FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

錦江湾のチヌ釣り

夜釣りを予定してたが台風の影響で中止。
翌日(今日)は夜釣り明けとして漠睡の日だったが前日しっかり睡眠を取っているので
好調そのものだ。
午前中に仕事、家の用事を済まして後は何もする事はない。
天気予報を見ると錦江湾は夜までは曇りとの予想だ。
こうなると行くしかないでしょうと錦江湾目指して出発となった。
釣場は釣友のSさんポイント。
オキアミ半角+さぐりチヌ半袋+パン粉を混ぜ合わせ釣り開始だ。

数投目に1匹

それ以降はコグロ、アメ、エイが釣れたが納竿間際にもう1枚ゲット。
サイズは共に45cmでした。




ここはマジで釣れます。
教えてくれたSさん、ありがとう。
また㊙のポイント教えてね。
仕掛けは道糸1.7号にハリス1.5号(ダイヤフィッシング)。
ウキは釣研ストライパーG2
ハリはキンリュウ 勝負ちぬSSプロトタイプ2号でした。
Sさんにポイントを教えて貰い方はポチッと押してくださいね。



スポンサーサイト



夜釣りの準備

いよいよ夜釣りの季節到来。
ターゲットはシブダイ、イサキ、マダイです。
ウキは全て釣研製でかなりの飛距離が出て広範囲に探れます。
さらに釣研から6月にレッドウイングが登場します。
ケミホタル、LFサーベル等を交換する事によって電気ウキにも変身できます。
楽しみですね。

レッドウイング

「僕も行きた〜い」と思いの方はポチッと押して下さいね。


錦江湾でのリベンジ

先日からの度重なる貧果でストレスはレッドゾーンへ達した。
北浦での釣り大会で生エサが残っていたので今日午後から錦江湾へ行ってきた。
釣場は釣友が探した某堤防の横。先日大知昭名人が取材を行ったところだ。
竿出しが15.30分からだったので釣る時間が少なかったが満潮の時間帯も手伝ってか
8回のアタリが有り、バラシ2回ゲットできたチヌは最大49cmを含め6枚の釣果。
短時間でこれだけ釣れるポイントは無いでしょうね。
釣場を教えてって?スミマセン釣友が釣雑誌に投稿との事ですので暫くお待ち下さいね。
ここは釣れます。



ポチッとお願いします


第18回真ぐれ会懇親釣大会

第18回真ぐれ会懇親釣大会は宮崎支部担当。
徳満支部長始めスタッフの面々の協力で無事開催される事となった。
私は鹿児島支部長と同じ瀬に乗った。
横並びに10名の釣人が竿を出したが釣れたのはK鹿児島支部長で他の釣人は撃沈。
一応良い訳は「サバ子が湧いて釣りにならなかった。上層下層と探ったがクロの反応は無に等しい」
なんて事考えていたがK支部長の釣果で「やはり腕が悪い」と言う結果となった。
Kさんの釣果

鯖子の猛攻には参りました


可哀想なonegawaraさんのポチッとお願いします



アサガオ

種まき用土にまいたタネが芽をだしました。
フェンスに這わせる予定です。

大荒れの実釣会

今回の釣りはチヌ釣りの名手、大知昭さんが鹿児島上陸と言う事で私も仕事の都合付けて参加した。
キンリュウ社から発売される「勝負チヌSS」の取材との事。
当日の天気は爆風漠雨の予想。こんな日に釣りをしないでもと思いながら集合場所の国分のホテルに
午前6時に行った。
メンバーは内嶋酔竿、新増さん、酒匂君とキンリュウ社のYさんだ。
当初の予定では近くの堤防で竿出し予定だったが南西の爆風であえなく変更。
最初の釣場は桜島避難港の12.5番だ。
ここは後からの風でやり易いが名人が鯛をゲットしたのみで場所変更。
2番目もノーヒットで3番目の新増ポイントで2枚チヌゲット。
ここで取材終了となった。
私は参加できなかったが翌日は近くの堤防で取材が有り、何とか絵になったとの事だ。
詳しくは来月号の「釣ファン」を見て下さいね。
大知昭名人。集中力、竿裁き、貫禄、さすがです。勉強になりました。


