FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

志布志湾サーフ

やっとブログが復活しました。
4日午前中早めに仕事を終えたので釣具店に行き、小物を選んでいるとゴカイのケースが目に付きました。
「今から帰って準備をしたら11時半には家を出れるな」と釣りの虫が騒ぎだし、ゴカイを手に取ってレジに並ぶ私でした。
何時もの岸壁に行くと右手の方で1人オヤジが竿を出していました。
投げ釣りみたいだったので「こんにちは、どげんですか?」と聞くと、不機嫌そうに「今日は釣れん」と一言だけ返ってきました。
潮は良いし、釣れそうな雰囲気だけどな、とオヤジの釣りを見ていると20m位しかオモリが飛んで行きません。
「なるほど」と思いながら私も準備をして100m先から探って来ると3色辺りで魚の反応がありました。
最初の1匹なので慎重に寄せると、20cmの綺麗なキスが上がってきました。
「なんだいるじゃん」と独り言を言いながら次を狙いますがさっぱりアタリがありません。
そこで前回釣れた左側のテトラに移動しますとここで数投に1回「ブルンブルン」ときます。
更に左側に行くと入れ食い状態となり、クーラーの中には20匹のキスが入りました。
時計の針は午後4時。これで帰っても良いのですが、以前から気になっていた堤防に行ってみる事にしました。
そこの堤防には2人の釣人が竿を出していましたが、私と入れ替わりに帰って行きました。
中央辺りから遠投すると80m位先に着水。
ゆっくり引いて来ると「ブルンブルン」のアタリ。
足元まで寄せると20cmがダブルでヒットしました。
更に次もアタリです。
型の小さいのも混じりますが、正しく入れ食い状態です。
午後7時納竿。
小さいのを20匹以上リリースしても、クーラーの中には42匹(18~23cm)のキスが入りました。
ここの堤防は釣れますね。次回も行こうかな(汗)
P6050700a.jpg