鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

真ぐれ会宮崎・都城地区・新年会用魚をゲットしよう大会

数人のクラブ員飲み会で魚を釣って新年会をしようとなり、都城地区のみ募集したところ
14名の参加者が集まった。
釣場は南郷大島。
最近絶好調で新年では有り余る魚が集まる予定である。
ところが当日は大時化状態。
かいゆう丸の相賀船頭の判断で前島周辺での開催となった。
私は徳満ちゃんと同礁。
近くに瀬上がりした逆クン、新人大津クンを呼んで火を囲んでいると大津クンが焼き肉食べますか?と言い出した。
当然、OKの返事をして各自焼酎、ビールを飲み明け方の磯は大盛り上がりを見せた。
東の空が明るくなり、話も佳境に差しかかったが釣りをしないといけないので重たい腰を上げて釣り場に立った。
潮は引き潮だが時々ウネリが押し寄せ磯を洗う。
明け方の盛り上がりに反してな~んも釣れん。
何とかならなものかと必死で竿を出していると釣友の名手「隠岐阿見」クンから電話だ。
何事かと思い電話を取ると「今、港に来ているんですよ。鬼瓦さんの瀬に伺って良かですか?」との事。
「釣場は広いので大歓迎」と返事して待つ事とする。
やがて隠岐阿見クンがやって来て右側で竿を出すが波飛沫の洗礼を受け私の横にやってきた。
馬鹿話しをしながら釣りをしていると時間の過ぎるのも早い。
我々は午後2時が回収なので1時半に納竿して釣具を片付けていると隠岐阿見クンの竿が大きく曲がった。
「タモ貸してくださ~い」とヘルプの声が掛かったので釣座に駆け寄ってみると50cmオーバーのチヌが浮いている。
先程まであんなに魚の反応は無かったのに何故?・・・・・・マグレかな。
バッカンを洗っていると又もや「タモ貸して下さい」と声が聞こえた。
またマグレかよとタモをも渡すと今度は本命のクロではないか。
型は800gのレギュラーサイズだが羨ましいぜ。
その後も隠岐阿見クンは入れ食いモードとなり、周りの磯に乗っている釣人が皆こちらを見ている。
当然、うちのクラブ員も見ている訳で帰ってから言われるだろうな「1人だけ入れ喰いだったね」と(涙)
その後回収の船が来て釣場を荒らされたの喰いは止まったみたいだが隠岐阿見クンの釣果は
31eaa5eb5c70032d1b822e0755f4403d.jpgです。
我々の釣座
1日中波が被ってました。
ブーツを履いてくれば良かった。
2012.1.29都城地区003a
大会優勝者
槇尾会員
2012.1.29都城地区006a










スポンサーサイト
  1. 2012/01/29(日) 08:59:18|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

船間戸崎鼻地磯

今日は休日。
眼が覚めて朝から何をしようかとストーブの前で考えていると今日船間に釣りに行っている従姉弟の事を思い出し、状況を聞いてみると風も弱いし釣日和との事。
そうなるとジッとしておられない私はオキアミ1角と集魚剤、パン粉を買って船間の戸崎鼻に向かった。
背負子を背負い降りる事20分、正面に降り立つと何と左から強風が吹いて来る。
そこで右側に周り風の当らない所に釣座を構える。
足場は非常に良いのだがサラシが強く、何とか潮の緩やかな所を見つけて釣研「浦島円錐 極-3B」をチョイスしてウキ下2ヒロで流してみる。
戸崎鼻駐車場にあるタワー
右側より山道に入ります
2012.1.26船間戸崎地磯 037a
戸崎鼻正面周辺
2012.1.26船間戸崎地磯 036a
釣座
2012.1.26船間戸崎地磯 016a
地元の釣人
ウツボ狙いです
2012.1.26船間戸崎地磯 024a
トンネル抜けて右側の磯に降りる
2012.1.26船間戸崎地磯 031a
釣果(40cm1枚、35cm1枚足のウラ多数でした
2012.1.26船間戸崎地磯 029a
  1. 2012/01/26(木) 15:42:01|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