ポチッとお願いします



桜島のイカ釣り・・・悲惨編

掲示板の続き
 
小雨の中、活きの良いアジの尻尾付近に針を通して20m位沖に投げる。
リールから道糸を適量出してドラッグを緩めヤエン釣りの開始だ。
前回、アジの泳がせ釣りでも釣れたのでもう1本の竿はウキを付けてヤエン釣りの
邪魔にならない様に左側に投げる。
これで準備万端整ったので車のトランクを半開きにして雨宿り体制にし、早めの夕食準備にとりかかる。
食事の準備をしている間でも穂先に注意しているといつもならアジが泳ぐ反応が穂先に表れるのだが
何故か振るえない。
アジが針から外れたかな?と竿を上げてみると何とアジが死んでいるではないか。
「全く釣具店は弱いアジを売りやがって」と一人小言を言いながら活かしバッカンからアジを取り出し再び放り込む。
食事を終えて泳がせ釣りの仕掛けを上げてみるとこちらのアジも死んでいる。口を開けて死んでいるところもみると酸欠なのかなと海面をみると黄色い漂流物が流れている。これが原因かもと活かし網を上げてみると何と12匹の内、5匹が息絶えていた。
急いで残りの7匹を活かしバッカンに入れて海水を入れ替える。
この状況を釣友に携帯で聞いてみると意外な答えが返ってきた。「左側の川から黄色い物が流れて来てない?普段は流れないんだけど今日は雨が降っているから沈殿した硫黄の成分が流れだしたと思うよ。その場合は海水を汲む時も注意しないとバッカンのアジも死んでしまうよ」と説明してくれた。
急いでバッカンの中を覗くと何と2匹しか生きておらず、愕然とした。
残り2匹のアジを大事に使うが酸欠の海はアジの味方ではなく、午後7時半全てのアジを使い切り今回の釣りは早めの帰還となった。

こんな事もあるさと思いの方は「ポチッ」と押して下さいね。



管理人のドライブ

連休中暇なので先日オヤジが釣ったイカを持ってオヤジの実家に行ってきました。
風を全身に受けて楽しかったです。(季節の変わり目で恵太(管理人)の毛が抜けて車の中は毛が万延してます。
                明日は室内の掃除です。はあ〜・・・オヤジ談)

先日のイカは

実家に持って行き、兄貴の家族と刺身、テンプラで食べました。
新鮮で美味しかったです。また行こうかな
刺身(義姉の性格で太めに切ってある)




マリーゴールド

本葉が出て来ました。
ポットに植え替えるか直接庭に植えるか迷ってます。

桜島のイカ

連休といえども私はカレンダー通り仕事。
ごご3時ごろ家に帰ってパソコンをチェックしていると釣友の大渡氏から電話。
「今から桜島にイカ釣りに行くけど行かない?」「オイは明日休みなのでチヌ釣りを予定しているけど・・・ん〜・・・明日雨みたいなので行こうかな」で決定。
大急ぎで準備をして先発した大渡氏を追いかける。
途中釣具店でエサのアジを15匹購入して桜島の釣場へダッシュを掛ける。
釣場に着くと数名の釣人が竿を出しており、我々は隅の方で準備に取り掛かる。
夕方6時過ぎに先客の釣人が帰り支度を始めたので一言断って釣座に入らせてもらう。
納竿はエサが無くなるまでと決めて釣の開始だ。
オットその前にポチッと押してね。

夕食はうどん

良型をゲットした大渡氏。作業着姿が勇ましい(塗装業)

美味しく食べる為にイカを〆る

私には1?クラスとハナイカが釣れた。

刺身で食べようかな
因みに納竿は午前4時で
家に帰りついたら夜が明けてました。

串間市福島港チヌ&キス狙い

今日は以前から約束していたKクンと釣りの日だ。
私一人では心もと無いので釣友のZ3さんにサポートを頼む。
Kクンのママからは「我が家の生活が掛かってます。ぜひ今夜の食料を・・・」と
期待されての出発となった。
K家の期待を一身に背負った剣士Kクンは後部座席で興奮気味だが我々
中年オジさん、オバさんは何とか釣らせてやろうと釣場選びに余念がない。
運悪い事に今日の外海は大荒れで風も強い。
そこで風を背から受けて凪のところと言えば福島港しかないのだ。
福島港の東側には数名の釣人が竿を出しているが、一ヶ所空いている所に車を駐車して釣りの準備に取り掛かる。
本日のターゲットはチヌとキス。私とKクンがチヌを狙い、腰の回転でダイエット効果を狙っているZ3さんは
サーフでキス狙いだ。
マキエをするKクン

キビレチヌをゲット



本日の釣果

あ〜楽しかった。
ポチッと押して下さいね。