FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

都井岬荒崎の夜釣り


梅雨が来る前に何とか雑誌のネタをと前日良型が釣れた都井岬へ向かう。
最初はイサキ狙いで船間、シブ狙いで大島と検討したが大島へ行ってもシブのポイントは乗れる保証は無いので1匹でも釣れたら恩の字と思い都井岬へ決定したのだ。今日の夜釣り客は4名で私は0番の手前に飛び乗る。足元は浅いのでカゴ遠投とするが中々アタリが出ず、時計の針は午後11時を指している。今日は厳しいかなと思っている時にウキが「スッ」と沈み横走りして行った。大合わせを入れると衝撃が竿に来たが抵抗したのは最初だけで後は難なく振り上げたのは800gの良型イサキだ。やれやれと言いながらボーズを逃れた安堵感と嬉しさで魚をクーラーに入れて代わりにビールを取り出し「乾杯!」。おっとそんなにゆっくりしている時では無いのだ、次を狙うべく遠投を繰り返すがウキに何の変化も表れないのだ。ただエサが残りだしたのでキビナゴを針に付けて流しているとウキが少し入って浮いて来たのだ。仕掛けを上げてみるとキビナゴが半分千切られているではないか。これはシブと確信した私はキビナゴの目に針を通して針を1回転させてキビナゴの尻尾付近に針を刺してみたのだ。期待を乗せた仕掛けは夜空の流星みたいに飛んで行き、ポイントらしき所に着水した。ゆっくりと流れて行き中央付近に来た時に釣研のウキが音を立てる様に暗黒の海に消えて行った。竿受けから竿を外して思い切り合わすと竿に乗りぐんぐん〆こんで行く。ここで弱気になったらすぐに瀬に張り付くので負けてたまるかと私もリールを巻くが魚の方が一瞬早く瀬に付いてしまった。
でもここで諦めてはいけない。シブダイの習性からして道糸を張らずに待っていると必ず出て来るのでその時を待っていると穂先がもぞもぞした瞬間魚が沖に向かって走りだした。瀬から離れたらこっちのもの。渾身の力を込めて引っ張ると魚は頭をこっちに向けたのかそれ以上抵抗する事無く私の足元に横たわる事となった。してやったりで念願のシブに感謝の意味を込めてガッツポーズ。
釣り方は分かったので次のシブを狙うが現実はそう甘くは無く明け方まで狂った様に竿を振り続けたがそれ以降は全く反応が無くイサキ1シブ1の釣果で室丸に飛び乗った。