釣研FG宮崎WFG・懇親釣大会

明日は釣研FG宮崎WFG・懇親釣大会の予定日なのだが
前日の天気予報と沿岸波浪予想をみると時化で99%中止の感がする。
そうなると久し振りに桜島へチヌ釣りに行こうかとバッグの中身を入れ替えていると
班長のオキアミ君から「明日開催されますよ」とのメール。
それから再度中身を入れ替える事になった(汗)
開催地の島野浦まで通常3時間。
1人ではキツイので都城市の鎌田君の車に同乗する事にした。あ~楽チン。
試合は3人一組で対戦。
番号の若い私は一番手に名手「トッキー電気ウナギ」と対戦。
先端のポイントに出れなくて1回戦引き分け。
順番から言うと次も続けて試合の予定だが「支部長、お腹が空いたのでパスして良いですか?」
と何時もの我がままを通すとOKが出て支部長とトッキー電気ウナギくんの対戦となった。
最初に海に向かって右側に陣取ったトッキー電気ウナギは根性で先端に出て取り敢えずは
キープサイズ1枚ゲット。それでも波の恐怖に脅えながらの釣りは集中出来ず、支部長と交代。
その頃から潮も大分引いて来たので支部長は先端から余裕を持ってキープサイズを釣り勝利。
さあいよいよ私と支部長との対戦。
審判しながら先端のポイントを確り確認したからジャンケンで勝った私は前半先端に陣取った。
朝からエサを盗っていたタカベが何故か先端には居ないのでここは一発大物と全遊動でゆっくり入れてみる。
すると立て続けに足のウラサイズのキープサイズを2匹ゲット。
これはいけると遠投で仕掛けを入れると海面下に沈んだ釣研ウキがゆっくりと視界から消えていった。
糸ふけを取り大きく合わすとけた違いの引きが愛竿「フロートマスターT-F」を襲ってきた。
右に走られると沈み瀬にやられるので波を気にしながら左側の低い所に降りて竿を倒して思い切り引っ張ると竿のパワ-で良い具合に寄ってきた。
「デカイ」!型は50cm弱の尾長だ。
タモを一段高い所に置いていたので短い腕を延ばしてタモを取り、浮いている尾長を掬おうとすると足元に潜って行った。
再びやり取りを開始して、浮いた所でタモを入れると何と針が外れてしまったのだ。
すっかりグロッキーになっている尾長クロは観念したように海面に浮いているが自分を支配していた異物が無い事に気付き、再び海に帰って行った。
そうこうしている内にタイムアウト。
釣座を交代して後半戦を頑張るが支部長の独り舞台で大差を付けられて試合は終了した。

決勝戦は他の場所でするとの事で私は此処に残る事として先程バラシたクロを狙う事にする。
その後はぽつぽつ釣れ始め尾長ではないけれど同サイズのクロ釣る事ができた。
 
大会運営進行をしていただいた川越支部長(左)と時吉事業部長
2012.1.22日釣研FG宮崎 WFG・懇親釣大会 014a
千津丸
2012.1.22日釣研FG宮崎 WFG・懇親釣大会 020a
タカベが入れ食いの左側磯。
2012.1.22日釣研FG宮崎 WFG・懇親釣大会 024a
右側先端。時々波が這いあがって来て怖かったです。
2012.1.22日釣研FG宮崎 WFG・懇親釣大会 047a
試合が終わってから良型がきました。
2012.1.22日釣研FG宮崎 WFG・懇親釣大会 037a
参加者全員で記念写真
2012.1.22日釣研FG宮崎 WFG・懇親釣大会 059a
今回は時化の為湾内での大会でしたが運良く沖磯に乗られた同船者の釣果です。(千津丸ブログより)
沖磯に乗れれば爆釣りみたいですよ。
img_280761_2912418_5a.jpg

  1. 2012/01/22(日) 10:23:36|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

内之浦町船間地磯釣行記

そうそう正月にもう1回地磯に行きました。
隠してた訳ではありませんが「家族」「親戚」一同から非難をあびそうでしたので
今回発表しますね。
今回の地磯は前回行った釣場の手前磯です。
と言ってもどこか分からないですよね。
亀壺(かめつぼ)の手前(西側)に位置します。
「ヒイヒイ」言いながら釣場に降り立って正面で竿を出している釣人に挨拶がてら聞いてみると
一帯で一番きつい地磯との事。
帰りの事を考えると非常に気が重たいが(荷物も重たいが・・・)今さら帰る訳にいかないので早速釣開始です。
地磯入口の駐車場。
車が2台以上止まってたら他に行きましょう。
2012.1.6日船間戸崎地磯 001a
地磯入口です。
2012.1.6日船間戸崎地磯 002a
過去海難事故が発生してます。
気を付けて下さい。
2012.1.6日船間戸崎地磯 003a
ロープを伝って山道を降りて行きます。
2012.1.6日船間戸崎地磯 004a
更に降ります。
枯葉が足をすくい非常に歩き難いです。
2012.1.6日船間戸崎地磯 005a
やっと海の見える所まできました。
ここからもロープで降ります。
2012.1.6日船間戸崎地磯 006a
今回の釣座です。
手前に沈み根があるので掛けたら右側に魚を誘導しないといけません。
2012.1.6日船間戸崎地磯 011a
前回竿を出した所です。
2012.1.6日船間戸崎地磯 010a
ポイントと思われる正面釣座です。
先客の釣果はクロの㌔オーバー2枚・イサキ1枚でした。
2012.1.6日船間戸崎地磯 009a
やった、クロが釣れた(1.4㌔)
このクロは息子嫁さんの実家(福岡)まで行きました。
2012.1.6日船間戸崎地磯 012a
石鯛も釣れたぞ!
2012.1.6日船間戸崎地磯 013a
本日の釣果。
地磯にしては良く釣れました。
帰りは・・・非常にきつい道のりでしたが何とか駐車場まで登りました。
2012.1.6日船間戸崎地磯 021a
体を鍛えてまた行こうかな


