FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

タモの柄修理

活躍の場が少ない私のタモですが、タモ網をセットすると、ネジがゆるゆる状態で抜けてしまうようになりました。
古いタモの柄(がま磯タモの柄R530)ですので致し方無いかも知れませんが・・・。
タモの柄、タモ網のネジのどちらが擦れたのか定かではありませんが、普段使わない60cmのタモ網だと良い具合にセットできます。
タモ網のネジ穴が擦れたのだと思いネットで調べてみますが、網の方のネジは固定されており修理できません。
柄の方の修理はと言いますと中にネジが埋め込まれている為、外す事ができませんでした。
メーカーに出すと1番を交換しないといけないらしいです。
そこでP釣具店に行くとはめ込みタイプの部品が置いてありました。
後日サイズを測り、1番のみ持って釣具店に行くと若い店員さんが「先端のネジですか?店には置いてませんね~」との事。
「被せるタイプだよ」と言っても「イヤ無いです」。
「ちょっと来て」と店員をタモの置いてある売り場まで連れて行き「これだよ」と言うと「・・・・・・」。
「もう少し勉強してね」と話し、レジに向かいました。
難しい事を言ってる訳ではありませんが、せめて店に置いてある商品は把握して貰いたいですね。

003a_201605251417537fc.jpg

004a_201605251417540e1.jpg

100均のエポキシ接着剤です。
乾燥が早いので助かります。
008a_20160525141756c00.jpg

完成です。
これで魚をバンバン掬わないといけませんね。
010a_20160525141757479.jpg