FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

錦江湾 GS裏


昨年3月、チヌとアジが爆釣した通称GS裏に行ってみた。
メインは昼間のチヌとしてオキアミ1角に釣まんのチヌの舞1袋とする。
釣場に着くと釣人は誰一人としおらず、中央付近に釣座を構える事とする。
現時点では干潮で、沖の駆け上がりが竿1本位先にあるのでポイントを5〜6m先として
集中的にマキエをして釣り開始だ。
ところが潮が殆ど流れておらず、エサ取りのキタマクラにハリごと取られる始末。
勝負チヌを幾度と結んで竿を振るが次第に夕闇迫り、桜島にも夜の帳が下りてきた。
仕方なくチヌは諦めてアジ狙いでウキ下を2ヒロ弱にする。
その頃から正面から風が吹いて波がざわめき始め、満潮と重なってか海水が濁ってきた。
濁るとアジは食いが悪いので超遠投して沖目を狙ってみる。ところが前日までの時化の影響か沖まで濁りが出て行ってるみたいでアジのアタリが全くない。
明日も仕事なのでそろそろ帰る準備でも始めようかと思っていたら波間に漂う釣研のT-ACEがいきなり視界から消えて竿引きのアタリが襲ってきた。アジにしては良く引くので慎重に寄せて波の力を利用して引きずる上げると何と昼間に狙っていたチヌだ。
型としては1.2kgクラスだがボーズを逃れて非常に嬉しい。
チヌならもう1匹いるはずとヒットポイントを集中的に狙うが本日の海の神様は私に1匹しかチヌを与えてくれず、ゴミを拾い集めて釣場を後にした。