  1. 2012/01/08(日) 12:03:17|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

ラバーコートガンG7発売

ラバーコートガンダマに追加新サイズ発売されました。
待望のサイズ:G7(0.09g)
私の場合、老眼が進みガン玉をハリス、道糸に付けるのが非常に大変でしたが
このラバーコートガン玉は指だけで閉まるしワレを開くのも爪先だけで開きます。
更にハリスに傷を付けません。
普通のガン玉に比べて値段がやや高めですが重宝しますよ。
2012.1.6日船間戸崎地磯 026

  1. 2012/01/07(土) 16:39:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

爆風の船間篇


明日は初釣りの日。
釣場は甑を予定していたが昼の時点で中止の連絡が入った。
天気予報を見てみると波が高く桜島上空の風速は20mになっている。
釣友の子竿が「どこか竿出しするとこないかね~」と言うので「無理とは思うけど一応船間に聞いてみるよ」と船間の佐恵丸に聞いてみると「7時にならないと何とも言えんが波は無いので大丈夫と思うよ」と言う事で船間に決定した。
午前6時半に出港した佐恵丸はなるべく風が当たらない所に釣人を降ろして行き、我々は釣納めで渡礁した飛び石4番に飛び乗った。
周りの瀬に比べたら風の影響は少ないがそれでも時々左右から突風が吹いて来る。
道具が飛ばされない様に岩の窪みに入れてさ~釣り開始だ。

竿・・・釣研フロートマスター
道糸・・・ダイヤフィッシングジョイナーVX
ハリス・・・ダイヤフィッシングジィナーV2
ウキ・・・釣研K5
針・・・キンリュウ凄腕グレ4~6号
マキエ・・・オキアミ生×2・マルキューV9×1パン粉2kg
朝ごはん・・・パン×1ビール(のどごし)×1
昼ごはん・・・ラーメン(シーフード)×1おにぎり×2

風に飛ばされない様に確り竿を持って始めたが強風と雨の影響で手袋が濡れ非常に冷たい。
ガタガタ震えながら頑張るが1時間たってもアタリすら無い。
10時を過ぎたころからだいぶ寒さが和らいできたので私は前回釣れたポイントに移動した。
船付けの子竿。
2012.1.4 内之浦町船間飛び石4番 045aa
私の釣果40cm~47cm
2012.1.4 内之浦町船間飛び石4番 043a
2012.1.4 内之浦町船間飛び石4番 050a
飛び石3番。
真ぐれ会国分の福永さんが竿を出しクーラー満杯でした。
2012.1.4 内之浦町船間飛び石4番 046a
前半は苦戦したものの後半釣果を延ばした子竿氏。
2012.1.4 内之浦町船間飛び石4番 054a
私の釣座。足場が悪いです。
2012.1.4 内之浦町船間飛び石4番 005aaa

  1. 2012/01/05(木) 14:36:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

初釣り

今年の我が家は親族に不幸があった為、喪中でした。
よって実家に行く事も無く,家で実業団の駅伝観戦して夜は釣ビジョンを見て過ごしたが
明日も暇なので以前から気になっていた船間の地磯にドライブがてら行く事を思い出し、エサを買って船間に向かう。
初釣りは1月4日、釣友の子竿と甑を予定しているので釣れなくても良いやと船間の戸崎鼻の地磯に降り立つ。
釣人は私を含め7名。
良さそうなポイントは既に釣人が入っており、私は右側の釣座で釣り開始。
風がやや強いのでウキはカン付きウキ釣研K-5をチョイスして道糸を海面下に沈める作戦とする。
釣座。
最初は右側で竿を出していたが潮が動かないので正面の黒っぽい岩に移動した。
2012.1.2船間戸崎地磯 073a
釣果。
1匹しか釣れませんでした。
2012.1.2船間戸崎地磯 067a
釣った直後寸法を測ったら51.5cmだったが釣具店で検量したら49cmに縮んでました(涙)
2012.1.2船間戸崎地磯 058aa
夕闇迫る船間港
2012.1.2船間戸崎地磯 078a
  1. 2012/01/02(月) 21:28:23|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

鬼瓦松元

Author:鬼瓦松元
南九州を中心に縦横無尽に釣りを楽しんでます。
メインは磯釣りですがサーフ、ショアジギング、渚、堤防,イカ、ウナギ等旬の魚を追っかけてます。
年間釣行回数60回

当ブログは、独断と偏見で適当にUPしております。
誤字、濁点の間違い、文章の幼稚さ等プロのブロガーではありませんのでご了承下さい。
またトーナメントでの釣り等そのような内容を期待している方は申し訳ありません。
旬の魚を釣って食す・・・これが基本テーマとなっております。


都城シブ研
都城サーフ
九州真ぐれ会宮崎
宮崎飛翔会
都城メイタ会
都城ヤエン会
都城背負子アングラーズ
都城オイカワの会

最新記事

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ご訪問有難う御座います

7.8オンライン

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
937位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
124位
アクセスランキングを見る>>

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア