FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

初釣りは船間

年始恒例、初釣りに行って来ました。
2日、3日迷いましたが、2日の方が釣人が少ないだろうと思い、SさんT君の3人で船間目指します。
(3日誘ってくれた釣友さん達申し訳ありません)
港には真ぐれ会宮崎のMさんI君も来てます。
皆の話によると、年末は絶不調で殆ど釣れて無いとの事で少々ガックリです。
釣場は下高瀬の上物ポイント(他に底物ポイントもあります)に渡礁し、左側にT君右側の本命ポイントにSさんが入りました。
私は不慣れなジギングを10回程投げましたが不発に終わりクロ釣りのマキエを作ります。
上り潮が流れてますのでT君の方が良さそうですが、釣場が狭いので波が引いた時に右側に移動します。
ところが海面下には張り根が有り、まぐれで掛けても取り込む自身がありません。
そこで更に磯伝いに移動し、張り根が無い所で釣り開始です。
潮は左流れで、竿1本先にマキエを打って仕掛けを入れますがエサが全く盗られません。
そこで竿3本位沖に遠投して流します。
ウキは釣研「全遊動XG2」は沈まない設定になっておりますがゆっくり沈んで行きました。
「オッ!アタリ」と数回合せを入れますが空振り。
良く考えてみると道糸の重さで沈んでいたのですね(汗)
誰も見ていなかったか良かったです・・・恥ずかしい(汗)
正面から太陽が昇り、ウキが見えませんが道糸を少し張り気味にしていると勢い良くスプールから道糸が出て行きます。
慌ててベールを起こし合せを入れると凄いパワーで左側の張り根に突進して行きます。
穂先を海面ギリギリに倒して張り根を交わし、数回の締め込みを交わしてそろそろフィニッシュかなと取り込み場所を確認していると「フッ」と竿から生体反応が消えました。
ハリス切れかと思いきや針ハズレです。
多分50オーバーでした。
その後2回程針ハズレをやらかし、4回目のアタリで何とか1匹釣れました。
型は35cmですが、釣れてない時の釣果ですので非常に嬉しいですね。
午前10過ぎあたりから潮が沖に出出し、沖で右に流れるという状態になりました。
その潮に乗せて釣っていると、「パチパチ」と道糸が出て行きます。
これも良く引きますがゆっくりやり取りをして上がって来たのは本日最大「48cm」のクロでした。
昼前にもう1匹追加して、午後の忘れかけていた頃に1匹追加して今回は終了となりました。
因みに釣れた魚は長男嫁さんの実家「福岡県大牟田市」に行く事になってます。
大牟田のIさん、息子が持って行きますから楽しみにしてて下さいね。

船着け。(左側)
P1020065a.jpg

右側
P1020067a.jpg

下高瀬(上物ポイント)
P1020085a.jpg

渡船「佐恵丸Ⅱ」
船頭から「どうだった?」と聞かれ「4枚釣れた」と話したら「コッパやろ」と言われました。
「48cmあったど」と言うと「普段釣り切らんし、ホラばっかり吹くから嘘かと思った」だって。
狼オヤジ鬼瓦と思われていたみたいです。
P1020082a.jpg

釣れてよかった(48cm)
P1020073a.jpg

今回の釣果
P1020071a.jpg
詳細は釣ファン来月号読んでくださいね。