FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

はんとけ(転ぶ)ました(涙)

先日の釣大会でロープに引っ掛かってはんとけてしまいました。
低い離れ瀬で渡礁時が満潮でしたので、波に注意して釣友と荷物をロープで結んでました。
だいぶ潮も引いて来たので先端にバッカン、竿を持って移動してたところ足を引っ掛けてしまいました。
バッカンは投げ出されましたが、竿は確り手に持ってました。
「アイタタタ」と言いながら体制を撮り直し、竿を持ったところリールシートの下からポッキリ折れていました。
釣大会で頂いた竿でしたので修理に出そうか考えましたが、自分で修理する事にしました。
2番3番だと魚を掛けた時に力が加わりますが、元竿はそう影響が無いですよね。
修理の方法としては2種類あります。
中にカーボンを通す方法と、外側に覆う方法です(表現が適当で申し訳ないです)
中にカーボンを通すと4番以上が途中までしか入らないので、カーボンで覆う事にしました。
昔破損した竿を取り出し、サイズに合うのを5cm程切ります。
ペーパーで削り、やや窮屈な位まで合わせてエポキシ接着剤を塗布します。
以上で完成ですが、固まるまで時間がかかるんで1日位置いときます。
強度のテストはまだしていませんが、少々不安ですので上から糸を巻いて補強する予定です。
あくまでも適当な修理ですので、強度テストをしないといけません。
「ポキッ」と折れましたら元竿のみ購入となりますね。

折れた竿と補強用に切った竿です。
折れた竿はペーパーで削ってます。
PC081671a.jpg

接着しました。
仕上げは完璧乾燥してからです。
PC081672a.jpg