FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

2日目・・・渚釣り

朝食を済ませて準備をしていると、今回同行してくれる同僚がやってきました。
「1台の車で行こう」と誘うものの、鹿児島の友達と食事会をするとの事で今回は2台に分かれての出発です。
約1時間掛けて釣場に到着。
海上はベタ凪状態で条件は良いのですが・・・暑いですね。
マキエを作り、仕掛け(沈ませ釣り)を遠投してYクンの釣りを見ていると遠方をウキが流れています。
「あれ~、オイのウキは沈んどらんど!」とリールを巻くと異常に軽いのです。
何と1投目からフグにやられました。(ウキの回収を試みましたが遥か彼方へ流れて行きました)
再度仕掛けを作り、今度は道糸を張らずに流しますが、エサがあっという間に取られます。
昼ご飯を食べてビーチパラソルに入っていると猛烈な睡魔に襲われ暫くダウン状態です。
満潮も重なって魚の活性は低く、午後4時位の下げ潮から竿を振り始めますと同僚がやってくれました。
サイズは30cmクラスですがこの状況でのチヌは貴重な1匹です。
俄然やる気を出した私ですが、次に竿が曲がったのはYクンでした。
浅瀬を右に左にとよく引く魚は40オーバーのチヌです。
その後Yクンはメイタを追加して予定に無かった夜釣りに突入です。
私はウキが無かったので同僚から借りますが、ほかの2人はウキは有るもののキャップランプがありません。
「たぶん何も釣れないから早めに帰ろうか」と話しているとYクンが「アジが釣れました」とぶら下げてきました。
「アジが釣れるんだね」と我々も集中しているとウキが「スッ」と入りました。
心地よいアジの引きを堪能して足元まで寄せると20cmサイズです。
15匹位釣れたところでアタリが無くなり、時計の針を見ると20時30分。
「明日仕事が入っているのそろそろで帰ろう」とまだ釣りたそうなYクンを説得して納竿となりました。

マキエの遠投も上手になりました。
030a_2016061718151060a.jpg

同僚がやってくれました。
033a_2016061718151151b.jpg

Yクン大物ゲット
連れてきた甲斐がありました。
038a_20160617181513dbd.jpg