FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

続・竿修理・・・尻栓編

釣研社の磯竿尻栓がいつのまにか外れて無くなっていたので、釣具店に行ったついでに注文をお願いしました。
フィッシング都城でも良かったのですが、P釣具店の方が釣研の親会社なので簡単にできるからとの思いからです。
お店に入り、レジに行くと・・・何と前回対応(タモ)してくれたお兄さんではありませんか(汗)。
「別な人に・・・」と言いたかったのですがしょうがないので
「尻栓を注文できますか?」と尋ねると
「合わせが必要かもしれません」と言い出した。
「釣研からは3種類の磯竿(フロートマスターZ.F.H)が販売されており、私はFとHを持っています。どっちの尻栓も互換性があるからから大丈夫と思うよ。商品名を書いて注文できないの?」と言うと
「竿を送って合わせた方が無難です」と言います。
「竿を送る?そんな事したら送料が掛かるんでは?」と聞くと
「いや掛かりません。経費と商品代だけです」。(その経費って送料だと思いますけど・・・。)
「尻栓てそんなにシビアに作ってないと思うけどね。じゃ~規格を調べてまた来るよ」とお店を後にしました。(ひよっとしてお兄さん尻栓て知らなかったのかも知れませんね)
その足でフィッシング都城に行き「釣研竿の尻栓注文できますか?」と聞くと
さんが「ちょっと聞いてみます」と言って電話をした。
「大丈夫です。在庫あるみたいです。」。
「本社に電話したの?」。
「いや、釣研です。数日後には入りますのでお電話差し上げますね」
ものの1分で解決です。
最初からフィッシング都城に行けば良かったですね。

抜けた尻栓
003a_20160601090924469.jpg

互換性があります。
005a_201606010909252d1.jpg