FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

ビギナー同僚が釣ったので・・・

ビギナー同僚のWクンが45cmのチヌ、他メイタ2枚、イトヒキアジ1匹他針ハズレが数回あったとの情報で、私も行って来ました。
昼前に現地の渚に着くと、風もなく穏やかな海況です。
「これは釣れるよ」と釣友と竿を出しますと、潮はゆっくり右流れで良い感じです。
さっそく釣友にアタリがありますが、小鯛でリリースです。
「もうちょっと太か鯛が釣れるとよかっちゃけどな~」と話していると又もやアタリを捉えました。
今度は期待したのですが「へダイ」です。
何故か釣友にしかアタリが有りませんので仕掛けを聞いていると道糸がグングン引っ張られて行きます(釣友です)。
合せを入れた途端、生体反応が消えました。
残念がる釣友ですが、大物が居る事は分かりましたので私も集中していると道糸が微かに動きました。
合せを入れれますがたいした引きでは無く、小鯛でした。
それでもアタリが有ったので喜んでいると又もや道糸に変化が。
誘いを入れていると非常に軽いです。
「???」仕掛けを回収してみると・・・道糸の途中をフグに噛みきられていました。
ウキをロストしたので渚釣りの部はこれにて終了、次なる釣りに移動します。
今度は海潟漁港にアジ釣りです。
夕闇迫る港に着くと、岸壁の外側はカゴ釣りで賑わっていますので、我々は港の中で竿を出します。
最初はサバの入れ食いでしたが、アジとボツボツ釣れ始め、活かしバケツには10匹程アジが入ったのでイカ釣りの出来る所を探しますが、どこも釣人が一杯。やっと見つけた港の外れでヤエン、泳がせと竿を出します。
最初のアタリはヤエンに来ましたが、獲物がデカ過ぎ(エイかも?)バラシてしまいました。
釣友は先程のアジ釣りで残ったマキエでフカセをやってますが、ハタンポが多いみたいです。
それでも頑張っていると泳がせ釣りエサ用のアジが釣れだしました。
新鮮なエサでイカ釣りをしますが、何故かアジの腸とか胴体の半分を喰い千切っていく正体不明の魚がいます。
そうこうしてるうちにエサのアジも無くなり、納竿としました。
2011.1.30海潟港 005a