FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

秋の夜長は・・・ローラーヤエン

プロ野球も大詰めですね(興味の無い方は関係ありませんね
ところが今日は月曜日で野球の試合(ホークス)は有りません。
そこで滑りの良いローラーヤエンを製作する事にしました。
ローラーと言えば「西條秀樹」?いや違ったシマノですね(これまた興味の無い方は関係ないですね
滑りが良いので人気が有るみたいですが高額ですので自作する事にしました。
ネットで調べると「網戸用戸車」が安くて良いみたいですので、自宅にあった戸車で製作です。
P9301209a.jpg
こんな形をしてます。
P9301211a.jpg
外すします。
P9301213a.jpg
中央の穴が大きい為、このままでは使えません。
ネットで調べても中央のア穴を1.5mにする為に居色々工夫されてるみたいですが、私は使わなくなったボールペンの芯でやってみました
P9301214a.jpg
ピッタシです。
P9301215a.jpg
瞬間接着剤で固めます。
P9301217a.jpg
ローラーは完成です。
P9301220a.jpg
ヤエン用の糸掛け、針を使いますがローラーをセットするステンレス加工が難しかったです。
P9301221a.jpg
1人で作ってますので写真が撮れません。
完成です。支点はローラーになります。
テストしましたところ、道糸がローラーから時々外れます。
海中の中ではどうなるか興味深々です。(イカから笑われるかも知れません)
P9301223a.jpg
今の時期(小型アオリイカ)用ですのでなるべく計量にしたいのですが10gでした。
P9301224a.jpg
一方25cmのローラー無しヤエンは6gまで軽量できました。
P9301225a.jpg
取り敢えずは次回使ってみたいと思います。
スポンサーサイト



かまされた?

今日は日曜日ですが、私は午前中仕事です。
昼から家でゆっくり野球でも見ようかと思っていると釣友から電話が入りました。
「昨日釣りに行ったけど雨、風でさっぱりやった。昼から付き合ってくれん?」と言うので
野球はビデオに撮って宮之浦港に出かけました。
対象魚は「アジ、そのアジでイカ、ヒラメ狙い。夜はカマスと太刀魚」と車のトランク内は釣具の山です。
(先週の釣果はアジとカマスでしたが太刀魚がカマス仕掛けに襲ってきてハリスを数回切られました)
201309212.jpg
港に着くと雨と共に強風が吹いてますが、昼食を食べ終わる頃には雨は止みました。
マキエを竿2本位先に撒いて全遊動の仕掛けで釣りを始めますが、エサがすぐに盗られます。
そこで釣研「T-hope-G2」の半遊動として釣ると、時々エサが残るように、メイタ、へダイ等が飽きない程度に竿を曲げてきます。
肝心のアジが釣れたのは午後4時過ぎでした。
ヤエンサイズですので直ぐにでも仕掛けを放り込みたいのですが、日が暮れるまで我慢です。
日が西側の山に隠れてからは、ボチボチアジが釣れ始め、ヤエン釣りを開始します。
釣友はカマス、イカを狙うと泳がせ、キビナゴの仕掛けとところ狭しと竿が並びます。
そんな期待空しく・・・カマスが2回程ウキを引き込みましたが、空振りに終わりました。
アジは15匹位釣れて満足でしたが先週釣れたカマス達は何処に行ったのでしょうか?
時化後に再チャレンジです。
釣れたアジで鯵寿司です(左下の魚は先日釣友が釣ったグチです)
自家製シークワサーを垂らすとマジウマですよ。
P9301205a.jpg

パッションフルーツ

花が咲き始めました。
蕾が沢山有りますので、今年こそは果実が付きそうです。
P9241201a.jpg
僕も楽しみにしてます。
P9241200a.jpg

志布志港サーフ

今日は久し振りにキス釣りです。
ポイント都城店でゴカイを購入して志布志湾に向かいます。
外海は大時化ですので、湾内の釣りとなります。
取り敢えずはいつものポイントで竿を出します。
力糸をセットして、3色投げますと1投目からアタリが来ました。
型は18cmですが、気分は最高です。
「今日は釣れるかもよ」と釣友に話しますが、その後釣友に1匹来たのみで後が続きません。
そこで湾内に移動しますが、風裏は竿の林立ですので仕方なく風に向かって遠投します。
ここで4匹追加したところで、再び移動です。
移動先でも全く魚信を捕らえられないので、再度移動します。
今度は後方から風を受けますのでフルスイングすると5色まで飛んで行きますが全くアタリが無いです。
再び最初の釣場まで移動して釣ると3匹釣れました。
又もやアタリガが遠のいたので湾内に移動です。(非常に忙しい釣りとなりました)
時計の針を見ると午後4時ですので、風を正面から受けるところで竿を出すと色んな魚が釣れ(外道ですが)
午後6時納竿しました。
P9231189a.jpg
何者かに食いちぎられました。
次回、正体を暴きたいですね。
P9231187a.jpg

