FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

今回は錦江湾

今回は午前中仕事を終えてからですので、午後5時前からの竿出しです。
釣場は前回の桜島では無く、毎年アジ狙いで竿を出している錦江湾です。
桜島が釣れているから錦江湾も・・・との思いで釣場決定です。
今回もIブラザースが来てます。
日が暮れるまで2時間位あるので取り敢えずは沖の深場を全遊動で狙います。
退屈しない程度にアタリがありますが、釣れるのは小鯛のみです。
早く日が暮れないかなと桜島を眺めていると竿引きのアタリが来ました。
引きからしてチヌ、マダイでは無いようですが・・・。
「正体を暴いてやる」と道糸を全く出さず、耐えに耐えていると魚体が見えてきました。
正体ハトポッポ(イラ)でガックリです。
やがて夜の帳も降りて本格的な夜釣り開幕です。
「入食い」を期待しましたが中々アジが釣れないな中、I兄が時々竿を曲げます。
我々もI兄の仕掛けを真似して釣りますがどうしても釣れません。
一人もくもくと竿を振っていた「あやめ」さんが今度は釣れだしました。
本来、4人竿を出して一番釣れるのは真ん中の2人なのですが釣れないのです。
私は少々諦め気味で竿を竿受けに置いて、Iブラザースと話しをしていると私のウキが何処にも見当たりません。
竿受けから外して合せを入れると、アジの引きとは全く違います。
首を振る反応が愛竿(釣研フロートマスター)から伝わってきますのでチヌに間違いありません。
右に左に暴れるチヌを波の力を利用して上げる事が出来ました。
型は48cmの良型です。
「もう1匹居るはず」と頑張りますがチヌはこの1匹だったみたいで、Iブラザースが帰った直後「あやめさん」がスズキをゲット。それ以降は時々釣れるアジも小さくなり、午前1時半帰路に着きました。

マゼラーを忘れたので角材でマキエを潰しました。
P2220249a.jpg

良型のハトポッポゲット。
疲れました。
P2220251a.jpg

釣果・アジは少なかったです。
P2230254a.jpg

釣春秋14・4月号

佐野園長、徳満さん、上野さん、山村さん登場。
真ぐれ会宮崎新年釣大会記事です。
釣春秋1404

釣春秋からは下記の本も販売中です。
流石に貧果続きの私には声が掛かりません(当然ですが・・・汗)
そうそうたるメンバーの中に国分の酒匂君(チヌ)の名前があります(クロ釣りも名手ですよ)。
betu_new2.jpg

久し振りの運動

今日は久し振りに晴れたのでオヤジと「郡元河川敷」に運動に来ました。
長い事雨が降ったので運動不足です。
オヤジも隆兄からプレゼントされた運動靴でやる気満々です。
オヤジが「恵太、今日は5000歩歩くんだよ。お前は4本だから10000歩ね」。
公園の川に入ったり芝生の上を走ったり、言う事聞かないからくらわされたり(叩かれる)で良く遊びました。
オヤジ、また行こうぜ。
P2200239a.jpg

僕も犬の子、指導(くらわされる)されると大人しくなります。
P2200247a.jpg

釣ファン4月号

Sさんの娘婿「津曲くん」登場です。
釣友「クロさん」が「投稿ひろば」にて奥様の釣技UPで悩んでいる事が書いてあります(汗)
それって奥さんの方が上手って事ですよね。
201404.png

御礼状が届きました

先日、甑島で釣れたクロをお裾分けした御宅から手書きの礼状を頂きました。
達筆な字と墨絵です。
嬉しいですね。
私もハガキを書こうかと思いましたが(汗)今回は電話で済ませました。
P2170794a.jpg

日曜日の午後は・・・昨日からの続きです

自宅に午前4時過ぎに着き、バッカンとクーラーのみ車から降ろして床に就きました(手、顔のみ石鹸で洗いました)
爆睡から覚めたのは午前8半。
愛犬恵太が「腹減ったとうちゃん、ご飯頂戴」とうるさいものですから起きて食事です。
それ以降寝れないものですから洗濯、掃除、釣具の手入れと忙しいです。
クーラーを家に持ち込み、刺身、握り、南蛮、フライ用に分けて、早速刺身用を調理します。
昼になったので一昨日の猪鍋のスープにご飯と卵を溶いて食べ、昼からも調理に励みます。
南蛮用は頭を落として腹腸を出すだけで良いので助かります。
前回フライは三枚に下したのですが、ネットで調べると背開きが良さそうなのでチャレンジします。
アジのお腹の下にある骨を取るのに苦労しましたが、腹骨と一緒に剃り落す事で何とか終了です。
次の握りは三枚に下ろして皮、血合い骨を抜いて(釣友が協力)完成。
時計の針は午後4時ですので握り用のご飯を仕掛けて暫し釣談義。
ご飯が炊けてきたのですし酢を混ぜて、慣れない手つきで適当に握ります(握る前にトイレに行きましたが、石鹸で綺麗に洗いました)。
握りも完成して終わったのが6時でした。
沢山釣れたのも嬉しいですが、後の処理も大変でした。
次回は良く考えて釣らないといけませんね。
因みに南蛮、フライ用は釣友が持って帰り、後日私に届けてくれる予定です。
P2120788a.jpg

