくりと上げてみると「グッグッ」生体反応が伝わって来た。これはイカに間違い無しと判断した私は車のトランクよりヤエンを取り出し、静かに道糸に通して海中に沈める。ヤエンを送り込む為に静かに竿を立ててリールを巻くと竿に「ガツン」衝撃が走った。ヤエンの針がイカに刺さったサインなのでゆっくりとリールを巻くと外灯に小型ながらアオリイカ(水イカ)が写りだされた。小型のイカなのでタモを使わず、振り上げると墨を吐きながら岸壁の上に横たわった。小ぶりのイカだが食べるのには柔らかく丁度良いサイズなので〆てクーラーの入れる。
その後、あたりは有るもののヤエンが掛からなかったりハリが外れたりで1杯追加したのみで明日の仕事もあるので午後10時納竿とした。
  1. 2008/12/03(水) 20:57:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

鬼瓦松元

Author:鬼瓦松元
南九州を中心に縦横無尽に釣りを楽しんでます。
メインは磯釣りですがサーフ、ショアジギング、渚、堤防,イカ、ウナギ等旬の魚を追っかけてます。
年間釣行回数60回

当ブログは、独断と偏見で適当にUPしております。
誤字、濁点の間違い、文章の幼稚さ等プロのブロガーではありませんのでご了承下さい。
またトーナメントでの釣り等そのような内容を期待している方は申し訳ありません。
旬の魚を釣って食す・・・これが基本テーマとなっております。


都城シブ研
都城サーフ
九州真ぐれ会宮崎
宮崎飛翔会
都城メイタ会
都城ヤエン会
都城背負子アングラーズ
都城オイカワの会

最新記事

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ご訪問有難う御座います

7.8オンライン

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
687位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
97位
アクセスランキングを見る>>

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア