鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

孫との釣り

帰省中の孫達の要望で釣りに行ってきました。
西風が吹いているので釣場は東向きの岸壁です(福島港)。
マキエを混ぜて竿2本先にポイントを作ります。
「さ~釣りましょう」と仕掛けを準備してますと「じいちゃんお腹空いたラーメン作って」と孫達。
仕掛けを放り込んでお湯を沸かします。
お湯を沸かしながら釣りをしますが、エサが直ぐに無くなります。
半遊動のウキ釣りですが、ウキには全く反応が出ず、エサだけ盗られます。
何とか魚の引きを味わせてやりたいのですが何も釣れません。
いや1回だけカタクチイワシがハリに掛かっていました。
午後4時過ぎ、雨が降り出したので納竿としました。

暇なので猫と遊んでいます。
001a_20160331215457d7d.jpg

012a_20160331215458626.jpg

049a.jpg

054a.jpg
スポンサーサイト
  1. 2016/03/31(木) 21:57:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

牡蠣

娘が帰省中、広島の牡蠣をみんなで食べようとお取り寄せしてくれました。

005a_20160330083053962.jpg

取り敢えずは酒蒸し
007a_201603300830540d0.jpg

庭で焼きます。(肉も少し)
011a_20160330083056bd8.jpg

018a_2016033008305764f.jpg

プリプリで美味しいです。
012a_20160330083059d7f.jpg

僕も少しもらいました。
019a_20160330083445c7f.jpg
  1. 2016/03/30(水) 08:41:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

釣ファン06.5月号

1966年3月に創刊された月刊釣ファンは、2016年5月号で創刊50周年、そして通巻600号となりました。これまでささえてくださった皆様に心よりお礼申し上げます・・・釣ファンより

201605_hyo1_1600-326x400.jpg
  1. 2016/03/29(火) 09:31:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

やつら上陸

ついにやってきました。
1週間滞在するみたいです。
釣りにも行きたいそうですが・・・行ってみるかな。

IMG_20160326_152105aaa.jpg

速攻でテレビ独占です。
ホークスの試合が放映されてないから良いですけどね。
003a_2016032708500256a.jpg
  1. 2016/03/27(日) 08:54:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

パパちゃんが・・・・

管理人恵太です。
パパが忙しそうに働いています。
布団干したり見える所だけぞうきん掛けしたり?
そういえば昨年のブログを読んでもこんなパターンな記事がありましたよね。
話しを聞くと「春休みで孫たちが遊びに来るんだよ。綺麗好きなパパだから気にはならないけどね」なんて言ってます。
暫くは釣りはお休みとの事でした。
005a_20160325080729430.jpg
  1. 2016/03/25(金) 08:07:49|
  2. 恵太
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

錦江湾渚釣り

「翌日は仕事なので夜釣りまでは出来んよ」と釣友との約束で錦江湾に行ってきました。
狙いはチヌ、真鯛。
先日、同僚が3回アタリがあり、2回はハリ外れで悔しい思いをした釣場です(釣れた魚は40オーバーの真鯛)。
現場に着くと無風ベタ凪で、条件は最高の状態です。
釣友が「真鯛がくるからハリスは2.5号にしようかな?」と迷っていますが、私は1.7号から開始です。
潮はゆっくり流れており、エサも時々残っています。
こんな時は要注意です。
ウキに集中する事・・・・・・7時間、釣れたのはボラのみです(涙)
このままでは帰れないので、ウキのトップにケミホタルをセットしてアジを狙いますがこれまたアタリがありません。
更に沖から波が立ち始め、道糸が海底の石に取られるので午後7時半、ギブアップ。
軽いクーラーを担いで渚を後にしました。

春を思わせるような陽気です。
海水も綺麗ですね。
007a_20160323180656cb2.jpg

「キタ~ボラが」
首を振るのでチヌだと思いましたが・・・残念!
011a_20160323180657e29.jpg
  1. 2016/03/23(水) 18:09:26|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美味しかった~。

先日の釣大会(3月12日)で、私の貧釣を気の毒に思ったのか国分のSクンからアカジョウをいただきました。
鍋、刺身で食べましたが大変美味しかったです。
Sクンまたお願いしますね!
P3140053a.jpg
  1. 2016/03/18(金) 20:04:38|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お昼前に・・・

今日の仕事は都城市高城方面です。
朝9時から1件目は予定してましたが、お子様がインフルエンザの疑いがあるかもとの事で翌週に変更。
急遽11時予定のお客様宅に早めに伺いました。
「せっかく高城に行くのだからモクレンでも見に行こうかな」と考えていると、近くに観音桜のさと温泉がある事を思い出し、温泉の準備もしました。
仕事を終えて道路沿いのモクレンを覗くとこんな感じです。
P3170007a.jpg

