鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

横浜に行きました


孫が鉄道ファンなので埼玉県さいたま市にある鉄道博物館へ行ってきました。
模型かと思いきや全て本物です。
スポンサーサイト
  1. 2009/10/29(木) 09:52:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

焚火秘話


オヤジ、マジ煙テーよ。
  1. 2009/10/23(金) 22:07:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋の一日・・・管理人恵太


秋ですね。枯葉が沢山落ちてきます。
一応庭の管理人ですので庭掃きが大変です。
ごみ袋に入れるのは情緒がないので庭で焼いてます。
ゆっくり過ぎて行く秋です。
  1. 2009/10/22(木) 10:01:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今回も桜島避難港

仕事を午後4時過ぎに終えて桜島にダッシュをかける。アジゴ4匹(600円)とアミ(半分)を買って先ずは手前の避難港に降りてみる。平日なのか右角に1人しか竿を出して無く、断りを入れて中央に釣座を構える。すでに避難港は夜の準備に入っており外灯が点いている。大急ぎでイカ仕掛けを2本入れ沖目狙ってアジ釣り突入。隣の釣り人と話をしていると私のウキが入った。間違い無くアジで今日も入れ食いかと思いきやボチボチの状態で型が大きい(イカ釣りには15cm位がベスト)。それでも土産になるのでアジゴ釣りに集中しているとヤエン釣のリールから「ジージー」とアタリを知らせるドラッグ音が響いた。キッチン用のタイマーを10分セット。様子を見ながら10分間待ち竿をそーっと上げると「グッ」とイカの引きが伝わって来た。少し糸を送り更に3分程待って竿を上げるとイカはアジゴに集中しているみたいで引きは返って来ない。そこで慎重にリールを巻きある程度浮かしたところでヤエンを投入。道糸を伝わって一目散にイカ目掛けて行ったヤエンがイカに掛かったのかイカの〆込みが来た。ヤエンが掛かってれば逃げないはずとリールを巻くと良型のイカが海面割って登場。
ソーっとタモを入れて先ずは1パイゲット。(800g)タモに入ったイカを処理していると今度は泳がせで狙っていたウキが斜めに走りだしたのだ「アタリだ!」と竿に駆け寄りゆっくりと竿を立てるとこちらもイカが付いているではないか。軽く合わすとこれまた〆込んで来るが先程の比ではなく食べごろの400gが差し出すタモに収まった。立て続けに2杯釣れたので今夜はどうなる事かとイカ釣に集中するがそれ以降アタリはあるものの取り込めず時計の針は午後9時を指している。隣の釣り人が帰ったので右端に移動して少なくなったアジゴ狙っていると又もやアジが釣れ出し横で投げているヤエン釣りの竿にアタリが来た。先程から数回バラシているので今度は慎重に慎重にと自分に言い聞かせて約15分食わして竿を上げてみるとやや抵抗するものの次第に浮いて来た。そこでヤエン投入。だが・・・。
又もやバラシてしまったのだ。頭を食われているのでそのまま近くに居るだろうイカ目掛けて投げ込んでいるとドラッグが鳴り出した。待つ事5分、竿を上げると間違いなくイカが付いている。少し浮かして今度は小型のヤエンを落とすとバッチリ掛かったみたいで大暴れしてイカが上がって来た。タモで掬い本日3パイ目がクーラーに入った。その後もアジは釣れるのだがイカのアタリは無く、午前0時岸壁を洗い流して帰路についた。
今回の釣果

アジ(食べれる分だけ持って帰り、小型は放流)

桜島はご機嫌斜めで車のガラスは灰だらけ。(撮影・・磯風)
  1. 2009/10/22(木) 09:50:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

味噌鍋うどん&アジ南蛮

庭及び登山のネタが殆どないのでパクリ料理&良いかっこを追加しました。
昼ご飯にタクショクの弁当食べたので先日、自分で打ったうどんとアジゴを使ったアジ南蛮で夕食です。
南蛮は朝作りまして味が大夫染み込んでいて骨まで食べれました。味噌鍋うどんは鶏がらベースの味でしたがまーまーの味でした。味噌汁に入れた方がより味噌鍋うどんに近かったかも知れません。
 
味噌鍋うどん
  1. 2009/10/21(水) 20:32:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アジの南蛮漬け


イカ釣り用のアジが残ってましたので南蛮漬けを作ってみました。
アジ?いや味はまだ判りませんが確り漬けて食してみたいと思ってます。
ニンジン、ピーマンが多かったかな
  1. 2009/10/21(水) 09:57:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お好み焼き


久し振りに作ってみました。
鉄板を使いますので美味しいですよ。
  1. 2009/10/19(月) 13:50:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜島避難港


