FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

桜島避難港

当初は内之浦の地磯を計画してましたが、時化の為断念。
そこで釣友と毎度の避難港に行って来ました。
取り敢えずは桜島を右周りに回り、風、灰の状況を見て回りますが、クロの釣れそうな
東側の避難港に決定。
波止には3名の釣人が竿を出しており、我々は台車に釣具を積んで先端まで移動します。
釣友はカワハギを狙う予定(午前1時まで仕掛けを作っていたそうです)でしたが、波止際が余りにも浅い為にしぶしぶフカセ釣りの仕掛けを用意します。
竿2本先からドン深ですので、エサ盗りの有無を探る為に2人とも全遊動で狙います。
気にしていたエサ盗りは居なく、エサはいつまでも残ってきますが、ぽかぽか陽気ですので特に気にする事無く
竿を振り続けます。
やがて昼になり「ご飯食べよう」と用意していると何かパラパラと振って来ました。
「雨?」いや粒があります。
そうです、粒子の大きい桜島の灰が降って来たのです。
直ぐに弁当を仕舞いましたが、中に少し入ってらしく「ガリガリの食感?」を楽しみながら昼食を終えました。
昼過ぎからは、時々エサは取られるものの、アタリが出ないので釣友はウキを沈ませ始めました。
その数投目、道糸が走り小鯛をゲット。
面白そうなので私も沈ませ釣りに切り替えると、早速アタリが来ました。
たいした抵抗も無く、上がって来たのは同型の小鯛でした。
時々小鯛に遊ばれながら時計の針は午後3時過ぎです。
沖に出ていたプレジャーボートが港に帰港して来るので、釣座を変更しようかとリールに手を置いた瞬間、道糸が走りました。魚は右沖にグイグイ引っ張って行きます。
青物?沖は深いので一旦糸を出し、抵抗する魚をゆっくりと海面下で「キラリ」と光りました。
魚は40cmのカツオです。
回遊魚ですので次も期待したのですが、釣れたのは1匹のみで後が続きません。
今日は夜釣りのアジも狙うので、釣友と何処に移動するか相談していると強力なアタリがきました。
今度は足元に突っ込んで来るのでカツオでは無いみたいです。
糸を出さずにやり取りしていると7本の立て縞の綺麗なサンバソウ(石鯛の幼魚)です。
型は35cmですが最高の気分です。
その後はアタリも遠のいたので場所移動します。
今度は避難港の西側です。
エギンガーが竿を振ってますが、私達は左側に釣座を構えてアジを狙いますが、エサは盗られるものの魚が掛かりません。
夜の帳も降りて釣友が18cmのアジをゲット。
アジが居る事は分かったので私は2ヒロの半遊動で狙うとボツボツアタリがあります。
大型の回遊を期待して竿を出していると、何と雨が降り出しました。
冬の雨は最悪ですよね。
クーラーの中には14匹のアジが入ったので、少し早いですが(汗)午後10半納竿としました。
P2010173a.jpg
P2010178a.jpg