FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

ようやく晴れましたね!

久し振りの晴れ間です。
この貴重な晴れ間を有意義に・・・そう釣友O氏から船間の誘いを受けましたが生憎仕事で行けません。
それでもこの天気では釣りの誘惑に勝てず、3時過ぎから都井岬の地磯を目指すのであります。
月が出てますのでシブダイ釣りには厳しいかも知れませんが行くだけ行こうと地磯駐車場に着くと手前に2台駐車してます。
「2台なら何とかなるが」とAさんに話し、奥の駐車場に行くと3人組が用意しているではありませんか。
「これでは厳しい」と判断して、内之浦に向かいます。
1時間で到着。
お目当て周辺の磯は殆ど空いていたので、風裏になる南西側の磯に降りて行きます。
磯に着いたのは午後6時半で、釣り始めたのは7時半でした。
棚設定が合っているのかAさんにアタリです。
合わせを入れて寄せにかかりますが、何と手前の張り根に当たりバラシてしまいました。
そして数投目、又もやウキが入り竿が究極の曲がりをしています。
慎重に寄せていると魚は足元に突っ込み、動かなくなりました。
暫く様子を伺いますが、出てきそうにもないので仕掛けを引っ張ると道糸から切れて仕掛け一式ロスト。
魚が居る事は分かったのでウキに集中していると、私のウキがゆっくりと入って行きます。
上がって来た魚はイサキの200gでした。
普段ならリリースサイズですが、地磯からの釣りですので一応スカリに入れます。
そして1時間後、強力なアタリを捉えました。
踏ん張っていても引っ張られるので糸を少し出して耐えに耐えていると、少しずつ手前に寄ってきます。
張り根に触れないように慎重かつ大胆にやり取りして上がって来たのは・・・50オーバーのヒツオ(イスズミ)でした。
暫く休憩しているとAさんが大物を掛けました。
一段下に降り、タモを用意していると・・・デタ~「ヒツオ」です。
体力を使い果たし、暫く休憩して釣りを再開すると潮は右流れに変わっています。
「この潮に期待するしかないだろう」と話しているとAさんのウキが入りました。
「ヒツオ?」と聞くと「いや、何か違うみたい」と言うので暫く様子を見ていると赤い魚が浮いてきました。
マダイです(48cm).
もう1匹居ないものかと周辺を探りますがマダイは1匹だけだったみたいでエサも取られなくなりました。
「そろそろ帰ろうかね」と最後の1投をすると私に30cmのアジが釣れました。
「もう少しやろうか」と話が纏まり、更に頑張りますがアジは1匹だけだったみたいです。
「もうだめやね」とAさんの仕掛けトラブルを解いていると「ウキが無い」とAさんが叫びました。
慌てて振り向くと何処にもありません。
竿に飛びつき合わせを入れるとイサキの引きが伝わってきます。
型は600gでしょうか、非常に嬉しいですね。
「今から時合?」と更に延長していると又もや強力なアタリに襲われました。
「首を振る。またヒツオかな?」と言いながら内心「マダイ」かも、と締め込みに耐えているとシルバーの魚体「ヘダイ」が姿を表わしました。
ガックリですが「漬けにしよう」という事で話がまとまり、お持ち帰りです。
結局、ヘダイを最後に潮の流れが変わり、エサも盗られなくなったので納竿。
少し軽くなった荷物を背負子に背負い、山道を上がる我々でした。

005a_20150629121820e89.jpg