午前中事務処理を終えて野球もないし何しようかと考えた挙句、錦江湾でのアジ釣りに行く事にした。ところが準備をしていると風が非常に強い。東、北風なら良いのだが最悪の北西風。でも一度その気になったら誰も止められない、天性の我がままなのだ。前回、エサになるアジゴが釣れなくて非常に困ったので今回は錦江湾の山元釣具店で4匹購入した。気になる風だが錦江湾では吹き荒れているものの桜島に入ると特に気にする風でもなくなった。南側の避難港に降りてみると満員御礼の垂れ幕が下がっている。そこで手前の港に行くとアジのポイントでは地元の釣り人が遠投カゴで投げているのでそこに入らせて貰う事にした。
先ずは買ってきたアジゴをヤエン釣りと泳がせ釣りで2本出し、遠投カゴ仕掛けをセットしているとウキが海中深く入って行くではないか。駆け寄って竿を持ちゆっくり引いてみると重々しい引きが伝わって来た。軽く合わすとグーンと竿になって来たがその後「フッ」と軽くなったのだ。イカの習性から逃がしたエサを探す習性があるので頭を噛まれたエサをそのまま海に投げ入れて再度アタリを待つ事とする。その時ヤエンにもアタリが来た。数分間待ち、ゆっくりと竿を持ち上げるとこちらも重々しい引きだ。道糸を手繰り寄せてヤエンをセットして祈るようにイカ目掛けて発射した。ところが異変に気づいたのかイカはアジゴを離してしまい頭だけ齧られたアジゴが風に吹かれて上がって来たのだ。せっかく購入したアジゴを2匹も取られて残りは後2匹。最後の2匹を投げ入れ夜の帳が下りてからアジゴ釣りに取りかかる。
右側30m付近がポイントなのでそこに集中的に投げていると7時を過ぎたころからアジゴが釣れるようになった。太っ腹になった私は新しいアジゴをエサにしてヤエンと泳がせ釣りの二刀流にしていると泳がせ釣りのウキが入った瞬間、竿が引っ張られて行った。すぐに糸を出して体勢を整えて軽く合わすと今度はバッチリ針掛かりしたみたいでぐんぐんと引っ張って行く。なるべくイカに抵抗を与えないように引いては出し引いては出しの繰り返しで何とか足元まで寄せてタモ入れ成功。
墨をかけれる事なくイカを〆てクーラーに放り込み次のアジゴをライブウエブから取り出していると今度はヤエン釣りのリールドラッグがけたたましく鳴った。
イカに違和感を与えないように道糸を少し出してやり、タイマーを10分セット。その間にアジゴを釣っていると10分終了のタイマーが鳴り出した。手前まで寄せて近くの若者達にヤエンを入れて貰い、落とした5秒後にイカが抵抗しだした。ヤエンがイカを捕えた瞬間だ。今度も慎重に寄せて600gのイカをゲット。
その後もアタリはあるのだが外したり逃げたりで結局、2杯追加して納竿とした。
因みにアジゴは入れ食いで近くで竿を出して色々アドバイスしてくれた若者達にも大判振る舞いで何とも楽しい釣りとなった。
また行こうかな・・・
  1. 2009/10/18(日) 09:51:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

桜島避難港

2009年10月03日 | Weblog今回も避難港に来ている。
今回はチヌ、アジ、イカ狙いで車の中には5本もの竿が入っている。先ずはチヌダメ。期待したアジダメ。そこで日が暮れてから先日イカが釣れた港に行ってみると3名の釣り人が竿を出しており時々アジが釣れるとの事だ。そこで私も横で竿を出させてもらう。
1匹釣れたのでイカ釣り開始。その後アジを追加したのでヤエンで狙う。
夕方桜島が大噴火したので火山灰が降り注ぐ中11時まで頑張ったが1回ヤエンにアタリがあったのみで今回は空っぽのクーラーを持って帰る事となった。
  1. 2009/10/03(土) 16:10:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

桜島避難港


今回はイカ狙いで桜島を訪れた。先ずはイカ釣りのエサになるアジゴだが高水温の為か何処の港でも釣れず、日が暮れて何とか1匹ゲット。その貴重なアジでヤエン釣りを開始する。更にハタンポが釣れたので期待薄だがハタンポに針を刺して泳がせ釣りも始める。次なるエサを狙って遠投を繰り返していると泳がせ釣りのウキが入った。ゆっくり竿をあおると重たい。これはイカが抱きついていると判断して軽く合わすと「ズシッ」と愛竿にイカの重みが伝わって来た。慎重にリールを巻き一気にぶり上げると何と途中で落ちてしまったのだ。だがイカの習性からして逃がしたエサを必ず探しているので半分食われたハタンポを再度振り込むと又もやウキが入って行った。今度は慎重にタモ入れして1パイゲット。型は500gの食べごろサイズだ。更に小型を1パイ追加してイカを処理しているとヤエン釣りのリールドラッグがけたたましく鳴きだした。車からタイマーを取り出し10分にセット。そのタイマーが時間を知らせたところでヤエン用の竿をそーっと引っ張るとイカがエサを離すまいと引いてくる。慎重にヤエンを道糸に通して竿を高く上げると勢い良くヤエンがイカ目掛けて突進して行った。道糸を張っているとヤエンがイカを引っ掛けたのかイカからの反応が返って来た。慎重に慎重に自分に言い聞かせながらイカを浮かしてキャップランプの明かりを頼りにタモ入れして岸壁に上げると中に入っている筈のイカが居ない。タモの中は墨で真っ黒なのだが・・・?
冷静に考えるとイカはヤエンに足だけ引っ掛かっており足だけをタモに入れて持ち上げたみたいだ。残念。更にその後もヤエンに1回アタリがあったが頭だけかじられたのみでヤエンを落とすまでにはならなかった
  1. 2009/10/01(木) 16:07:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

鬼瓦松元

Author:鬼瓦松元
南九州を中心に縦横無尽に釣りを楽しんでます。
メインは磯釣りですがサーフ、ショアジギング、渚、堤防,イカ、ウナギ等旬の魚を追っかけてます。
年間釣行回数60回

当ブログは、独断と偏見で適当にUPしております。
誤字、濁点の間違い、文章の幼稚さ等プロのブロガーではありませんのでご了承下さい。
またトーナメントでの釣り等そのような内容を期待している方は申し訳ありません。
旬の魚を釣って食す・・・これが基本テーマとなっております。


都城シブ研
都城サーフ
九州真ぐれ会宮崎
宮崎飛翔会
都城メイタ会
都城ヤエン会
都城背負子アングラーズ
都城オイカワの会

最新記事

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ご訪問有難う御座います

7.8オンライン

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
982位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
135位
アクセスランキングを見る>>

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア