FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

今回は錦江湾

今回は午前中仕事を終えてからですので、午後5時前からの竿出しです。
釣場は前回の桜島では無く、毎年アジ狙いで竿を出している錦江湾です。
桜島が釣れているから錦江湾も・・・との思いで釣場決定です。
今回もIブラザースが来てます。
日が暮れるまで2時間位あるので取り敢えずは沖の深場を全遊動で狙います。
退屈しない程度にアタリがありますが、釣れるのは小鯛のみです。
早く日が暮れないかなと桜島を眺めていると竿引きのアタリが来ました。
引きからしてチヌ、マダイでは無いようですが・・・。
「正体を暴いてやる」と道糸を全く出さず、耐えに耐えていると魚体が見えてきました。
正体ハトポッポ(イラ)でガックリです。
やがて夜の帳も降りて本格的な夜釣り開幕です。
「入食い」を期待しましたが中々アジが釣れないな中、I兄が時々竿を曲げます。
我々もI兄の仕掛けを真似して釣りますがどうしても釣れません。
一人もくもくと竿を振っていた「あやめ」さんが今度は釣れだしました。
本来、4人竿を出して一番釣れるのは真ん中の2人なのですが釣れないのです。
私は少々諦め気味で竿を竿受けに置いて、Iブラザースと話しをしていると私のウキが何処にも見当たりません。
竿受けから外して合せを入れると、アジの引きとは全く違います。
首を振る反応が愛竿(釣研フロートマスター)から伝わってきますのでチヌに間違いありません。
右に左に暴れるチヌを波の力を利用して上げる事が出来ました。
型は48cmの良型です。
「もう1匹居るはず」と頑張りますがチヌはこの1匹だったみたいで、Iブラザースが帰った直後「あやめさん」がスズキをゲット。それ以降は時々釣れるアジも小さくなり、午前1時半帰路に着きました。

マゼラーを忘れたので角材でマキエを潰しました。
P2220249a.jpg

良型のハトポッポゲット。
疲れました。
P2220251a.jpg

釣果・アジは少なかったです。
P2230254a.jpg

釣春秋14・4月号

佐野園長、徳満さん、上野さん、山村さん登場。
真ぐれ会宮崎新年釣大会記事です。
釣春秋1404

釣春秋からは下記の本も販売中です。
流石に貧果続きの私には声が掛かりません(当然ですが・・・汗)
そうそうたるメンバーの中に国分の酒匂君(チヌ)の名前があります(クロ釣りも名手ですよ)。
betu_new2.jpg