ポイント都城店に行って来ました

本日11時前に行きましたが、駐車場が満員御礼で入れません。
予備の駐車場も用意されてますが、仕事が有りましたので12時半に再び行ってみました。
幸い、1台分空いてましたのでそこに駐車。
中に入ると何時ものポイントの店でした(当然ですが)。
店長の中島氏に挨拶して、投げ釣りのコーナーに行ってみると数種類のオモリ(海早天秤)、道糸(PE)、力糸が有りました。
G社の「紗紋」も有り、嬉しかったですね。
岩ゴカイ、青ゴカイは当然ながら、何と本虫もありました。
36年程前、山口県下関の東駅のポイントで釣具、エサを買ってまして、何か懐かしく思いました。
フィッシング都城共々利用したいと思います。
20130920123712.jpg

釣ファン11月号

発売されました。
色んな釣りが紹介されてますので面白いですよ。
201311.png

ポイント都城店オープン

88a81e528d.jpg
http://www.point-i.jp/index.php?id=4195

錦江湾でのイカ釣りの予定でしたが・・・。

前日、台風の余波で早めに納竿したので、ウップン晴らしと昼過ぎから錦江湾で竿を出しました。
台風の余波で強風が吹き非常に釣り辛い状況ですが、暑さは和らげてくれます。
日中はのアジは余り期待できませんので、チヌでも釣れればラッキ-と仕掛けをドンドン入れますが何も釣れません。
釣友は全くアタリが無いので「コンビニに行ってくる」と出かけてしまいました。
私は飽きもせずマキエを一定のリズムで入れてますと私の釣研T-ACE」がスッと消し込まれました。
直ぐに浮いて来たので「エサ盗りか」と特に気にもせず、釣友の竿を上げていると又もや視界から消えて行きました。
片手で合せを入れて釣友の仕掛けにエサを付けていると、竿がずるずると海に向かって動いていきます。
足で踏んで竿を持ち、リールを巻きますが魚はテトラの方向に走り、呆気無く切られました。
仕掛けを作り直していると釣友が帰って来たので、仕掛けを振り込んで先程の出来事を話していると又もやウキが入りました。
大きく合せを入れると強力な引きに襲われますが、先程みたいにテトラに走らせまいと道糸を1mmも出してたまるかと必死に耐えていると魚がこちらを向いたのかテトラと反対側に走ってます。
「慎重に慎重に」と自分に言い聞かせ、耐えていると何とか海中の魚が見えてきました。
釣友が用意してくれたタモに入れて持ち上げますが重たいです。
クーラーのメジャーで計ると50ジャストで久し振りの大物に気分はサイコーです。
P9151152a.jpg

やがて夜の帳が下りてアジ釣りに専念しますがアタリが渋く、中々釣れません。
やっと釣れた20cmのアジでヤエン釣りを開始
その1時間後ドラマは待ってました。
これです。
P9151162a.jpg
詳細は釣春秋来月号を読んで下さいね。

都井岬宮之浦港

ブロ友「エギンガーZ」さんの釣行記「海釣り物語」を読んでアジ釣りに行って来ました。
アジだけでは味が無いので湾内のキス、エギ、夜のヤエン釣りと釣具満載して宮之浦港に向かいます。
港に着いてビックリ。台風の影響で海は大時化状態です。
目的の左の波止は先客がルアーで青物を狙ってましたので、我々は風を背に受ける港の中央にある波止で竿を出す事にしました。
アジの棚が分からないので全遊動で流していると数投目に全遊動Xどんぐりがゆっくり下って行きます。
軽く合せてリールを巻くと20cmのアジが上がってきました。
釣友に「来たよ」と見せた瞬間、針が外れて海に落ちてしまいました。
気を取り直して次を狙うと数投目にアタリです。
今度は慎重に上げて、タオルで包んでスカリに活かします。
釣友はウキごと沈ませて釣ってますが釣れるのは小鯛が多いので棚が違うのでしょうかね。
夕方まで10匹のアジを釣り、そろそろヤエンの準備をしようかと言う時に大粒の雨が降ってきました。
台風特有の振ったり止んだりしますので場所を移動し、港の奥に釣座を構えますが一向に雨が止む気配がありません。
そこで今日は諦めて明日行こうと言う事になり、早めに宮之浦港を後にしました。
昼ごはんの時は焼肉が出来る状態だったのに・・・
P9141151a.jpg
海釣り物語(エギンガーZさん)
http://ikasan.net/index.html