一部花が茶色になってましたのでそろそろ終わりでしょうか、もう少し早く来れば良かったですね。
次は温泉です。
P3170012a.jpg

温泉に入って露天風呂から外を見ると公園の方にあるモクレンは満開です。
P3170019a.jpg

P3170020a.jpg

P3180400a_20160317175626ade.jpg

桜も咲いています(道路沿いの桜はまだです)。
P3170022a.jpg
  1. 2016/03/17(木) 17:59:55|
  2. 園芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

完成です

何とか完成しました。

014aaa.jpg

甑島でテストしましたがよく飛びます。(釣れるかどうかは分りませんが・・・)
反省点としては黒い塗料が垂れています。(厚く塗りすぎました)
黄色の蛍光塗料が余り綺麗ではありません(夜使う分にはいいですね)。
次回は下地を確り塗り、慎重に仕上げたいと思います。
両サイドのウキは塗料が余ったので補修しました。
ヘッドが綺麗になりました。
  1. 2016/03/16(水) 17:16:29|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

その後のウキ作り

蛍光色を塗ったところで中断してましたね。

クロのラッカーを塗ります。
P3090003a.jpg

乾燥中です。
この作業を3回ほど繰り返します。
P3100009a.jpg

表面を保護するウレタンクリアーを塗ります。
P3140047a.jpg

ペーパーを掛けて再度ウレタンクリアーを塗ります。
P3140051a.jpg

ウキの命!浮力を調整する為の錘を埋め込みます。
Mサイズですので3号+1.5号にしました。
P3130042aa.jpg

3号オモリともなると径が大きいので同サイズのドリルで慎重に穴空けです。
P3130044a.jpg

浮力調整です。
P3130046a.jpg

  1. 2016/03/15(火) 16:36:04|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

代打出場

真ぐれ会全九州懇親釣大会(3月12日、甑島)に参加予定でしたクラブ員が体調不良で参加できなくなりました。
私は翌日(日曜日)が仕事でしたので不参加としてましたが、急遽代わりに参加する事になりました。
ほとんどのメンバーが宿泊されますが、私は日帰りです。
開会式で柴原会長、小川副会長挨拶の後、鹿児島の柿添さんが「急激な温度変化並びに産卵期を迎え非常に厳しい状況にあるみたいです。昨日はボーズが沢山いましたが、釣れたところでは20匹みたいです」と挨拶。
今回は厳しいかもですね。
午前6時、蝶栄丸の20番を引いた私は、島磯会の益田クンと近島の大穴に渡礁しました。
石原船頭の指示で「船着けか左の高台がポイント。OKですか~?」と指示が飛びます。
私は益田クンに「オイは孫が4人いるジイさんなので荷物を移動するのがマジ大変なのよね。益田クン君が左の方に行ってくれんね」と話すと「良いですよ」と快諾してくれました。
取り敢えずは足場の良いところを確保できたので釣開始です。
マキエを入れて潮の流れを見るとなんと足元に突っ込んでくるではないですか・・・。
結論から言うと納竿まで同じ潮でした。
クーラーに腰掛け、足元、瀬際中心に流しているとウキが一気に視界から消えていきました。
合わせを入れ、一切糸を出さずに耐えていると良型のクロが見えてきます。
「ばれるなよ」と慎重に寄せ、タモ入れ成功。
中々の型です。
「何だいるがね」と次を狙っているとまたもやアタリです。
今度のは鋭い引きを見せますが、強引な竿捌きの私の敵ではありません。
上がって来たのはキブダイです。
更にもう一度アタリです。
今度のは引きも半端ではなくグイグイ絞めこんできます。
竿の角度が耐え切れなくなったので已む無く糸を出し、再度やり取り開始です。
そんな事を数回繰り返し、やっと浮かしたのはコロダイでした。
それ以降ヘダイを追加したのみで納竿の時間となりました。(いやもう1匹追加です。港で国分のSクンから高級魚のアカジョウを貰いました。私が欲しそうにしてたからでしょうね)
結果?全体的に厳しかったですね。
表彰式は宴会場であるので私はここで皆さんに挨拶して帰路につきました。

