FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

福島港のキス釣り


今回も福島港に来ている。前回天ぷらで食べたキスが美味しかったものだからとKさんと2人での釣りとなった。Kさんは初心者なので私の古い投げ竿を貸して私は今回も超遠投で狙う。ところが20m位しか遠投できないKさんだが沖の掛け上がり周辺を攻めているので何と1匹目を釣り上げた。「マグレマグレ」と鼻で笑ってたが2匹目もゲット。「どの辺で釣れた?」と聞いて私も投げるが中々釣れない。Kさんの釣り方をこっそり横目で見学すると私の教え?通りゆっくりと引いて来て、掛けあがり周辺で止めてアタリを待っているのだ。成る程と反省して私も初心に戻って慎重に引いて来ると「ブルン」とキス特有のアタリが竿に伝わって来た。これこれとゆっくりリールを巻くと本日1匹目のキスが砂浜に姿を現わした。
要領が分かればこっちのものだが今日のキスは中々手強くて昼食を挟んで午後4時まで頑張ったが2人して18匹のキスしか釣れなかったが1日に遊べたのでこれで良しとして福島港を後にした。
因みに今日のキスはバーベキューで食べました。

管理人恵太より


雨の日は外に出れなくて家の中でグダグダしてます。
明日の天気はどうなのでしょうか?

串間市福島港のサーフ

日曜日の夕方から夜釣りに行く予定だったが同行者の何時ものキャンセルと強風の為に止む無く中止とした。
翌月曜日は休みで、釣り以外何も思い出す事は無いのでF・ながともでゴカイを買い求め一路福島港を目指す。
現地着が午前11時。急いで砂場まで歩き餌のゴカイを付けて第一投。
PEの1号ラインなので良く飛ぶが今のは70mラインなので二投目はオモリ(23号)を砂に落として円を描く様に体を反回転させて投げると100mラインまで飛んで行った。そこから仕掛けをさびいて来ると穂先に「ブルンブルン」と体感ショック。大した抵抗は無いのだがばれない様にリールを巻いて来ると何と鮮やかなパールピンクのシロギスが波打ち際に姿を現した。急いでクーラーに入れて又もや大遠投。数等目にアタリが有り、これまたシロギスをゲットした。今日は調子が良いぞと遠投を繰り返していると近くで竿を出していた釣人が30m位投げて入れ食いとなった。
良く見ると海底の駆け上がり周辺でアタリが有るらしく、私も軽く投げて穂先に重さを感じるあたりで仕掛けを止めているとアタリが俊敏にあるのだ。ただ小型のキスなのかハリ外れも多い。そこで沖に遠投では無く海岸とやや平行に投げて駆け上がり周辺をやや早めに仕掛けを引いて来ると良型が食って来だした。
昼食を終えて再び竿を手に持った頃から北東の突風が吹き出し、海岸は砂嵐の状態となった。
アタリも取りにくくなったので志布志湾に移動するもアタリがあったのは22cmクラスのキスが1匹のみで残ったゴカイを海に帰して帰路に着いた。
福島港の砂浜

食いが良い時はトリプルで釣れます。

お昼ごはん

沖に遠投してさびいてきます。

投げ専用リールでPEの1号を巻いています。

釣果です。小型は全てリリースしました。

ホタルの里 出の山公園

私の出身地である小林市の出の山公園はホタルの里として近年脚光を浴びてます。
そこで野暮用のついでに覗いてみました。
新聞等の予想では乱舞?と書いてありましたが到着した午後7時過ぎはまだ明るくホタルの気配さえありません。案内に従って車を止めて遊歩道を降りて行きました


ホントにここで良いものかと不安になりましたが子供達も集まって来たので一安心です。日が暮れるのを待つとしますか。

やがて日が暮れて用水路の近くでホタルの光が見えますが期待した乱舞とまではいきません。

係りの人に聞いたら今日は風が強いので乱舞は厳しいかも・・・との事でした。

管理人対芝刈り機


今年最初の芝刈りです。
管理人恵太は大騒ぎです。

巨大クレーター出没?


