FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

猛灰の中・・・

カマスを釣りたくて県南の堤防に行ったものの、外海が大時化で港の中も相当な濁りが入っており、カマスは不発に終わりました。
2日後、錦江湾へ行こうと釣友を誘い、ターゲットはアジ、チヌ、イカ、ヒラメ、コロダイと大荷物をトランクに積み込んで出発です。
取り敢えずはイカ、ヒラメのエサになりますアジを釣り(同時に狙ったヒラメは不発でした)イカのポイントに向かいます。
気になる桜島の風は東ですので、辛うじて避けられます。
釣友は到着後アジを狙いますが、釣れるのは手の平大のクロです。
その内Oクン夫婦も来てイカ釣りの開始です。
私はヤエンと泳がせで釣ってますと、泳がせの釣研「LFサーベル」が「ポコポコ」と変な動きをしてます。
ゆっくり引いてみると少し重く感じますので竿を倒して軽く合せを入れるとイカの反応が返ってきました。
バラさないようにゆっくりリールを巻いて振り上げます。
300gサイズのアオリイカですが、最初の1杯なので嬉しいですね。
Oクンも同サイズを釣り、「時合化か!」と思いきや後が続きません。
更にOクンの釣場は良型のカマスが回遊してきて、泳がせ釣りの仕掛けをかみ切って行く始末です。
運悪く下針に掛かったカマスは私のクーラーに入りました。
2時間位アタリは無く、暇を持て余していると桜島の風方向が変わったのか沢山の灰が降ってきました。
灰の量は半端では無く、遠くに見える鹿児島市内の明かりも見えなくなるくらいです。
私は車のトランクに隠れてましたが、釣友は根性で竿を出しアジをゲットしました。
すかさず活きアジを貰い、ヤエンで使うと「ジージー」とアタリです。
暫く様子を見てヤエンを落とし、慎重に寄せると600g位のイカが足元まで寄ってきました。
Oクンにギャフで掛けて貰い、締めてクーラーに放り込みます。
「時合やっど」ど盛り上がりますがそれ以降アタリは無く、午前0時Oクン達は帰って行きました。
私たちは明日も休みですのでもう少し頑張っても良いんですが、釣れそうでも無いのでそろそろ帰ろうかと後片付けをしていると泳がせウキが沖の方に流れて行きます。
「あれ、おかしいな」とソーツと引いてみるとイカが乗っています。
軽く合せを入れて、釣友の差し出すタモに収まったのは300gのイカでした。
更にヤエンの方を上げるとアジが食い千切られており、イカの時合と思われますがエサとなるアジも底を付いたので納竿としました。

鬼さんヤエンで釣れたアオリイカ。
PA141286a.jpg
釣研「はね上げアオリ」で釣れました。
PA151292a.jpg
イカとカマス(30cm)
PA151296a.jpg
釣果
PA151294a.jpg
詳細は釣ファン来月号で。