FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

都井岬荒崎ヤカタのハナレ


お盆に仕事をしたので自分にご褒美と都合の良いように考え今回も都井岬の磯に立っている。船頭はキチガタニを勧めるが断ってヤカタのハナレに飛び乗った。
潮は良い具合に流れており「今夜は大漁かもよ」と独り言を言いながら釣りを開始すると日が暮れない内にウキが入った。エサ盗りかなと軽く合わすと中々の手応えで思わず力が入る。手前に寄せて魚を確認すると何と本命のシブダイだ。型は500g
程度だが早い時間に釣れると余裕が出て来るので日が暮れると・・・入れ食い?なんて考えていたら何と夜明けまでエサ盗りとの戦いでアラカブを1匹追加したのみで納竿となった。残念

都井岬荒崎7番

仕事が早めに終わり翌日はお休み。お休みと言ってもする事無し。と言う事は釣りに行くしか無いでしょうと都井岬の室丸に電話するとOKとの事。海は今のところ凪らしくルンルン気分でエサを買って都井岬へ向かった。途中、車窓から志布志湾を除くと波が有る、とい事は低い瀬はダメかもと、でも何とかなるだろうと港に着くと知り合いの安田さん達が待機している。釣り談義に花を咲かせていると船頭が来て思わぬ事を言いだした。「時化て乗るところは無いかも知れない。行くだけ行ってみようか」・・・。青ざめる私達だが港を出ると確かにウネリがあり船底を叩き出した。かなり志布志湾まで走り、私は荒崎7番、安田さん達はビンダレに向かった。何とか竿を出せる安堵感でホットしたがここ7番はタタミ一畳しか足場が無く釣り具を置いたら足場が無いくらいだ。何とか竿ケースを吊るしたりバッグを固定したりで汗だくになりながら何とか釣りができる環境へとなった。
志布志港の外灯が確認出来だしたころ第一投。潮はゆっくり手前に寄せて来る最悪の状態。余り手前まで流すと根掛かりするので早目の回収となった。そんな状態が夜の帳が下りる頃まで続いたが潮が引きだした頃から右流れに変わった。
正面にある沈み瀬手前を中心に攻めているとユラユラ揺れていたウキが一気に消し込まれた。大合わせを入れるとガッチリハリ掛かりしたのか獲物はグイグイ竿を引っ張って行く。大物のフエフキダイで無い事を願いながら(大物だと引っ張られて海に転落する恐れがあり、道糸が切れると後ろに転落する事がある)やり取りすると意外とすんなり寄って来て私の差し出すタモに納まった。型は1.5kgのフエフキダイだ。〆てクーラーに入れ次を狙うと数等目に又もや同型にフエフキダイゲット。フエフキダイも2匹あれば結構とウキ下をやや深くして竿2本位先の深場を攻めていると明らかにシブダイと思われるアタリが来た。根に入らない様に大慌てでリールを巻くが間一髪魚が根に付いた。シブダイの習性からして暫くすると根から出て来るので道糸を緩めて待っていると「グッグッ」生体反応が伝わって来た。「今だ!」と自分に気合を入れて気が狂ったみたいにリールを巻くと魚は私の迫力に負けたのか無事タモに入れる事が出来た。
更なる1匹を求めて先程のポイントを集中的に攻めるがその後2kgクラスのへダイが竿を曲げたのみで今回の夜釣りは終わった。
釣果

荒崎7番の釣座。白いバッカンの後ろに座って釣ります。