管理人の恵太です。
クレーターとウ○チの犯人は僕です。

立目崎の夜釣り


アジ釣りも飽きてきたのでそろそろ磯の夜釣りに行こうとO君と船間を計画するが遥か南海上にある台風の影響で中止になる。それではと大隅半島の西岸にある立目崎に電話するとOKとの事だ。
夕方尾波瀬港に着くと夜釣りの釣人が我々含めて10名おり、午後5時皆さんの期待を乗せて出港となる。希望としては沖の瀬方面に乗りたかったが他船が乗せているらしく私とO君は鵜の瀬に飛び乗った。O君は干潮を利用して真中の瀬に移動したが私は潮通しの良い鵜の瀬の鼻で頑張るがウキを引き込むようなアタリが無い。一方O君はイサキと夜グロを釣っており、移動を進めてくれるが頑固にも鼻で頑張っているとO氏がイサキが3枚来たからこっちに来たらと再度呼んでくれる。
余りにものアタリの無さに痺れを切らした私は釣り具一式持って中に移動する。大体の説明を聞いてウキ下竿2本で流しているとウキが勢い良く消し込まれた。これはイサキと確信してばらさない様にゆっくりリールを巻いて600gサイズを振り上げる。ただ入れ食いとは行かず、ぼちぼちアタルのみで納竿まで一睡もしないで頑張った結果O君と合わして15匹のイサキがクーラーに収まった。
他のところも食いが悪く、ボーズも数組いた。船頭の話ではは水温がやや低いのが原因ではとの事だった。5月中旬辺りから本番かな。
画像は夕マズめに水イカをゲットしたO君。(その後1パイ追加しましたので私が頂きました)

錦江湾のアジ釣り


連休何もする事無いので当然足は釣場へと向かうのである。
今回もアジをメインに狙うとしてマグレでチヌが釣れないかなとかすかな期待を持って錦江湾へと車を走らせる。
前回、夕マズ目にアタリが集中したので今回は早めに現場到着とする。浜に降りてみると釣り人は5人居るが、その内の3人は知り合いのF君達で私と入れ替わりで帰って行った。前回釣れたポイントで準備をしているとこれまた知り合いのHさんとNさんがやって来た。これで賑やかに釣りが出来ると早速竿を出すが今回は中々食って来ず、ケミホタルの光が鮮やかに海面を照らし始めた頃に最初のアタリが来た。
確りウキが消し込んだのを確認して合わすがハリが掛かりしない。2回目のアタリではウキが入った瞬間に合わすけどダメ。そんな事が数回続き頭がパニック状態となった時に竿引きのアタリがありこれは難なく取り込めた。それ以降は飽きない程度にアタリが有り楽しませてくれるが横で竿を出しているHさんに全くアタリが無く、仕掛けの絡みが非常に多いのだ。仕掛けを見せてもらうとウキはケミホタルが2本させるタイプで私が離島でよく使うウキに似ている(メーカーが違います)そこで一式仕掛けをチェンジしてウキは釣研のナイトハンターにすると何とかアタリだしホット胸をなでおろす。クーラーの中には30匹位アジが納まったので私はこれで十分と残ったマキエを2人に差し上げ釣場を後にした。

錦江湾のアジ釣り


月末の仕事を大急ぎで済ませて釣り場に着いたのは午後6時30分。夕闇迫る桜島を見ながら釣りの準備を済ませ早目の夕食をとる。ケミホタルの明かりが確認出来る様になってから第1投。何とまさかのアタリでウキが入って行った。大慌てで合わすが魚の反応無し。2投目も同様なアタリが有り、やっとの事で3投目で28cmのアジをゲット。それ以降飽きる事無くアタリが有り、3時間で30匹のアジがクーラーに収まったので翌日の仕事も考慮して早めに釣座を後にした。