FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

絶体絶命

今日は月曜日ですが仕事はOFF。
久し振りの無風状態ですので釣具を積んで桜島までドライブを計画して、昼前に都城を出発しました。
エサは先日の残り、アミ半角です。
お目当ての避難港に着くと山之口から来られた釣人がサビキでアジを狙ってますが全然釣れないとの事です。
私も断って仲間に入れて貰い、竿を振りますが全く釣れません。
その内、釣人も帰ってしまい、私一人で頑張りますがエサ盗りのネンブツダイさえ釣れないのです。
ここの釣場を諦め、イカのポイントに移動します。
釣場にはOクンの知り合いのKさんが竿を出していましたが何も釣れてないみたいです。
断りを入れて、先日アジが釣れたポイントでサビキを落とすと何と1投目からウキに反応が有りました。
上げてみると・・・ネンブツダイでした。
時にはパーフェクトで鈴なりに釣れます。
PA211338a.jpg
それでも何時かは釣れるだろうと頑張りますが、太陽が山影に隠れるまで釣れませんでした。
そこでKさんが「ネンブツダイでも釣れん事はないから泳がせで竿を出せば」と慰めてくれるので、ネンブツダイの良型?をエサに、泳がせを2本出します。
貴重な夕マヅメですので気合を入れてサビキを打ち返していると15cmのアジが5時間振りにやっと釣れました。
ネンブツダイからエサをアジに変えて「アジの時合だ」とサビキますがネンブツダイのオンパレードです。
「今日は1匹のアジで頑張るしかないかな。後30分もすればアジも死んで納竿」とサビキのウキを見ていると今までポコポコだったのが沈んで行きました。
「ひょっとして」と竿を上げるとアジが2匹付いているではないですか。
その時、泳がせ釣りのウキを探しますがどこにも見当たりません。
「アジが釣れだしたのでエサを優先か、いや今回のアタリを優先するべきか・・・」さんざん悩んだ挙句、後2回仕掛けを落としてイカとやり取りをしようとサビキを落とすと今度は3匹上ってきました。
その次もアジが釣れてます。
さて、アジも釣れたしで余裕で合せを入れると重々しい引きが伝わってきました。
Kさんの差し出すタモに収まったのは650gのアオリイカです。
諦めていただけにこの1杯は嬉しいです。
それ以降、400、300gのイカ30cmのカマス2匹を追加して、午後10時帰路に着きました。
PA221342a.jpg
ポイントのアオリイカダービーにも申込みました。
多分入賞は厳しいですので「飛び賞」でもと思ってます。
miyakonojo20131022174716.jpg
(画像掲載はポイントの承諾済です)

桜島イカ釣り・・・泳がせ編

釣友に「釣れんごとなったからそろそろ帰ろうか」と話し、時計を見ると午前2時でした。

だいたい今日の釣りは、私、釣友も午後からの仕事が早く終わったら行こうと言う、適当な計画でした。
ところが・・・釣友の仕事が早めに終わり家を出たのが午後2時前でした。(私は昼ごはんを食べて無かったので移動中に食事を取りました)
取り敢えずは桜島のアジ釣りポイントに行きアジ釣り開始です。
2投目あたりから釣れ出し、バケツの中には13匹のアジが入っており、更に追加を狙いますがパタッと食いが止まりました。
日も傾いて来たので取り敢えずは13匹のアジでイカを釣ろうと、イカのポイントに車を走らせます。
イカのポイントは北東風からの風が吹いてますが、先程の所よりかはましです。
ヤエン1、泳がせ2本を用意して、先程まで釣っていたサビキで、アメ魚でも釣ろうと仕掛けを落とした2投目、ウキが「ピョコピョコ」動いて海中に入って行きました。
「何?」上げてみるとヤエンサイズのアジが2匹付いてます。
半信半疑で再度落とすと・・・1匹付いてます。
正しく入れ食い状態で日が暮れるまで20匹ゲットしました。
更に釣友がフカセでウキ釣りをすると、飽きない程度にアジが釣れます。
私は新鮮なアジでイカ釣りを始めますが、ヤエンにアタリが集中します。
「ジージー」と何時までも鳴り止まないドラッグ。
正体は「エイ」でした。
それも今日の「エイ」は活性が高く5連ちゃんで釣れ、私の体力も限界に近づいてきました。
そこでヤエンは止めて、泳がせ2本でイカを狙います。
干潮間際、ウキが海面下に漂よっているのでソーッと引いてみると「グッ」とイカの反応が返って来ました。
暫く間をおいて、軽く合すとイカが付いてます。
釣友の差し出すタモに収まったのは300gの小型ですが、何よりも1杯釣れた事が嬉しいですね。
その後も新鮮なアジで釣ってますと時々アタリが有り、数回のバラシを含めて700gを筆頭に4杯ゲットする事が出来ました。

本日の釣果。
チヌはサビキ仕掛けで釣れました。
PA201321a.jpg