FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

先日・・・

午前中の仕事が早めに終わったので、桜島に行って来ました。
予定としては13時半到着してアジを釣り→15時からチヌ釣り→18時からイカ狙いの半夜釣りです。
取り敢えずはアジのポイントに着くと常連が「10時からサビキでやっているけど何も釣れんど」と話してました。
それではアジは諦めて夕方までチヌ、コロダイを狙おうといつもの避難港に行くと・・・何と養殖筏の補修をやっているではないですか。
ここも諦めて近くの避難港に行くと・・・ポイントとなる角は2人の釣人が既に竿を出してました。
風も強いので他の港は無理かもな~と遅めの食事を取り、このまま帰る事も考えましたが以前サビキでアジを釣った港を思い出し、そこでサビキ釣りをすると小さいながら13匹ゲットする事ができました。
アジをブクブクに入れてイカのポイントに行くと誰も竿を出してませんので、10m間隔で泳がせとヤエンをセットします。
潮は右流れですので、泳がせ釣りは時々竿を上げて投げ直さなければいけませんが、ヤエンの方は余り遠くに投げてませんのでそう気にする事はありません。
日も暮れかかった頃、ヤエンのリールが「ジージー」とドラッグが鳴りました。
「アタリかな?」と近づいて様子をみるとエイの引きみたいな鳴り方です。
昨シーズンン、エイ10枚釣った実績からエイと判断した私は、竿を上げてみる事にしました。
「エイにしては重くないな」と持っていると「フッ」と軽くなり、頭だけ喰われたアジが上がってきました。
「しまった。イカだった」と再度投げ込みますが、アジに未練の無いイカはどこかに行ったみたいです。
「そう言えば今の時期のイカは小さいので良く引いたよな」と思いだし、再度新鮮なアジを振り込みます。
1時間後、又もやアタリです。
今度はゆっくり待って、竿をソーッと上げるとイカの引きが伝わってきました。
少し抵抗するので更に暫く待って「鬼さんヤエン」投入しますと、ゆっくりと海中目掛けて入って行きました。
慎重にリールを巻くと、ヤエンが到達したのか軽い締め込みがきましたが糸を出す事無くリールを巻きます。
やがて黒い物体が足元まで寄って来たので、キャップランプで照らすと300g程度のアオリイカがヤエンに掛かっています。
振り上げ可能サイズですが、最初の1杯なのでギャフを掛けて上げました。
今シーズン初物で嬉しいですが、時合かも知れませんので急いで締めて次を狙います。
その後1回アタリがありましたがバラシ、翌日仕事なので午後21時、桜島を後にしました。

PA101481a.jpg