FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

桜島避難港


国分市で仕事を終えて桜島に向かうが途中で買おうと思っていたアジゴが何処にも売って無い。それではとアミを買ってアジを釣ろうと避難港に行くとさすがに土曜の夕方とあって何処も満員御礼の札が下がっている。
某避難港は左角に石鯛釣師がいるので日が暮れたら帰るだろうと1時間位時間を潰して行っていると帰る準備をしている。知りあいのMさんも来ているので他愛もない話をしていると「どうぞ」と言われたので早速釣り開始だ。マキエを作り、エサをつける?エサが何処にも無いのだ。家の冷蔵庫から出したのは間違い無いので台所のテーブルの上に置いてきた事になる。そこでMさんに頭を下げてエサを貰い釣り開始だ。ところが釣れるのはベテランMさんだけで我々には誰も釣れない。又もや図々しくやや小ぶり(それでも20cmオーバー)アジを貰いイカ釣り開始だ。私も必死になってアジを狙うがMさん3に対して1の割合でしか釣れない。イカ釣り用の竿は2本だしアタリを待っているとドラッグが鳴り響いた。すかさず様子を見に行くとどうもアジの引きらしく穂先がピクピクしている。再びアジ釣りに専念していると又もやドラッグが鳴り道糸がたるんできた。
5分ぐらい待って竿を上げると重量感があるがアジが大型なので何とも言えないところだ。
試しにヤエンを落として様子を見てみると軽い〆込みが来た。これはイカ、それも小型だ。慎重に寄せてタモ入れOK。型は500g程度だが嬉しい。その後も新しいアジを付けてイカを狙う中々食って来ず、おまけに桜島の灰が大量に降り出してアジも釣れなくなってしまった。夜の11時半まで粘るもののアジが全く釣れないのでスーパー図々しくもMさんから食料にする3匹のアジを貰い帰路に着いた。