FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

判断を間違ったか・・・内之浦地磯

3月にクロ釣り行った際に、余りの足場の良さに「ここは夜釣りが良いかも知れん。夏場来よう」と思っていましたが、台風などの影響で来られず、今回やっと実現となりました。
当日はいとこからも夜釣りの誘いを受けてました。
いとこ・・・渡船で行く。朝まで帰れない。釣れる保証はない。
地磯・・・使うのは体力だけ。夜中に帰えれる。釣れないかも知れないがその時は早めに帰れる。
と言う判断で地磯に決めました。
内之浦到着は午後3時半。
一組のおんじょんぼ(夫婦)釣師と入れ替えで釣場確保です。
先客に状況を聞くとサバが釣れるとの事でした。
日が暮れるまで時間があるので途中で採取してきたウニ(シラガ)で石鯛釣りです。
エサは取られるもののアタリは有りません。
そろそろ夜釣りを始めたいのですが、隣の釣場ではサバが釣れてますので入れ食いが収まるまで我慢です。
午後6時、サバの回遊も収まったみたいですので期待の1投目。
ウキが立ちません?棚が深かったかな?と回収すると30cmのサバが付いてました。
完璧に日が暮れるとサバは釣れなくなりましたが本命も釣れません。
周りにいた釣人も釣れないのか帰って行きました。
そこで他の場所に行っているいとこに電話してみると「シブダイが3匹。2回切られたので今仕掛けを作っているところだよ。同行の園長(保育園園長)は2kgクラスのクロを釣ったよ」だって。
「良かね~」と話していると釣友が30cmクラスのイサキを釣り上げました。
急いで私も棚を合わせて狙っていると35cmのイサキをゲット。
「今からやね」と期待しますがそれ以降さっぱりです。
午後10時過ぎ、仕掛けがトラブったので作り直していると釣友の竿が大きく曲がりました。
グングン絞め込みますが何とか持ち応えて足元まで寄せ、振り上げます。
近寄って魚を確認するとシブダイです。
型は40弱ですが、この状況で釣れたのですから流石ですね。
納竿予定の午前0時を過ぎ、「そろそろ帰ろうか」と話していると釣友が大きく曲がりましたが根に入ったみたいでビクともしません。
暫く様子を見ましたが、出て来る気配がないので無念の切断。
これで納竿としました。


石鯛用ウニ
PA030012a.jpg

10数年振りの石鯛釣り
PA030003ab.jpg

釣果
PA040026a.jpg

いとこと園長の釣果です。シブダイは16匹で、クロは2キロオーバーです。
マグレにしては凄いですね。
一緒に行けばよかったです(大汗)。
DCIM0133a_20151005131529d28.jpg