続・桜島のアジ

桜島避難港で釣友のIブラザース)が「鬼瓦さん明日仕事なので帰ります」と納竿した時、時計の針見たのは午前0時過ぎでした。
「お疲れ様」と答えたものの、もう一人の釣友は無心に竿を振ってます。
「もう少しやろうか」と話して次時計を見ると・・・午前3時でした。
今日は休みと言っても疲れが残るといけないので終了です。
チヌ交じり68匹(最大27.2cm~18cm)でした。
今シーズンの桜島は熱いですね。
P2160234a.jpg

【フィギュアスケート】羽生結弦のショートプログラム使用曲『パリの散歩道』

最初はサンタナの演奏かと思いました。
ギターの音からしてギブソンの「SG」?違いましたね「レスポールでした」。

ブルーベリー

蕾をつけました。
P2110764a.jpg

僕も楽しみdす。
P2110765a.jpg

早水公園の寒桜

ほぼ満開です。
晴れていればもっと綺麗ですが、写真撮影の腕が悪いので仕方ありませんね。

P2120786a.jpg

P2120781a.jpg

P2120777a.jpg

P2120778a.jpg

先日のアジは・・・

知り合いに差し上げたところ、アジ南蛮とフライに変身しました。
新鮮ですので非常に美味しかったです。
またお願いします。

P2110767a.jpg

茄子はおまけです。
P2110770a.jpg

猪肉

息子の嫁さん実家から好物の猪肉が大量に送ってきました。
冷凍してありますので好きな時に食べれます。
有難う御座いました。
お礼に魚を送りたいのですが、全くあてになりません。
気長くお待ちください。

P2100760a.jpg

そろそろ本番か?桜島のアジ

日曜日の朝、遅い朝食を取りながら新聞を読んでいると釣友からメールが来ました。
「少し遅くなるから」とのメール。
「何だったっけ?」そう言えば今日は釣に行く予定でした。
昨日仕事が遅かったのですっかり忘れてました。
釣友が来て「何を釣る?」と聞くと「外海は時化ているので桜島に行こう」で桜島のクロ→アジ釣りです。
集魚剤はクロ用を使い、オキアミ1角にパン粉1袋を入れて、午後1時から避難港でクロ釣りです。
仕掛けは前回同様釣研「トーナメントゼクト0号」で沈ませ釣りです。
前回はカツオ、サンバソウ(石鯛の幼魚)が釣れたので期待「大」ですが中々アタリが来ません。
視線は道糸に集中してますが1回だけ「ツン」と来ただけで昼釣りは終了となりました。
夕方からのアジ釣りに期待したいのですが、今の時点でアジは未知数。
そこで風の当たらない避難港を探して夜釣り開始です。
マキエを適当に打ち、感度の良いT-ACE2Bのトップをケミホタル使用に変えて釣り開始です。
数投目、私のウキが入りましたが魚は付いてません。
「エサ盗りが出たかな」と合せが決まらず嘆いていると「それってアジかもよ。穂先にアタリが出るまで待ってみれば」と釣友がアドバイスをくれたので、ウキが入っても合せを入れず待っていると「ククッ」と穂先に反応。
合せを入れると魚は左右に暴れます。これは間違いなくアジですね。
堤防に振り上げると良型のアジでした。
釣友にウキ下を教えて、マキエを一点集中して釣ると、アジが良い感じでアタッて来ます。
要領を覚えると勝負も早いのですが、桜島のアジは頭が良いのか(又は私が悪いのか)針掛りしてくれません。
結局、時計の針を見ると午前0時を過ぎてます。
マキエも底を着いたのでこれで納竿としました。
今後は30オーバーも飛び出すので楽しみですね。