船頭談・「絶不調です」

久し振りに夜釣りに行こうかと釣友と相談するも、南九州の磯は伊勢えびの網が張り巡らされている状態です。
そこで例年9月にシブダイが釣れる佐多岬東岸「間泊」はどうかな?と釣友に話すと
「1ヶ月前の情報によると、間泊は上と下の海水温が極端に違う為釣れて無い」との事でした。
「台風が来て海水がかき回されて良くなったかもよ」と良いふうに考え佐多岬に決定。
釣客は我々3名のみで、Kさんが日向瀬、私とOクンが「そや」と言う瀬に乗りました。
Oクンの話によると「昨年、Kさん達がイサキ、シブ、シマアジをクーラー一杯釣っていた」との事でいやが上にも盛り上がります。
日が暮れる前にOクンは上物、私はショアジギングで楽しみますがルアーには何の反応も無く、さっさと諦めて夜釣りの準備に取り掛かります。
Oクンはコッパグロと遊んでますが何んとシブダイを釣上げました。
「シブダイがいるのは確か。はよう日が暮れんかな」と話していると私のウキが入りました。
イスズミかな?と適当にリールを巻いて足元で確認すると尾長グロではないですか、それも㌔クラス。
「船頭はウソつきやな。釣れるじゃん」とOクンと話しながら釣研「遠投SP12号」にケミホタル75をセットして夜釣り突入です。
潮は右から左にゆっくり流れてましたが、午後9時過ぎあたりから左に流れ始め、ウキはアッと言う間に流れて行きます。
そこでOクンは10m位流して仕掛けを止めてアタリを待っているとウキが一気に消し込みました。
型はシブダイ?いやニブダイ?イチブダイと言うとこですかね。
でもシブダイには間違いないので良かったです。
私はイサキも視野に入れているのでどんどん流してアタリを待ちますが、時々竿引きで襲ってくるのはイスズミでガチクリです。
一向に流れが止まる気配が無いので高台で休憩する事にしました。
1時間位寝て状況を聞くと潮が緩んだとの事で、再び竿を振ります。
右流れに変わって私も止め釣りしていると竿引きのアタリがきました。
これは間違いなくシブダイです。
根に潜られない様にガンガンリールを巻き、海面に姿を表したのは800gクラスのシブダイでした。
それ以降1回、シブダイらしきアタリが有りましたがこれは根に入られ取れませんでした。

P9111106a.jpg
P9111102b.jpg
帰港してからの船頭談「5.6月は少し釣れたけどそれ以降は全く釣れてません。漁師さんも魚が獲れなくて困ってます。昨年の今頃は船からのルアーでハガツオ、ハマチも良く釣れたのですが今年はサッパリです。台風が来てひと荒れすと調子が出て来るかも知れないですね」との事でした。
そんな訳で次回に期待しましよう。
詳細は釣ファン来月号を読んでね

ホテイアオイ

咲いてます。
メダカ達も喜んでいると思います・・・多分
P9101094a.jpg

志布志湾のキス釣り

いとこが錦江湾でイカを入れ食いさせたので「まだ残っているかも知れん」と計画したものの、釣友が「桜島はあぶねど」の一言で中止にしました。
いとこに聞いても「後方で噴火音がするので非常に怖かった」との事です。
そこで前日キス釣りに行った釣友が「ゴカイが残ったのでいらんか」と言うので夕方貰い、翌朝志布志港に行ってみました。
先ずは若浜(潮風公園前)で竿を振りますが、20cmが1匹来たのみで後が続きません。
1時間ほど粘って志布志港で竿を振りますがこちらもさっぱりです。
少々焦りながら河口に行ってみますとボチボチは釣れますが入れ食いとはいかず又もや移動です。
時計の針を見ると午前10時を指しており、外気温がグングン上昇して行くのが分かります。
後1時間が勝負かなと再度若浜で竿を振ると4色辺りでアタリが有り、入れ食い状態です。
(小さいのはリリースです)
ここで最大23cmが釣れ、クーラーの中には11匹のキスが入りましたのでこれにて午前11時、納竿としました。
P9091091a.jpg
僕も釣りに行きたいけど今はカワイ子ちゃんに興味がります・・・恵太
P9051084a.jpg

ポイント都城店

9月18日オープンです。
フィッシング都城共々お世話になります。
miyakonojo_op2.jpg

釣研10月新発売

オペレート
ptop_operete250.jpg
トーナメントバッカン
ptop_tnmt-bakkan-bw250.jpg
ptop_tnmt-bakkan-w250.jpg
トーナメントエサバケツ7
ptop_tnmt-esabaketsu250.jpg
トーナメントライブウェル
ptop_tnmt-livewell250.jpg
トーナメント水くみバケツ
ptop_tnmt-mizukumibaketsu250.jpg
トーナメントシャクホルダー
ptop_tnmt-shaku-holder250.jpg
詳細は釣研HPでお願いします。(後日UPされるみたいです)

http://www.tsuriken.co.jp/