FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

ありがとう・・・コロちゃん

10月10日(土曜日)
今回も錦江湾を予定していましたが、同じクラブに所属する今クンが「鬼瓦さん、クロ釣りの練習に行った堤防で2回やられました。大物が居ますよ」との事でしたので急遽錦江湾は止めて今クンが教えてくれた堤防に行ってみました。
ただし当日は沖が時化ていたらしいです。
いつものように仕事をしてからですので到着は午前11時過ぎです(汗)。
目指す釣場には5名位竿を出していましたので手前で出そうかと釣友と話していると、引き上げる準備をしています。
急いで我々も準備して、先客が陣取っていた釣座に急ぎます。
足元にマキエを入れると無数のキンギョ(ネンブツダイ)が寄って来ますが、先に竿を出している釣友の付けエサは残ってきます。
1時間位して右に流れていた釣友のウキが、私の目の前で入りました。
たいした抵抗も無く上がって来たのは・・・キスです。それもデカイ(29.5cm)。
俄然やる気をだした私ですが、次に釣れたのも釣友でした。(エバの30cm)
私の仕掛けは、仕掛け全体を沈めてますので中々アタリが取れません。
夕方になり、今日は釣友デーかな?なんて思っていると道糸がゆっくり動き出しました。
釣友に「潮が動いてる?」と聞くと「うんにや、余り動いて無いよ」との事。
道糸を少し張気味にしてみると「パチン」と指が弾かれ勢い良く道糸が放出されます。
ストップを掛けて思い切り後方に竿を倒しますが魚のパワーが半端ではなく、道糸を出すしかありません。
再度竿を後方まで竿を倒しますがどうしても止める事が出来なく、数回伸され掛けたところで何とか魚の勢いが弱くなりました。
その頃から少しずつリールが巻けるようになり、後方に下がりながらリールを巻き魚との距離を詰めていきます。
ウキが見え、下に魚の姿がハッキリ確認出来ました。
「コロダイ」です。
釣友がタモを構えてくれますが中々空気を吸わす事が出来ず、やっとの事でタモ入れ成功です。
「2匹目が居るので頑張って」と釣友に声を掛け、私は魚の処理をしますが周りが闇に包まれるまでにアタリは無く、納竿としました。

釣友自己新
PA100008a.jpg

コロダイ70cm 3.8kg
PA100010a.jpg

詳細は釣ファン来月号を読んでね

タックル
竿0.8号
道糸 フロストンフロート1.7号
ハリス ジョイナーV2-1.7号
ハリ 勝負チヌ渚4号
ウキ 釣研大征黒沈め