本日最大27.5cm
P2100227a.jpg

クーラーが大きいので小さく見えますが、19cm~27.5cmです。
65匹でした。
P2090224a.jpg

上甑「コゴ瀬」

今シーズン、クロが余り釣れなく(釣り切らなく)どこか釣れるところはないかと探してましたところ・・・いました。
先日、甑の双子のカベでクロ20枚叩きだした子竿に甑島に連れて行ってもらいました。
串木野港を午前4時に出港した渡船「蝶栄丸」は殆ど揺れる事無く、約1時間で上甑到着です。
船外に出てみますと既に瀬上がりが始まってますが、どの辺りか全く分かりません。
4番目に我々が呼ばれ、釣具をホースヘッドに置いてポーターの方に「どこですか?」と聞くとコゴ瀬らしいです。
釣具を安全な所に置いて子竿にポイントを聞き夜が明けたら釣り開始です。
船長の指示では「最初船着けで竿を出し、下げに入ったら裏側に移動して下さい。OKですか~」との事でしたので
取り敢えずは船着けで竿を出します。
1投目2投目とエサが盗られる事を子竿に伝えると「それはクロじゃっど。1投目からあたるかもよ」と言って子竿が竿を出すと、何と1投目から竿が曲がりました。
仕掛けを聞くと約1ヒロ半との事です。
私もタナを合わせて打ち返しているとウキが入りました。
良型なのか良く引きます。
手前の張り根に入られない様に必死に耐えているとクロが浮いて来ました。
引きからして大きいかもと思ってましたが、38cmのレギュラーサイズです。
甑の魚は良く引きますね。
上げ潮で12枚釣りましたが、10時過ぎ下げになった途端アタリが途絶えてしまいました。
子竿は「裏側でやる」と移動して行きましたが、西側のポイントはまだ波が被っているので船着けで頑張りますが、1時間で1匹しか釣れなかったので少し波が引いた西側の下げポイントに移動します。
ハナレからの激流が流れてますが、少し潮が緩んでいるところがあるのでそこを集中的に狙いここで13匹ゲットしました。

船着け
P2030214a.jpg

船着けで竿を出す「子竿」
P2030198a.jpg

最初竿を出した釣座(波が被り出し、子竿の横に移動)
P2030196a.jpg

下げに入ってからの釣座(現時点では波が被ってます)
P2030195a.jpg

蝶栄丸
P2030212a.jpg

釣果
35~40cm25枚でした。
P2030208a_20140205173859c33.jpg

オナガはこの潮を流すと良いらしいですが、波が高く釣座に入れませんでした。
次回の楽しみです。
P2030199a.jpg

コゴ瀬(右側は沖の瀬一部)
P2030219a.jpg

詳細は「釣ファン」来月号を読んで下さいね。

綺麗な恵太です

今日天気も良いので、オヤジに首根っこ掴まれて洗濯してもらいました。
サッパリして気持ち良いです。
玄関で干されているところです。
P2020187.jpg

P2020191a.jpg

P2020190a.jpg

桜島避難港

当初は内之浦の地磯を計画してましたが、時化の為断念。
そこで釣友と毎度の避難港に行って来ました。
取り敢えずは桜島を右周りに回り、風、灰の状況を見て回りますが、クロの釣れそうな
東側の避難港に決定。
波止には3名の釣人が竿を出しており、我々は台車に釣具を積んで先端まで移動します。
釣友はカワハギを狙う予定(午前1時まで仕掛けを作っていたそうです)でしたが、波止際が余りにも浅い為にしぶしぶフカセ釣りの仕掛けを用意します。
竿2本先からドン深ですので、エサ盗りの有無を探る為に2人とも全遊動で狙います。
気にしていたエサ盗りは居なく、エサはいつまでも残ってきますが、ぽかぽか陽気ですので特に気にする事無く
竿を振り続けます。
やがて昼になり「ご飯食べよう」と用意していると何かパラパラと振って来ました。
「雨?」いや粒があります。
そうです、粒子の大きい桜島の灰が降って来たのです。
直ぐに弁当を仕舞いましたが、中に少し入ってらしく「ガリガリの食感?」を楽しみながら昼食を終えました。
昼過ぎからは、時々エサは取られるものの、アタリが出ないので釣友はウキを沈ませ始めました。
その数投目、道糸が走り小鯛をゲット。
面白そうなので私も沈ませ釣りに切り替えると、早速アタリが来ました。
たいした抵抗も無く、上がって来たのは同型の小鯛でした。
時々小鯛に遊ばれながら時計の針は午後3時過ぎです。
沖に出ていたプレジャーボートが港に帰港して来るので、釣座を変更しようかとリールに手を置いた瞬間、道糸が走りました。魚は右沖にグイグイ引っ張って行きます。
青物?沖は深いので一旦糸を出し、抵抗する魚をゆっくりと海面下で「キラリ」と光りました。
魚は40cmのカツオです。
回遊魚ですので次も期待したのですが、釣れたのは1匹のみで後が続きません。
今日は夜釣りのアジも狙うので、釣友と何処に移動するか相談していると強力なアタリがきました。
今度は足元に突っ込んで来るのでカツオでは無いみたいです。
糸を出さずにやり取りしていると7本の立て縞の綺麗なサンバソウ(石鯛の幼魚)です。
型は35cmですが最高の気分です。
その後はアタリも遠のいたので場所移動します。
今度は避難港の西側です。
エギンガーが竿を振ってますが、私達は左側に釣座を構えてアジを狙いますが、エサは盗られるものの魚が掛かりません。
夜の帳も降りて釣友が18cmのアジをゲット。
アジが居る事は分かったので私は2ヒロの半遊動で狙うとボツボツアタリがあります。
大型の回遊を期待して竿を出していると、何と雨が降り出しました。
冬の雨は最悪ですよね。
クーラーの中には14匹のアジが入ったので、少し早いですが(汗)午後10半納竿としました。
P2010173a.jpg
P2010178a.jpg