FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

桜島のイカ釣りでしたが・・・

釣友のO氏が桜島の避難港で2㌔オーバーの水イカを筆頭に3杯釣て来ました。
さらに同じ場所で竿を出していた釣人が「ここはアジも釣れますよ。先日は30オーバーを2人で30匹以上釣りました」。
「まこっじゃろかい(ほんとだろうか)」と話半分で聞いていると日が暮れてから30cmアジを釣りあげてたそうです。
「そうなると行くしかないでしょう」と午前中の仕事→月末の〆を適当に終えてダッシュで出発して錦江湾沿いにある釣具店でアジを15匹購入しました。
クーラーの中には沖アミ半角と集魚剤、パン粉も入っており、イカ狙いの片手間にアジを狙うつもりです。
釣場に着くと1人の釣人がイカを狙ってましたがまだ釣れて無いとの事。
我々は右側の方に釣座を構え釣友がフカセ、私はヤエンを2本出します。
午後5時過ぎ、潮が左流れに変わった途端、先客の釣人の竿が大きく曲がりました。
急いで駆け寄りタモで掬うと1㌔クラスの水イカです。
「なんでオイのアジに喰いつかんと」とイカを睨みつけ先客の釣人に笑顔でタモを渡します。
「さあ~オイ達も釣らんとね」と気合を入れてアタリを待っていると釣友が23cmのアジを釣りました。
アジが居る事は居るんだねと話しながら釣りを続けますがアジは1匹のみで何もあたりません。
夜の帳が降りてもさっぱりでさらに雨も降り出したので車のトランクを空けて雨宿りをしながら頑張りますが
ヤエンのアジも襲ってくるイカがいないのかビンビンで泳ぎ回ってます。
午後9時。ここのイカは諦めてせめてアジの土産でもと別の避難港に移動しました。
避難港に着くと都城から来られた釣人が1人だけ竿を出しておりイカ釣りとの事。
断って横に入らせてもらい先客の話を聞くと「さっきまで竿を出していたオヤジは良型のアジを釣ってましたよ。竿が割れて先程帰りましたけど」。
俄然やる気を出した私は正面のポイント周辺に遠投して左角からヤエンでイカを狙います。
ところが・・・雨は大雨になるし風は吹くしで全く釣りにならず午後11時びしょぬれになりながら納竿となりました。
因みに使用した竿はヤエン×2泳がせ×1フカセ×1かご釣り×1です。
明日も雨なのに竿の手入れが大変です

こんな惨めな私が可哀想と思いの方は「ポチッと押して下さいね」。