益田クン良型ゲット。
これ以降も数回掛けたのですが目の前の沈み瀬に切られました。
P3120011a.jpg

オイ。
P3120024a.jpg

近島 大穴
足場は良いのですが足元に広がる沈み瀬が難です。
P3120027a.jpg
  1. 2016/03/14(月) 09:32:38|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暇を見つけてはウキ作りに励んでます。
今回はサーフェーサーのペーパー掛けからです。
800番で表面を整えます
P3070039a.jpg

先端には蛍光を塗りますので、より際立たせる為に白のサーフェーサーを塗ります。
P3080042a.jpg

800番のペーパーを掛けてから黄色の蛍光塗料を塗ります。
P3080045a.jpg
  1. 2016/03/11(金) 14:10:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

途中経過

フィッシング都城でパルサ材を購入して見本のウキ(釣研T-ace-Mサイズ)に合わせて切断します。
直径は同じです。
P3070030a.jpg

カッターナイフで大凡の形にします。
木材が柔らかいので作業がやり易いですね。
P3070032a.jpg

本体下にドリルで穴を空け、同じ大きさの棒を差し込んでドリルに固定します。
穴は最後に錘を入れます。(浮力調整する)
ぐるぐる回しながら形を整えます。
紙ヤスリは100番→300番→600番の順です。
これでツルツルになりました。
P3070034a.jpg

こんまま色を塗ると木材本体に染み込んでしまいますので、表面にサーフェーサー(目止め)を塗布します。
P3070036a.jpg

乾燥中です。
この作業を3回繰り返しました。
P3070037a.jpg

  1. 2016/03/10(木) 08:48:05|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自作小型棒ウキ

仕事が少し暇になったので、自作棒ウキを製作しております。
ネットで「自作ウキ」で検索すると「円錐タイプまたはロングタイプの棒ウキ」が多くヒットしますが、私が製作してますのは自立タイプで短い棒ウキです。
使用目的は渚での全遊動釣りと、夜釣りで狙うアジ用です。
渚釣りではフグが非常に多く、時々道糸を噛み切ってウキをロストしてしまいますので経済的にも心理的にも自作で作った方が安上がりだからです。
当然、市販品には負けますがそれに近い物を作りたいと思います。

P3070028a.jpg
  1. 2016/03/09(水) 15:24:49|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

真ぐれ会宮崎爆風爆波男決定戦

本日が決定戦の日です。
F支部長他役員の話によりますと「忘年釣り大会」「新年釣り大会」「おにがわらCUPⅠ」「おにがわらCUPⅡ」いずれも参加希望した会員から選出されるらしいです。
とにかく4大会全て荒天による中止。
ただ真ぐれ会鹿児島支部合同大会は開催できましたので、この大会に参加した会員は違いますよね。
そうなると少しずつは絞られてきますが、早い話開催日を決定した会員、そう支部長と私です。
F支部長は仕事の為「おにがわらCUPⅡ」は不参加でしたので、自ずと察しはつきますよね。
なんと真ぐれ会宮崎爆風爆波男チャンピオンは・・・「私」に決定しました。
商品は「大会日決定権はリンゴ?いやなし」だそうです。

P2030001a.jpg
  1. 2016/03/06(日) 09:07:24|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今シーズン3匹目

やりました!
内之浦地磯での釣果です。(3月3日)
休日でベタ凪・・・行くしかないでしょうと行ってきました。
前々回5回ほどぶち切られたリベンジです。
朝9時からの竿出しで、午後3時にゲットしました。
エサ取りが半端じゃなく、苦戦しましたが釣れて良かったです。
夕方まで粘ればまだ釣れたかも知れませんが「今日は50オーバーが釣れたら帰る」と決めていたので3時半納竿です。

51.5cmです。(他40cmと36cmが釣れました)
P3030021a.jpg

  1. 2016/03/03(木) 20:40:34|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

プロフィール

鬼瓦松元

Author:鬼瓦松元
南九州を中心に縦横無尽に釣りを楽しんでます。
メインは磯釣りですがサーフ、ショアジギング、渚、堤防,イカ、ウナギ等旬の魚を追っかけてます。
年間釣行回数60回

当ブログは、独断と偏見で適当にUPしております。
誤字、濁点の間違い、文章の幼稚さ等プロのブロガーではありませんのでご了承下さい。
またトーナメントでの釣り等そのような内容を期待している方は申し訳ありません。
旬の魚を釣って食す・・・これが基本テーマとなっております。


都城シブ研
都城サーフ
九州真ぐれ会宮崎
宮崎飛翔会
都城メイタ会
都城ヤエン会
都城背負子アングラーズ
都城オイカワの会

最新記事

カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ご訪問有難う御座います

7.8オンライン

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
937位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
124位
アクセスランキングを見る>>

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア